首と背中、股関節が固まり靴下がはけない病気を知ってる?

公開日: : 最終更新日:2014/07/14 整形外科

強直性脊椎炎-ASの重症患者である51歳女性は、首と背中、股関節が固まり、上や下をむくことはできず、座れる椅子も限られる。
高校時代から股関節痛、短大を卒業して就職後からは背部痛を経験した。

学校時代は座骨神経痛と診断された。
痛みがないときは友人と旅行もしたが、靴下は座ってはけなかった。
31歳で強直性脊椎炎-ASと診断されるまで、整形外科や神経内科などを受診。
強直性脊椎炎-ASと診断した医師からは治療法がないと言われた。

医者の対応や知識で患者の未来は大きく変わる。
自分と共存する病を理解し、ようやく前を向いて生きてこられた。

日本AS友の会事務局長で患者でもある整形外科医の井上久さんは、
「ASは中年以降に痛みは弱くなる。人生これからという若年期の激しい痛みを抑え、充実した生活を送る為にも早期治療は有効。
患者は3万人と推定されるが、診断にたどり着きにくいのが実態」と指摘する。

強直性脊椎炎-ASの特徴は、靴下をはけないことや、動くと楽になる腰痛、歩き方がペンギンみたいになること。
関節が骨化する病気だそうで、難病というのは医者でもなかなか見つけられない病気。
確定診断までに8~10年ぐらいかかることもよくあるそうで、その間の患者の苦悩というのは計り知れないと思う。
こうしてネットで症状などを検索して、患者本人が病気にたどり着く糸口を見つけ、いい専門の病院にたどり着けるといいですね。

関連記事

変形性膝関節症、軟骨と膝が痛くなる関係

軟骨の秘密とO脚の対策とつまづく防止

膝関節が痛い。 階段は後ろ向きで降りる

記事を読む

no image

頚椎椎間板ヘルニアの1週間入院の手術 内視鏡

59歳男性は2年前もともと抱えていた頚椎

記事を読む

足指でタオルをひきよせる足指芋虫体操

足裏アーチの乱れが引き起こす病気

けつまづくことが多くなったのはなぜ?

記事を読む

no image

肩こり睡眠不足、深い筋肉を超短波治療でほぐす

睡眠時間が肩こりに関係します 睡眠

記事を読む

あとは腰を回すだけです

ゴムバンドで腰を回すだけ!腰痛改善法

自宅で簡単!腰痛改善法を柔道整復師田島先

記事を読む

no image

小指 薬指しびれ頚椎症 手首 肘が原因

手に出る大病のサインで病気がわかる。

記事を読む

ボール体操

膝痛が治る筋肉体操とは?靴下スリスリ

膝痛が99%はこの方法で治るある簡単な運

記事を読む

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる

総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLu

記事を読む

骨盤の角度と腰痛の関係

股関節が硬いと骨盤を曲げるので腰痛になる

腰痛2800万人、腰痛の原因は8割が原因

記事を読む

no image

ふわふわするめまいと肩こり、トイレが近いは頚椎椎間板ヘルニア性脊髄症

45歳、子育てひと段落、バスガイドに復職

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑