肩こりおじぎタイプ肩甲骨が前に傾く

公開日: : 最終更新日:2014/03/12 整形外科

肩ではなく、腰の部分の影響が多い。
一番上にある重い頭を骨盤からの背骨で支えている。
腰がしっかりしていると頭は支えれるが、腰が不安定だと頭を支えられない。
その分肩甲骨が傾いてしまう。
重心の悪い人に多いため、

肩こりチェック3

十秒間片足立ち でふらつかずに立っていられるかでわかる。
背骨が曲がっていたので肩甲骨が左右非対称じゃない。
腰が原因である場合、首にも影響。
テニスボールでストレートネックを改善
おじぎタイプはストレートネックになっている。
緩やかに湾曲しているはずが真っ直ぐに。
ストレートネックは首のクッションがなくなるため、さらに肩に負担がかかる。

肩甲骨が前に傾くおじぎタイプ改善法

腹筋を鍛えるのが重要
仰向けになって膝を曲げ、へそを覗き込む姿勢で10秒間キープする。
1日3回行うことで腹筋が鍛えられ腰が安定する。

関連記事

no image

隠れ偏平足・後脛骨筋の筋力を筋トレで止めれるのか?

後脛骨筋の筋力が低下しはじめると、靴の紐

記事を読む

no image

AKA博田法が受けられる病院リスト

平成26年4月12日現在の、日本AKA医

記事を読む

手の荒れと腰痛で寝たきりの病気はSAPHO症候群

手の荒れと腰痛で寝たきりの病気はSAPHO症候群

日本人4人に1人が腰痛で、8割以上の腰痛

記事を読む

no image

関節リウマチの飲み薬、結核、がん、副作用

関節リウマチは炎症を起こすサイトカインと

記事を読む

バレー部の巻き爪は第一関節のIP外反母趾

バレー部の巻き爪は第一関節のIP外反母趾

大島麻衣は巻き爪。 バレー部のころ

記事を読む

no image

肩こり扉タイプ肩甲骨が外側に開く

肩こりチェック1 両手と両肘を合わせて

記事を読む

no image

五十肩の病名と注意、安静と固定とは違う

五十肩は中高年に多い。 特徴は突然痛む

記事を読む

肩甲骨に繋がっている筋肉は30以上

肩甲骨が悪いと関係がある頭痛、耳鳴り、目の疲れ

肩甲骨が動くようになる体操をしましょう!

記事を読む

no image

肩こりは揉む、叩くは間違い?マッサージ方法

なで肩といかり肩で対処方法が違う! 冬

記事を読む

no image

手根幹症候群は腱膜が腫れる→正中神経を圧迫でしびれ痛み

手と指の痛みとしびれは手根幹症候群。

記事を読む

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる
棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる

林先生の番組でやってました。 頬骨をマッサージすると周辺の筋力が

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

→もっと見る

PAGE TOP ↑