スベニールのジェネリックはアダントディスポ。関節腔内注射。人工関節

人工関節は加齢や病気で痛んだ関節の代わりになる金属やポリエチレンなどでできた人工物。

人工膝関節手術

人工膝関節手術が必要になる主な病気は、変形性膝関節症。
加齢とともに膝関節の軟骨が磨り減り、変形することで関節に痛みが生じる。
まず運動や減量、膝へのヒアルロン酸注入などを行う。

変形性関節症に関節腔内注射

膝の下の脂肪で関節液が溜まる理由になる
膝へのヒアルロン酸注入とは、関節腔内注射でスベニールディスポやジェネリックのアダントディスポなどを行う。
高分子ヒアルロン酸は、関節の痛みを抑える、炎症を抑える、関節の動きをよくする、軟骨の磨耗を抑える効果がある。 続きを読む

人工股関節手術後の脱臼が大幅に減少した病院

股関節や膝の関節の痛みは加齢などが原因で、関節を構成する脚の骨と受け皿の骨との間を埋める軟骨が減るなどして直接にこすれる形になって生じる。
ひどい痛みや歩行障害がある重症の場合、外科手術で特殊な合金やセラミックスでできた人工関節に置き換える。
しかし挿入の角度が数度、位置が数ミリずれるだけで装着している間に脱臼したり、不具合が生じて再手術したりすることがある。 続きを読む

スポーツで半月版、内側側副靭帯、前十時靭帯の損傷と治療期間

帝京大学整形外科教授中川先生の膝のスポーツ外傷について。
ジャンプ、着地、急な方向転換、体の接触(タックル、ブロック)など。
半月板損傷、靭帯損傷。
サッカー、バレーボール、ラグビー、バスケットボール、スキー、野球、
ママさんバレー、社会人のサッカーなど。 続きを読む

AKA博田法が受けられる病院リスト

平成26年4月12日現在の、日本AKA医学会認定指導医専門医のいる病院、医院のリストです。私の父も昔から腰痛で動けないぐらいです。
仙腸関節の可動を試してみて、腰痛が軽減するか試してみたいものです。
ちなみに、専門医より指導医の方が経験豊富です。 続きを読む

腰痛が治るAKA博田法、東京都豊島区の望クリニック

万年腰痛の父にも勧めたい腰痛がよくなるクリニックのご紹介。
腰痛治療、東京都豊島区の望クリニックが行うAKA博田法というもの。
ここだけじゃなく日本中に20人ぐらいできる医師がいるそうです。
イメージでは、整体なので整体師にできそうな印象もありますが… 続きを読む

肩こり睡眠不足、深い筋肉を超短波治療でほぐす

睡眠時間が肩こりに関係します

睡眠不足も肩こりに関係し、僧帽筋は酸素が沢山必要。
睡眠時間が少ないと僧帽筋が酸素不足になり肩こりが酷くなる。
そのほかにも眼精疲労、視力低下で前傾姿勢になりやすい。
高血圧や内臓疾患も血行不良を起こして肩こりの原因に。
糖尿病内臓疾患の人は五十肩になりやすい。
肩が痛い人の3割は糖尿病があることがわかっている。 続きを読む

肩こりハの字タイプ肩甲骨の下の部分が開く

五十肩、四十肩などの病気が原因。
五十肩とは、肩関節に炎症が起きて痛みを伴い、動きが悪くなる病気。
肩関節が痛いから肩甲骨が動こうとする。それで開いてしまう。
五十肩をただの肩こりだと勘違いする人もいるから注意。

肩こりチェック2

小さく前へならえをして腕を外側に開く。
腕が45度以上開くかどうかでわかる。
腕を上げる時、肩関節ではなく、肩甲骨がカバーしていたから。

肩甲骨の下の部分が開くハの字タイプ改善法

掌を上にして大きく円を描くようにゆっくり腕を広げる。
肩甲骨から肩こりを根本的に治しましょう。
東京女子医科大学 東医療センター 整形外科 神戸先生

肩こりおじぎタイプ肩甲骨が前に傾く

肩ではなく、腰の部分の影響が多い。
一番上にある重い頭を骨盤からの背骨で支えている。
腰がしっかりしていると頭は支えれるが、腰が不安定だと頭を支えられない。
その分肩甲骨が傾いてしまう。
重心の悪い人に多いため、

肩こりチェック3

十秒間片足立ち でふらつかずに立っていられるかでわかる。
背骨が曲がっていたので肩甲骨が左右非対称じゃない。
腰が原因である場合、首にも影響。
テニスボールでストレートネックを改善
おじぎタイプはストレートネックになっている。
緩やかに湾曲しているはずが真っ直ぐに。
ストレートネックは首のクッションがなくなるため、さらに肩に負担がかかる。

肩甲骨が前に傾くおじぎタイプ改善法

腹筋を鍛えるのが重要
仰向けになって膝を曲げ、へそを覗き込む姿勢で10秒間キープする。
1日3回行うことで腹筋が鍛えられ腰が安定する。

肩こり扉タイプ肩甲骨が外側に開く

肩こりチェック1

両手と両肘を合わせて真っ直ぐ上げると顎の位置まで上がるか?
ひじが顎まで上がらない人は肩甲骨が傾いているため可動域が狭い。
最も多いのが扉タイプ。
腕が前になるような頭を下げている体勢が原因で生活習慣が原因。 
前かがみの姿勢を長時間することが原因。 続きを読む