「 整形外科 」 一覧

膝痛・腰痛・肩痛・背中痛などの、骨、筋肉、筋、関節の症状について記載します。

五十肩の病名と注意、安静と固定とは違う

2014/06/27 | 整形外科

五十肩は中高年に多い。 特徴は突然痛む、肩が動かしにくくなる。 もし五十肩になったらの対処方法をNHKの今日の健康。 五十肩とは? 肩関節の病気で、痛みと動きの制限を生み出してる病気の

続きを見る

スベニールのジェネリックはアダントディスポ。関節腔内注射。人工関節

2014/06/10 | 整形外科

人工関節は加齢や病気で痛んだ関節の代わりになる金属やポリエチレンなどでできた人工物。 人工膝関節手術 人工膝関節手術が必要になる主な病気は、変形性膝関節症。 加齢とともに膝関節の軟骨が磨

続きを見る

骨粗しょう症と腰の骨折で背が縮む姿勢も曲がる

2014/05/29 | 整形外科

腰痛の原因の分布。 椎間板ヘルニア、20代から減少。 脊柱管狭窄狭窄症、50代から増加。 圧迫骨折、70代から増加。 骨粗しょう症が原因の腰痛について 加齢とともにミネラルが減少で骨

続きを見る

人工股関節手術後の脱臼が大幅に減少した病院

2014/05/25 | 整形外科

股関節や膝の関節の痛みは加齢などが原因で、関節を構成する脚の骨と受け皿の骨との間を埋める軟骨が減るなどして直接にこすれる形になって生じる。 ひどい痛みや歩行障害がある重症の場合、外科手術で特殊な合金

続きを見る

ステロイド1日2.5㎎以上で骨折の確率が1.7倍以上になる

2014/05/19 | 整形外科

加齢や閉経などにより骨がもろくなる骨粗鬆症はリウマチなどの治療でステロイド(副腎皮質ホルモン)内服薬を長期間使うことでも起こる。 関連学会は病気の進行や悪化を抑えるための診療指針を10年ぶりに改定し

続きを見る

スポーツで半月版、内側側副靭帯、前十時靭帯の損傷と治療期間

2014/05/18 | 整形外科

帝京大学整形外科教授中川先生の膝のスポーツ外傷について。 ジャンプ、着地、急な方向転換、体の接触(タックル、ブロック)など。 半月板損傷、靭帯損傷。 サッカー、バレーボール、ラグビー、バスケット

続きを見る

AKA博田法が受けられる病院リスト

2014/04/12 | 整形外科

平成26年4月12日現在の、日本AKA医学会認定指導医専門医のいる病院、医院のリストです。私の父も昔から腰痛で動けないぐらいです。 仙腸関節の可動を試してみて、腰痛が軽減するか試してみたいものです。

続きを見る

腰痛の原因を知る方法、整形外科と内科、どっち?

2014/04/08 | 整形外科

寒い時期に増える腰痛は患者数2800万人。日本人の4人に1人。 諦めがちですが、意外な病気のサインがあります。 自覚症状がある体調不良で一位が腰痛。 腰痛の原因を知る方法 東京都渋谷区

続きを見る

腰痛が治るAKA博田法、東京都豊島区の望クリニック

2014/04/03 | 整形外科

万年腰痛の父にも勧めたい腰痛がよくなるクリニックのご紹介。 腰痛治療、東京都豊島区の望クリニックが行うAKA博田法というもの。 ここだけじゃなく日本中に20人ぐらいできる医師がいるそうです。 イ

続きを見る

肩こり睡眠不足、深い筋肉を超短波治療でほぐす

睡眠時間が肩こりに関係します 睡眠不足も肩こりに関係し、僧帽筋は酸素が沢山必要。 睡眠時間が少ないと僧帽筋が酸素不足になり肩こりが酷くなる。 そのほかにも眼精疲労、視力低下で前傾姿勢になりや

続きを見る

肩こりハの字タイプ肩甲骨の下の部分が開く

五十肩、四十肩などの病気が原因。 五十肩とは、肩関節に炎症が起きて痛みを伴い、動きが悪くなる病気。 肩関節が痛いから肩甲骨が動こうとする。それで開いてしまう。 五十肩をただの肩こりだと勘違いする

続きを見る

1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?
1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?

膵臓癌の5年生存率を上げる尾道プロジェクトがNHKで紹介されていました

no image
食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 かぶれは触った皮膚にだけ反応が出

no image
肺に食べ物が入ると消化されるの?

消化できないバリウムを間違って誤嚥した人の肺を見ると一生残ることがわか

no image
保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっくり見たい。 保育園によって

一般的な血圧は一日で変動し睡眠は低いが活動中は上がる
早朝高血圧予防は寝坊!朝三時に目が覚めたりしてごそごそしだす

高血圧には自覚症状がない。 そのままにしておくと血管や心臓への影

→もっと見る

PAGE TOP ↑