肩こりおじぎタイプ肩甲骨が前に傾く

公開日: : 最終更新日:2014/03/12 整形外科

肩ではなく、腰の部分の影響が多い。
一番上にある重い頭を骨盤からの背骨で支えている。
腰がしっかりしていると頭は支えれるが、腰が不安定だと頭を支えられない。
その分肩甲骨が傾いてしまう。
重心の悪い人に多いため、

肩こりチェック3

十秒間片足立ち でふらつかずに立っていられるかでわかる。
背骨が曲がっていたので肩甲骨が左右非対称じゃない。
腰が原因である場合、首にも影響。
テニスボールでストレートネックを改善
おじぎタイプはストレートネックになっている。
緩やかに湾曲しているはずが真っ直ぐに。
ストレートネックは首のクッションがなくなるため、さらに肩に負担がかかる。

肩甲骨が前に傾くおじぎタイプ改善法

腹筋を鍛えるのが重要
仰向けになって膝を曲げ、へそを覗き込む姿勢で10秒間キープする。
1日3回行うことで腹筋が鍛えられ腰が安定する。

関連記事

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑