捻挫の治療法。重症は靭帯断裂

公開日: : 整形外科

爆発しそうな危険な足首を見分ける方法は靴の右と左の減り方の違い。
軟骨が磨り減ってしまう危険が高い。
左足の靴が減っているほうの脚が捻挫することがよくある。

危険な足首になっている人は捻挫する人と同じ足跡の動物。
猿回しの猿。二足歩行をするときの猿の足跡。
足首が危険な足と二足歩行する猿の足、どちらも欠けていること。

前脛腓靭帯

捻挫の治療法。重症は靭帯断裂
木登りをする猿は関節が緩やかに出来ている。
平面を歩く人間は進化の過程で生まれたのが前脛腓靭帯。

捻挫をするというのは、前脛腓靭帯を切ってしまうこと。
傷ついてしまう、断裂すると超音波エコーでわかる。

加齢で筋肉量が減ってしまって支えれなくなりグラグラが始まる。
変わらずに歩く。
すると、軟骨が減りやすい。
手術をしないと歩けるようになりませんよという事態になる。

こういう危険な足になる前にも膝や股関節、腰に負担がかかっている。
左右片べりしたような靴を履いていると、捻挫することが多くなる。
捻挫とは前脛腓靭帯が切れている状態のこと。

捻挫の治療法

  • 捻挫は2~3日安静にする。
  • 捻挫2週間はなるべく動かさない。
    コラーゲンが増える。
  • 4週間トレーニングで靭帯再生。
    これが靭帯再生の鍵。
    これが本当に正しい捻挫対策。

腓骨筋群を鍛える

親指トレーニング、かかと上げで鍛える。

50円玉の大きさの厚紙に肩幅ぐらいに地面において、親指の付け根を置いて爪先立ち。
小指側に重心が向かないように注意する。
20回を1セット。

鍛えると、前脛腓靭帯にも力が加わる。
そうすると靭帯の中にはコラーゲンがある。
炎症を収縮させる働き。
コラーゲンの質がかわり、再生を促進する。
足首が安定し、軟骨の減りが減る。

重症の捻挫は靭帯断裂。
靭帯を修復するコラーゲンが増えるまでしばらく動かさない。
靴の減り方が片べりの人はトレーニングすれば直る。

関連記事

no image

肩こり睡眠不足、深い筋肉を超短波治療でほぐす

睡眠時間が肩こりに関係します 睡眠

記事を読む

no image

腰痛の原因を知る方法、整形外科と内科、どっち?

寒い時期に増える腰痛は患者数2800万人

記事を読む

no image

肩こり扉タイプ肩甲骨が外側に開く

肩こりチェック1 両手と両肘を合わせて

記事を読む

no image

腰痛で腹部大動脈瘤、高血圧、無呼吸症候群

腰痛で意外な大病になった65歳男性は慢性

記事を読む

no image

痛みの違い、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症

腰痛の症状チェック 腰や脚に麻痺が

記事を読む

no image

膝痛の手術の種類と内容、人工膝手術の入院期間

女性に多い変形性膝関節症は、加齢や肥満な

記事を読む

no image

頚椎椎間板ヘルニアの1週間入院の手術 内視鏡

59歳男性は2年前もともと抱えていた頚椎

記事を読む

no image

小指 薬指しびれ頚椎症 手首 肘が原因

手に出る大病のサインで病気がわかる。

記事を読む

脊柱側わん症の発症年齢は9歳?

脊柱側わん症の発症年齢は9歳?手術の時間は?

本来真っ直ぐな背骨が曲がる病気。 思春

記事を読む

膝痛はO脚が原因。椅子でまっすぐ綺麗な脚に

膝痛はO脚が原因。椅子でまっすぐ綺麗な脚に

季節の変わり目、関節の痛みが発生する。

記事を読む

no image
急性期一般入院料234567での在宅復帰率

急性期入院料1のみが施設基準で8割を満たすとある。 それ以外は提出義

熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相
熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相

仕事で忙しいから、一番高熱のピークで病院行かず、 風邪ひいた後の

no image
受付時間からピポットテーブルと統合機能で各日付の医師別患者数を出す

エクセルが手入力の早さに負けた日・・・ 病院の患者数。 過去3

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

尿が赤い、泡、10回、寝ている時に4~5回で腎不全の可能性
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

→もっと見る

PAGE TOP ↑