肩こり扉タイプ肩甲骨が外側に開く

公開日: : 最終更新日:2014/03/11 整形外科

肩こりチェック1

両手と両肘を合わせて真っ直ぐ上げると顎の位置まで上がるか?
ひじが顎まで上がらない人は肩甲骨が傾いているため可動域が狭い。
最も多いのが扉タイプ。
腕が前になるような頭を下げている体勢が原因で生活習慣が原因。 
前かがみの姿勢を長時間することが原因。

肩甲骨が外側に開く扉タイプの改善法

腕を後ろ側に伸ばし、肩甲骨を寄せるように動かす。
この動作を10回、1日5セット。

関連記事

no image

肩こり睡眠不足、深い筋肉を超短波治療でほぐす

睡眠時間が肩こりに関係します 睡眠

記事を読む

肩甲骨に繋がっている筋肉は30以上

肩甲骨が悪いと関係がある頭痛、耳鳴り、目の疲れ

肩甲骨が動くようになる体操をしましょう!

記事を読む

no image

腰痛は体操とストレッチで治る深い筋肉早稲田大学

早めに腰痛チェックで運動療法の最新情報。

記事を読む

no image

頚椎椎間板ヘルニアの1週間入院の手術 内視鏡

59歳男性は2年前もともと抱えていた頚椎

記事を読む

no image

人工関節の手術と糖尿病の関係と3大合併症

人工関節の重要な合併症と糖尿病の関係

記事を読む

細胞シートで軟骨を再生する手術もある

細胞シートで軟骨を再生する手術もある

変形性膝関節症には未来に再生医療がある。

記事を読む

人工股関節手術後の脱臼が大幅に減少した病院

人工股関節手術後の脱臼が大幅に減少した病院

股関節や膝の関節の痛みは加齢などが原因で

記事を読む

dlpfc状態そらしで恐怖を取る

DLPFCのストレスや恐怖体験が腰痛を慢性化させる原因だった

慢性腰痛が2週間で改善の可能性がある。

記事を読む

急増する尿路結石

腰痛と尿路結石の違い

腰から右・左脇腹にかけて絞られるような痛

記事を読む

no image

隠れ偏平足・後脛骨筋の筋力を筋トレで止めれるのか?

後脛骨筋の筋力が低下しはじめると、靴の紐

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑