肩こり睡眠不足、深い筋肉を超短波治療でほぐす

公開日: : 最終更新日:2014/03/22 整形外科

睡眠時間が肩こりに関係します

睡眠不足も肩こりに関係し、僧帽筋は酸素が沢山必要。
睡眠時間が少ないと僧帽筋が酸素不足になり肩こりが酷くなる。
そのほかにも眼精疲労、視力低下で前傾姿勢になりやすい。
高血圧や内臓疾患も血行不良を起こして肩こりの原因に。
糖尿病内臓疾患の人は五十肩になりやすい。
肩が痛い人の3割は糖尿病があることがわかっている。

身体を前に倒し、肩の力を抜いて5分ほど腕を前後左右にゆする。
手の力は抜いて、チンパンジーがバナナ拾うみたいにする。

超短波治療で深い筋肉までほぐす

肩こりの最新治療法とは東京池袋、ライズシティクリニック 福島先生。
肩周りの筋肉が硬くなり、首の可動域にまで影響がでていた。
最新治療法で首が動くようになった。

超音波エコー、筋肉の硬さを色で判別。どこが凝っているか調べる。
深い部分の筋肉が硬くなっている。
硬い筋肉が数分でほぐれる方法とは、超短波治療機。
高周波が出る。さわっても何も感じないが、暖かくなってくる。

低周波治療では肩の表面の筋肉にしか届かなかったが、超短波治療では1秒間に2700万回の振動を起こし、超短波エネルギーが深い筋肉を刺激する。
超音波エコーで調べた硬い筋肉をピンポイントでほぐすことができる。
肩甲骨方まで暖かい。
15分受けただけで酷い肩こりが動くようになった。
今柔らかい状態をほっておくと硬くなるので、やったとにストレッチなどでほぐすのが重要。

※身体の中心が痛くなる肩こりは、心臓の病気の可能性があります。

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑