関節リウマチの治療、手術の説明

公開日: : 最終更新日:2014/07/16 整形外科

関節リウマチは、外敵から体を守る免疫の仕組みに起きる異常により、関節に炎症が起きる病気。関節の腫れや激しい痛みなどの症状がでる。
病気が進むと関節が傷んで変形し、歩くのが困難になるケースも有る。
30~50歳代の女性がなりやすく、患者数は全国に70万人以上いるとされている。

関節リウマチの治療の説明

関節リウマチの治療の3本柱は、薬物療法、手術、リハビリ。

基本となる治療は薬物療法

免疫を働きを抑えるメトトレキサートなどの「抗リウマチ薬」の飲み薬が用いられる。

生物学的製剤

生物学的製剤は、抗リウマチ薬で病気の進行が抑えられない場合に使われる薬で、
炎症を起こす物質の働きを妨げる。
自己注射や点滴で治療する。
従来の薬では不可能だった、関節の破壊を止める効果がある。

ただし免疫を抑えてしまう為、肺炎や結核などの感染症に注意が必要だ。
薬が高価で医療費が高くなるという課題もある。

手術は人工関節置き換え術

人工関節置き換え術は、破壊された軟骨や骨を削り、金属やポリエチレンなどでできた人工関節に置き換える。
関節の機能を回復させ、痛みを軽減する。
膝や股、足首、肩、手の指などの関節で行われる。

リハビリ

リハビリは筋力を強くし、関節の動かせる範囲が狭まるのを防ぐ。
薬物療法で痛みや炎症が始まったら、理学療法士らの指導でリハビリを積極的に行いたい。

生物学的製剤はとても効くが副作用がある。
リウマチ医が肺炎などを診る呼吸器内科医らと協力して治療したり、専門医がいる他病院と連携したりして副作用に対応できる医療機関が信頼できる。

関節リウマチ強力に免疫が落ちる薬でB型肝炎

関連記事

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる

総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLu

記事を読む

no image

肩こりハの字タイプ肩甲骨の下の部分が開く

五十肩、四十肩などの病気が原因。 五十

記事を読む

no image

肩の痛みの原因の病気、五十肩、けん板断裂、石灰けん炎

肩が痛いとき五十肩でしょ、痛いけどしょう

記事を読む

no image

burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていまし

記事を読む

肩甲骨に繋がっている筋肉は30以上

肩甲骨が悪いと関係がある頭痛、耳鳴り、目の疲れ

肩甲骨が動くようになる体操をしましょう!

記事を読む

no image

肩こりおじぎタイプ肩甲骨が前に傾く

肩ではなく、腰の部分の影響が多い。 一

記事を読む

膝の痛みの原因は炎症

間違った靴の履き方で変形性膝関節症になる

足の筋力低下に繋がる原因は、それは間違っ

記事を読む

指の変形性関節症と関節リウマチの違い

しびれ指の変形性関節症と関節リウマチの違い

手指の痛みとしびれ 手の骨は27個の骨

記事を読む

dlpfc状態そらしで恐怖を取る

DLPFCのストレスや恐怖体験が腰痛を慢性化させる原因だった

慢性腰痛が2週間で改善の可能性がある。

記事を読む

no image

腕の外側が動かす痛む五十肩けん板断裂穴が開く

肩が痛い、穴が開くについて東邦大学整形外

記事を読む

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑