首と背中、股関節が固まり靴下がはけない病気を知ってる?

公開日: : 最終更新日:2014/07/14 整形外科

強直性脊椎炎-ASの重症患者である51歳女性は、首と背中、股関節が固まり、上や下をむくことはできず、座れる椅子も限られる。
高校時代から股関節痛、短大を卒業して就職後からは背部痛を経験した。

学校時代は座骨神経痛と診断された。
痛みがないときは友人と旅行もしたが、靴下は座ってはけなかった。
31歳で強直性脊椎炎-ASと診断されるまで、整形外科や神経内科などを受診。
強直性脊椎炎-ASと診断した医師からは治療法がないと言われた。

医者の対応や知識で患者の未来は大きく変わる。
自分と共存する病を理解し、ようやく前を向いて生きてこられた。

日本AS友の会事務局長で患者でもある整形外科医の井上久さんは、
「ASは中年以降に痛みは弱くなる。人生これからという若年期の激しい痛みを抑え、充実した生活を送る為にも早期治療は有効。
患者は3万人と推定されるが、診断にたどり着きにくいのが実態」と指摘する。

強直性脊椎炎-ASの特徴は、靴下をはけないことや、動くと楽になる腰痛、歩き方がペンギンみたいになること。
関節が骨化する病気だそうで、難病というのは医者でもなかなか見つけられない病気。
確定診断までに8~10年ぐらいかかることもよくあるそうで、その間の患者の苦悩というのは計り知れないと思う。
こうしてネットで症状などを検索して、患者本人が病気にたどり着く糸口を見つけ、いい専門の病院にたどり着けるといいですね。

関連記事

no image

強直性脊椎炎-ASの特徴。誤診、病名間違いは9割

ASは脊椎や骨盤にある仙腸関節など骨と靭

記事を読む

no image

大人の初期の偏平足。NHK今日の健康

気になる足の痛み偏平足は、椅子の背もたれ

記事を読む

捻挫の治療法。重症は靭帯断裂

捻挫の治療法。重症は靭帯断裂

爆発しそうな危険な足首を見分ける方法は靴

記事を読む

no image

五十肩の病名と注意、安静と固定とは違う

五十肩は中高年に多い。 特徴は突然痛む

記事を読む

急増する尿路結石

腰痛と尿路結石の違い

腰から右・左脇腹にかけて絞られるような痛

記事を読む

膝の下の脂肪で関節液が溜まる理由になる

スベニールのジェネリックはアダントディスポ。関節腔内注射。人工関節

人工関節は加齢や病気で痛んだ関節の代わり

記事を読む

no image

痛みの違い、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症

腰痛の症状チェック 腰や脚に麻痺が

記事を読む

no image

首の骨のズレと椎間板と脊髄の圧迫を姿勢がよくなる枕で予防

東北中央病院 病院長 田中靖久 先生

記事を読む

滑膜を刺激して水が溜まったり

スポーツで半月版、内側側副靭帯、前十時靭帯の損傷と治療期間

帝京大学整形外科教授中川先生の膝のスポー

記事を読む

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる

総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLu

記事を読む

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

→もっと見る

PAGE TOP ↑