ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300

公開日: : 整形外科

ビートたけしの家庭の医学、冬に増える不調解消スペシャルよりです。

冬は余計に膝が痛くなる理由

膝が痛むのは、膝関節の軟骨が削れ炎症物質が発生して起こる。
冬の寒さが加わると膝周りの血管が縮み血行不良になり炎症物質が停滞。
これが冬に余計に膝が痛む理由です。

予防効果が期待できるスーパー食材とはアボガド。

ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300
ポーランドの研究86%の痛みが改善された。
ヨーロッパでは変形性膝関節症の薬としてその食材を使っている。
ピアスクレディン300という薬。
日本円で2600円。日本では認可されていません。
成分はアボガド。

アボガドは森のバターと言われる。
最も栄養価の高い果実としてギネスに掲載されている。
アボガドに含まれる成分が膝の痛みに効果がある。

千葉大学整形外科中嶋先生。アボガドの効果

20%脂質
アボガドの油が変形性膝関節症を改善する。
膝なん骨を保存 軟骨を壊す物質を作らせない効果
はっきりとどれぐらい食べればという研究結果はない。

アボガドは99%海外産、生産量世界一メキシコ。                                                          
アボガドの不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを下げる。

関連記事

no image

名医 椎間板ヘルニアの手術、1時間の1泊2日 整形外科 出沢先生

腰痛治療の名医 患者300人待ち椎間板 

記事を読む

no image

関節リウマチの飲み薬、結核、がん、副作用

関節リウマチは炎症を起こすサイトカインと

記事を読む

no image

肩こり睡眠不足、深い筋肉を超短波治療でほぐす

睡眠時間が肩こりに関係します 睡眠

記事を読む

捻挫の治療法。重症は靭帯断裂

捻挫の治療法。重症は靭帯断裂

爆発しそうな危険な足首を見分ける方法は靴

記事を読む

dlpfc状態そらしで恐怖を取る

DLPFCのストレスや恐怖体験が腰痛を慢性化させる原因だった

慢性腰痛が2週間で改善の可能性がある。

記事を読む

no image

人工関節の手術と糖尿病の関係と3大合併症

人工関節の重要な合併症と糖尿病の関係

記事を読む

足指でタオルをひきよせる足指芋虫体操

足裏アーチの乱れが引き起こす病気

けつまづくことが多くなったのはなぜ?

記事を読む

no image

痛みの違い、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症

腰痛の症状チェック 腰や脚に麻痺が

記事を読む

細胞シートで軟骨を再生する手術もある

細胞シートで軟骨を再生する手術もある

変形性膝関節症には未来に再生医療がある。

記事を読む

no image

骨粗しょう症と腰の骨折で背が縮む姿勢も曲がる

腰痛の原因の分布。 椎間板ヘルニア、2

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑