納豆の作りかた。関節痛との関係

公開日: : 整形外科

関節痛にいい食材が納豆な理由

関節の老化はコンドロイチンが不足。
ネバネバヌルヌルした食材に多く含まれている。
コンドロイチンは軟骨の主成分のひとつ。
関節を円滑に動かす。関節痛が軽減される。

コンドロイチンは成長期は体内で大量に作られるが、二十歳をすぎると減少し、50歳を超えると20分の1しか作られない。
体の中で作る量が減ってくるので、体外から追加する必要がある。

茨城県水戸市は納豆生産量日本一。
全国の3分の1生産、一世帯当たり納豆購入額日本一。

納豆を定期的に食べている人は関節痛がない

おすすめ料理、そぼろ納豆は納豆に塩漬けした切干大根。

納豆の作りかた

  • 水につけた大豆を蒸し上げる。
  • 納豆菌を吹き付ける。
  • 包むのは藁。
  • 藁に包むことで納豆菌の繁殖を助ける働きがあるといわれている。
  • 1日300本~500本手作業で包む。
  • 約40度の醗酵室で20日間
  • 冷蔵室で数日間熟成させる。

納豆職人が教える美味しい食べ方

かき混ぜた後にタレ薬味

ふわふわ感がでる。

賞味期間ぎりぎりの方が美味しく食べれる

発酵が進み、旨み成分がでる。

白い泡が全体にいきわたる程度

30~40回ぐらいかき混ぜると美味しい。

納豆カレー、納豆に滑らかさとコク
納豆カレー、納豆に滑らかさとコク。
納豆巾着、油揚げの中に納豆を入れて焼き上げる。
納豆は骨を丈夫にするビタミンKが骨のたんぱく質を活性化し形成を促す。

関連記事

no image
急性期一般入院料234567での在宅復帰率

急性期入院料1のみが施設基準で8割を満たすとある。 それ以外は提出義

熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相
熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相

仕事で忙しいから、一番高熱のピークで病院行かず、 風邪ひいた後の

no image
受付時間からピポットテーブルと統合機能で各日付の医師別患者数を出す

エクセルが手入力の早さに負けた日・・・ 病院の患者数。 過去3

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

尿が赤い、泡、10回、寝ている時に4~5回で腎不全の可能性
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

→もっと見る

PAGE TOP ↑