足裏アーチの乱れが引き起こす病気

足裏アーチの乱れが引き起こす病気
けつまづくことが多くなったのはなぜ?
中高年で両先で爪先立ちぐらぐら。
足指力、固有筋の筋肉が凝り固まって機能が落ちてしまう。
(足首からつまさきにかけてある筋肉)
足を動かさないと固まってくる。
これを鍛えると良い姿勢をたもちやすくなったりする。 続きを読む

手の荒れと腰痛で寝たきりの病気はSAPHO症候群

日本人4人に1人が腰痛で、8割以上の腰痛は原因不明。
腰痛は必ずしも腰の骨に問題があるとは限らない。
重大な病気が隠れている場合がある。

名医東京都新宿区慶応義塾大学病院、整形外科、松本守雄先生。
独特の診察方法がある。
痛いのは腰のはずなのに診察するのは足の指。首や肩を押す。
腰痛に隠された原因を探すために全身を診察する。 続きを読む

膝痛の手術の種類と内容、人工膝手術の入院期間

女性に多い変形性膝関節症は、加齢や肥満などが原因で起こる病気だ。
膝にかかる衝撃を吸収する軟骨が長期間使われることで磨り減り、骨が変形をきたす。
O脚や怪我などが原因で起こることもある。
患者は約1000万人で潜在的な患者は約3000万人と推定されている。
男女比は1対4で女性に多く見られるのが特徴だ。 続きを読む

人工関節の手術と糖尿病の関係と3大合併症

人工関節の重要な合併症と糖尿病の関係

どんな手術でも合併症の危険はあるが、人工関節手術でも細心が必要。
特に重要な3大合併症は、以下の三つ。

  1. 脚の静脈にできた血栓(血の塊)が移動して肺動脈を詰まらせる肺塞栓
  2. 感染症
  3. 脱臼

合併症は予防が重要だが、一定の確率で起こるのも事実。 続きを読む

関節リウマチと変形性関節症の違いと見分け方

関節リウマチの8割が女性。
関節リウマチは免疫の異常によって関節内にある滑膜(関節を包む膜)に炎症が起こり、腫れや痛み、こわばりなどの症状が出る。
原因はわかってないが、遺伝や環境など様々な要因が考えられる。
遺伝も関わるとされているが、家族がリウマチだからと言って必ず発症するわけではない。 続きを読む

手根幹症候群は腱膜が腫れる→正中神経を圧迫でしびれ痛み

手と指の痛みとしびれは手根幹症候群。
ある女性は5年前から右手の人差し指、中指がしびれる。
痛みとしびれで夜中目が覚める。手を振るとましになる。
編み物で親指が動かなくなって病院。
気づかないうちに親指がやせ細っていた。 続きを読む

関節リウマチの治療、手術の説明

関節リウマチは、外敵から体を守る免疫の仕組みに起きる異常により、関節に炎症が起きる病気。関節の腫れや激しい痛みなどの症状がでる。
病気が進むと関節が傷んで変形し、歩くのが困難になるケースも有る。
30~50歳代の女性がなりやすく、患者数は全国に70万人以上いるとされている。 続きを読む

強直性脊椎炎-ASの特徴。誤診、病名間違いは9割

ASは脊椎や骨盤にある仙腸関節など骨と靭帯の接合部で炎症が起こるリウマチ性疾患。原因は不明で何らかの細菌感染が引き金となって免疫系に異常が起こると考えられている。
患者は男性が女性の3~5倍を占め、30歳前の若年期に発症。
患者の白血球型(HLA)はHLA-B27の陽性の人が9割に達する。 続きを読む