肩こり扉タイプ肩甲骨が外側に開く

肩こりチェック1

両手と両肘を合わせて真っ直ぐ上げると顎の位置まで上がるか?
ひじが顎まで上がらない人は肩甲骨が傾いているため可動域が狭い。
最も多いのが扉タイプ。
腕が前になるような頭を下げている体勢が原因で生活習慣が原因。 
前かがみの姿勢を長時間することが原因。

肩甲骨が外側に開く扉タイプの改善法

腕を後ろ側に伸ばし、肩甲骨を寄せるように動かす。
この動作を10回、1日5セット。