大人の初期の偏平足。NHK今日の健康

気になる足の痛み偏平足は、椅子の背もたれに手をあてて、右足上げて左足のかかとを上げて片足で爪先立ちをすることで調べることが出来ます。
意外と知らない大人の偏平足について。
慶應義塾大学 講師 須田康文 整形外科

私の母も偏平足なのか、足痛に悩んでいます。
幼児期には土踏まずがないが、段々出来てくる。
大人になると年をとると段々土踏まずがなくなってくる
初期は自分が偏平足かどうかわからない。
痛みでわかってくる。
痛み非常に歩きづらい。 続きを読む

首の骨のズレと椎間板と脊髄の圧迫を姿勢がよくなる枕で予防

東北中央病院 病院長 田中靖久 先生
つまずきの病院は首に隠されていた
つまずきやすいひとは筋肉の衰えがなくても頚椎の骨がバランスが悪くズレている。
頚部脊柱管狭窄症という病気の事だと思います。(病院でプロレナールが処方される)

日本の大人の44%が首の骨がずれている。
しらずしらずにしている猫背で首を上げる姿勢が首のズレに関わる
首は骨と椎間板が交互になっていて脊柱管と呼ばれるパイプが通っていて、脊髄が入っている。 続きを読む

外反母趾の角度はどれぐらいから?

気になる足の痛み、親指に異変!?
外反母趾は進行する病気です。
慶応義塾大学 整形外科 講師 須田康文

外反母趾は日々の進行予防が大切です。
女性に圧倒的に多いですが、1割男性も患者はいます。
変形を矯正するには最終的には手術しかありません。

中足骨と上の基節骨がまっすぐであれば、正常ですが、外反母趾は「くの字」になっているのが特徴です。
骨の出っ張りの正体は、中足骨の頭の部分です。 続きを読む

隠れ偏平足・後脛骨筋の筋力を筋トレで止めれるのか?

後脛骨筋の筋力が低下しはじめると、靴の紐をゆるくしたり、サンダルを履くと、より偏平足になっていく。
変形性膝関節症は、悪くなってからだと直せない
最終的には人工膝関節の置き換えと言う大手術をするしかなくなります。
悪くなる前に偏平足を見つけることが大事です。 続きを読む

隠れ偏平足が足裏痛の原因!たけしの家庭の医学

今ある症状が急増しています。
それは足の裏がずきずき傷む、足の裏に肩こりのような痛み。
足の裏の痛みです。
病院でもわからない2人に1人が悩む原因不明の足裏痛を解明します。

指の付け根が痛む、かかとの痛み、土踏まずの痛み

どうして足の裏が傷むかわからないですと、多くの人が病院に言っても原因不明。
それが隠れ偏平足なのです。 続きを読む

痛みの違い、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症

腰痛の症状チェック

  • 腰や脚に麻痺がある
  • 歩くと足に痛み、しびれ、脱力感
  • 爪先立ち、かかと立ちができない
  • 尿がでにくく残尿感、尿失禁がある

ひとつ当てはまる腰椎椎間板ヘルニアの疑いです。
もうひとつある病気が腰部脊柱管狭窄症です。
福島県立医科大学教授 紺野 愼一 整形外科 腰痛治療が専門 続きを読む

間違った靴の履き方で変形性膝関節症になる

足の筋力低下に繋がる原因は、それは間違った靴の履き方です。
間違った靴の履き方をすると一千万人も患者がいる重大な病気になる。

間違った対策で足の痛みトラブル例

ある40台の営業セールスレディー。
20年以上ハイヒールを履き続ける。
隠れ偏平足になっていたのです外反母趾。 続きを読む

かかとの足底痛、足底腱膜炎、原因、ストレッチ方法について

気になる足の痛み、足底腱膜炎の説明です。
歩いた時、一番負担の掛かるところは「かかと」です。
一番先に地面に付く体重のかかるところです。
この「かかとが痛い」とき、足底腱膜炎という病気があります。
慶應義塾大学 講師 須田康文 整形外科医 続きを読む

DLPFCのストレスや恐怖体験が腰痛を慢性化させる原因だった

慢性腰痛が2週間で改善の可能性がある。
強い痛みの原因はDLPFC。
健康の人より体積が減り、活動が衰えている。
痛みが強くて長引いている人はDLPFCの衰えが腰痛の原因になっている。

骨や筋肉の情報、電気信号が脳に伝えられる。
脳では神経細胞が興奮し痛みの回路が起きる。
これで腰が痛いと感じる。
大元になる腰の炎症が治まっても大本の脳の回路がおさまっていないと収まらない。 続きを読む

名医 椎間板ヘルニアの手術、1時間の1泊2日 整形外科 出沢先生

腰痛治療の名医 患者300人待ち椎間板 帝京大学医学部附属病院 整形外科 出沢明先生
ヘルニアの手術をして4日目で痛みがない。 
出沢先生 苦しむ腰痛患者を救い続けてきた腰痛治療の第一人者。
読売ジャイアンツの高橋由伸選手 翌年開幕直後 ホームラン 復活アーチ

1時間のヘルニアの手術法とは?

PED 経皮的内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術
背骨と背骨の間 クッションの役目 椎間板が 外に飛び出す 神経を圧迫
PEDと従来の手術法との違い 続きを読む

肩甲骨が悪いと関係がある頭痛、耳鳴り、目の疲れ

肩甲骨が動くようになる体操をしましょう!
肩甲骨が悪いと関係があるものは、頭痛、耳鳴り、目の疲れ、腕のしびれ、体のたるみ

肩甲骨に繋がっている筋肉は30以上
肩甲骨に繋がっている筋肉は30以上。
関節ではなく筋肉で支えられているので動きやすい。

前屈みになることが多い生活

前のめりになると肩甲骨は前に引っ張られてゆがみ、そのまま固まってしまう。
血行不良になり痛み、五十肩の原因になる。

肩甲骨ほぐす体操

ペットボトルを脇の下に挟む。
まずは前からはさんだほうの腕を引っ張る(10秒~30秒)
次に後ろに手を回して引っ張る(10秒~30秒)
胸を張って背筋を伸ばして行う。

肩関節がペットボトルを軸に引っ張られる。
1回3セット程を毎日継続することが大切です。

手が背中でつなげない場合

手が背中でつなげない場合
手が届かない方は、ハンカチやタオルでつかんで軽く引っ張る。
3秒ほどで軽く引っ張る。
肩甲骨が動くようになれば、肩甲骨が原因の
頭痛、耳鳴り、目の疲れ、腕のしびれ、体のたるみも楽になるかもしれませんね。

捻挫の治療法。重症は靭帯断裂

爆発しそうな危険な足首を見分ける方法は靴の右と左の減り方の違い。
軟骨が磨り減ってしまう危険が高い。
左足の靴が減っているほうの脚が捻挫することがよくある。

危険な足首になっている人は捻挫する人と同じ足跡の動物。
猿回しの猿。二足歩行をするときの猿の足跡。
足首が危険な足と二足歩行する猿の足、どちらも欠けていること。 続きを読む

股関節が硬いと骨盤を曲げるので腰痛になる

腰痛2800万人、腰痛の原因は8割が原因不明。

硬い股関節と腰痛

腰椎椎間板ヘルニアは背骨を構成する椎骨の間にある繊維の軟骨のこと。
骨同士がこすれないようにクッションの役割。
赤ちゃんの椎間板は水分が豊富で弾力性が高いので体が柔らかい。
加齢で硬くなる。 続きを読む