「 整形外科 」 一覧

膝痛・腰痛・肩痛・背中痛などの、骨、筋肉、筋、関節の症状について記載します。

骨粗しょう症と腰の骨折で背が縮む姿勢も曲がる

2014/05/29 | 整形外科

腰痛の原因の分布。 椎間板ヘルニア、20代から減少。 脊柱管狭窄狭窄症、50代から増加。 圧迫骨折、70代から増加。 骨粗しょう症が原因の腰痛について 加齢とともにミネラルが減少で骨

続きを見る

人工股関節手術後の脱臼が大幅に減少した病院

2014/05/25 | 整形外科

股関節や膝の関節の痛みは加齢などが原因で、関節を構成する脚の骨と受け皿の骨との間を埋める軟骨が減るなどして直接にこすれる形になって生じる。 ひどい痛みや歩行障害がある重症の場合、外科手術で特殊な合金

続きを見る

ステロイド1日2.5㎎以上で骨折の確率が1.7倍以上になる

2014/05/19 | 整形外科

加齢や閉経などにより骨がもろくなる骨粗鬆症はリウマチなどの治療でステロイド(副腎皮質ホルモン)内服薬を長期間使うことでも起こる。 関連学会は病気の進行や悪化を抑えるための診療指針を10年ぶりに改定し

続きを見る

スポーツで半月版、内側側副靭帯、前十時靭帯の損傷と治療期間

2014/05/18 | 整形外科

帝京大学整形外科教授中川先生の膝のスポーツ外傷について。 ジャンプ、着地、急な方向転換、体の接触(タックル、ブロック)など。 半月板損傷、靭帯損傷。 サッカー、バレーボール、ラグビー、バスケット

続きを見る

AKA博田法が受けられる病院リスト

2014/04/12 | 整形外科

平成26年4月12日現在の、日本AKA医学会認定指導医専門医のいる病院、医院のリストです。私の父も昔から腰痛で動けないぐらいです。 仙腸関節の可動を試してみて、腰痛が軽減するか試してみたいものです。

続きを見る

腰痛の原因を知る方法、整形外科と内科、どっち?

2014/04/08 | 整形外科

寒い時期に増える腰痛は患者数2800万人。日本人の4人に1人。 諦めがちですが、意外な病気のサインがあります。 自覚症状がある体調不良で一位が腰痛。 腰痛の原因を知る方法 東京都渋谷区

続きを見る

腰痛が治るAKA博田法、東京都豊島区の望クリニック

2014/04/03 | 整形外科

万年腰痛の父にも勧めたい腰痛がよくなるクリニックのご紹介。 腰痛治療、東京都豊島区の望クリニックが行うAKA博田法というもの。 ここだけじゃなく日本中に20人ぐらいできる医師がいるそうです。 イ

続きを見る

肩こり睡眠不足、深い筋肉を超短波治療でほぐす

睡眠時間が肩こりに関係します 睡眠不足も肩こりに関係し、僧帽筋は酸素が沢山必要。 睡眠時間が少ないと僧帽筋が酸素不足になり肩こりが酷くなる。 そのほかにも眼精疲労、視力低下で前傾姿勢になりや

続きを見る

肩こりハの字タイプ肩甲骨の下の部分が開く

五十肩、四十肩などの病気が原因。 五十肩とは、肩関節に炎症が起きて痛みを伴い、動きが悪くなる病気。 肩関節が痛いから肩甲骨が動こうとする。それで開いてしまう。 五十肩をただの肩こりだと勘違いする

続きを見る

肩こりおじぎタイプ肩甲骨が前に傾く

肩ではなく、腰の部分の影響が多い。 一番上にある重い頭を骨盤からの背骨で支えている。 腰がしっかりしていると頭は支えれるが、腰が不安定だと頭を支えられない。 その分肩甲骨が傾いてしまう。 重心

続きを見る

椎間板ヘルニア セカンドオピニオン 神経障害性疼痛の疑い

2014/03/12 | 整形外科

長引く謎の手や足のしびれ。 44歳女性は5年近く足に謎のしびれ。 5年前、腰から左足付け根に激痛。 ファーストオピニオン 腰の椎間板ヘルニア 整形外科で腰椎椎間板ヘルニアを診断された。

続きを見る

肩こり扉タイプ肩甲骨が外側に開く

肩こりチェック1 両手と両肘を合わせて真っ直ぐ上げると顎の位置まで上がるか? ひじが顎まで上がらない人は肩甲骨が傾いているため可動域が狭い。 最も多いのが扉タイプ。 腕が前になるような頭を下げ

続きを見る

腰痛と尿路結石の違い

2014/02/07 | 整形外科

腰から右・左脇腹にかけて絞られるような痛みに顔面蒼白、嘔吐、冷や汗を伴う。 (腎臓、尿管は左右にあるためです、結石は膀胱、尿道にも詰まることがある) 尿路結石だと石がレントゲンで写るので判明す

続きを見る

腰痛で腹部大動脈瘤、高血圧、無呼吸症候群

2014/02/06 | 整形外科

腰痛で意外な大病になった65歳男性は慢性の腰痛持ち。 夜中に背中から腰にかけて激痛で目が覚めた。  今まで経験したことのない痛み。痛みは30分で治まり就寝。 翌朝に念のため病院へ。 病名は

続きを見る

こつそそうしょうの病気が進行すると歩けなくなる

2014/01/28 | 整形外科

進行する歩けなくなる病気は骨粗鬆症。 推定患者1300万人の身近で危険な病気です。 気づかずに進行する歩けなくなる病気です。 50代女性の経験談。 転倒したら寝たきりと言われショック。

続きを見る

頚椎椎間板ヘルニアの1週間入院の手術 内視鏡

2013/12/07 | 整形外科

59歳男性は2年前もともと抱えていた頚椎ヘルニアの悪化に悩まされていた。 首が痛くて寝返りができずよく眠れない。 パソコン入力が辛くて仕事が遅くなってしまう。 手の痺れもあり、お札の数も数えられ

続きを見る

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑