人工股関節手術後の脱臼が大幅に減少した病院

公開日: : 最終更新日:2014/06/18 整形外科

股関節や膝の関節の痛みは加齢などが原因で、関節を構成する脚の骨と受け皿の骨との間を埋める軟骨が減るなどして直接にこすれる形になって生じる。
ひどい痛みや歩行障害がある重症の場合、外科手術で特殊な合金やセラミックスでできた人工関節に置き換える。
しかし挿入の角度が数度、位置が数ミリずれるだけで装着している間に脱臼したり、不具合が生じて再手術したりすることがある。

人工関節ナビゲーションシステムで手術後脱臼が大幅に減少

人工股関節手術後の脱臼が大幅に減少した病院開発されたナビゲーションシステムは、あらかじめ手術する関節部分をMRIで画像データをとっておき、それを元に3次元のCG画像を作って綿密な手術の計画を立てる。
手術の際は赤外線照射で人工関節の位置や角度を測り、そのデータをCG画像に重ねて表示する為、計画通りの正確さで手術できる。

このシステムをいち早く導入している「りんくう総合医療センター」(大阪府泉佐野市)の人工関節センター長薮野先生は「角度で1度、位置で1ミリの誤差も出ないので経験が少ない医師でも確実に手術が行えます」と話す。
ただ、装置は高価で、システムに慣れるまで時間がかかるため、導入している病院は数%とまだ少ない。
同センターでは平成24年に導入し、今年3月までに人工関節などの手術を130件(再手術は除く)行った。
合併症が出たのは脱臼のわずか1件だった。(0.77%)

通常再脱臼頻度は3%ぐらいらしい

※人工股関節置換術後の脱臼発生頻度
おおむね 3%(0.8~9%)。初回 THA では 2~3%。再置換では 4~6%。
医療法人松田会東北股関節疾患センターの情報より。
公表していない病院はもっと高いかもしれない。

手術時間も短縮

68歳女性は、生まれつき股関節に軽い脱臼があり、加齢とともに左側の股関節が変形し、歩行が不自由になった。
家族の介護をしていることなどの事情から、人工関節の置き換え手術を受け、通常の動作ができる状態まで短時間で回復する必要があった。
女性はこのシステムを使った約1時間半の手術をうけ成功した。
翌日から歩行補助ロボットを使ったリハビリを行ったところ、歩行可能になったという。

手術後のリハビリにロボットを導入

このロボットは筋肉の動きに合わせて流れる電流を感知して作動し、硬くなった股関節の動きを助け、大きく脚が上げられるようにする。
りんくう総合医療センターでは全国で初めて歩行支援ロボットを使い、成果を上げている。
これまで25人に行った結果では3分間の歩行距離が手術前の平均140メートルから手術後一週間で160メートルまで改善した。

同センターでは今月から大阪大学などで開発された、
患者の膝関節のCGデータを基に3Dプリンターで手術のガイド器具を作製する手法も使っている。
この器具は個々の患者の骨にぴったりはまって切除する場所を示す切り込みが入っている為、格段に精度が高まり、手術期間も短縮できるという。

人工関節の置き換えは外科手術のため、不安に思う人が多い。
しかし、重症患者の社会復帰に向けて治療効果は大きくこれからも最新技術を取り入れ、安心、安全の手術を目指すという。

関連記事

ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300

ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300

ビートたけしの家庭の医学、冬に増える不調

記事を読む

no image

肩こり睡眠不足、深い筋肉を超短波治療でほぐす

睡眠時間が肩こりに関係します 睡眠

記事を読む

no image

関節リウマチだけの検査の値段は5000円ぐらい

免疫の異常で全身の関節に腫れや痛みが生じ

記事を読む

腰痛の原因対処法3つのトリガーポイント

腰痛の原因対処法3つのトリガーポイント

自分でできる、腰痛の原因を調べる方法。

記事を読む

no image

ステロイド1日2.5㎎以上で骨折の確率が1.7倍以上になる

加齢や閉経などにより骨がもろくなる骨粗鬆

記事を読む

no image

首のコルセットは意味がない腰痛の原因

むちうちになったとき、 首につけるコル

記事を読む

no image

強直性脊椎炎-ASの特徴。誤診、病名間違いは9割

ASは脊椎や骨盤にある仙腸関節など骨と靭

記事を読む

no image

腰痛で腹部大動脈瘤、高血圧、無呼吸症候群

腰痛で意外な大病になった65歳男性は慢性

記事を読む

no image

頚椎椎間板ヘルニアの1週間入院の手術 内視鏡

59歳男性は2年前もともと抱えていた頚椎

記事を読む

肩甲骨に繋がっている筋肉は30以上

肩甲骨が悪いと関係がある頭痛、耳鳴り、目の疲れ

肩甲骨が動くようになる体操をしましょう!

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑