関節リウマチの治療、手術の説明

公開日: : 最終更新日:2014/07/16 整形外科

関節リウマチは、外敵から体を守る免疫の仕組みに起きる異常により、関節に炎症が起きる病気。関節の腫れや激しい痛みなどの症状がでる。
病気が進むと関節が傷んで変形し、歩くのが困難になるケースも有る。
30~50歳代の女性がなりやすく、患者数は全国に70万人以上いるとされている。

関節リウマチの治療の説明

関節リウマチの治療の3本柱は、薬物療法、手術、リハビリ。

基本となる治療は薬物療法

免疫を働きを抑えるメトトレキサートなどの「抗リウマチ薬」の飲み薬が用いられる。

生物学的製剤

生物学的製剤は、抗リウマチ薬で病気の進行が抑えられない場合に使われる薬で、
炎症を起こす物質の働きを妨げる。
自己注射や点滴で治療する。
従来の薬では不可能だった、関節の破壊を止める効果がある。

ただし免疫を抑えてしまう為、肺炎や結核などの感染症に注意が必要だ。
薬が高価で医療費が高くなるという課題もある。

手術は人工関節置き換え術

人工関節置き換え術は、破壊された軟骨や骨を削り、金属やポリエチレンなどでできた人工関節に置き換える。
関節の機能を回復させ、痛みを軽減する。
膝や股、足首、肩、手の指などの関節で行われる。

リハビリ

リハビリは筋力を強くし、関節の動かせる範囲が狭まるのを防ぐ。
薬物療法で痛みや炎症が始まったら、理学療法士らの指導でリハビリを積極的に行いたい。

生物学的製剤はとても効くが副作用がある。
リウマチ医が肺炎などを診る呼吸器内科医らと協力して治療したり、専門医がいる他病院と連携したりして副作用に対応できる医療機関が信頼できる。

関節リウマチ強力に免疫が落ちる薬でB型肝炎

関連記事

滑膜を刺激して水が溜まったり

スポーツで半月版、内側側副靭帯、前十時靭帯の損傷と治療期間

帝京大学整形外科教授中川先生の膝のスポー

記事を読む

no image

手根幹症候群は腱膜が腫れる→正中神経を圧迫でしびれ痛み

手と指の痛みとしびれは手根幹症候群。

記事を読む

no image

肩の痛みの原因の病気、五十肩、けん板断裂、石灰けん炎

肩が痛いとき五十肩でしょ、痛いけどしょう

記事を読む

変形性膝関節症、軟骨と膝が痛くなる関係

軟骨の秘密とO脚の対策とつまづく防止

膝関節が痛い。 階段は後ろ向きで降りる

記事を読む

捻挫の治療法。重症は靭帯断裂

捻挫の治療法。重症は靭帯断裂

爆発しそうな危険な足首を見分ける方法は靴

記事を読む

細胞シートで軟骨を再生する手術もある

細胞シートで軟骨を再生する手術もある

変形性膝関節症には未来に再生医療がある。

記事を読む

no image

関節リウマチと変形性関節症の違いと見分け方

関節リウマチの8割が女性。 関節リウマ

記事を読む

no image

頚椎椎間板ヘルニアの1週間入院の手術 内視鏡

59歳男性は2年前もともと抱えていた頚椎

記事を読む

no image

痛みの違い、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症

腰痛の症状チェック 腰や脚に麻痺が

記事を読む

バレー部の巻き爪は第一関節のIP外反母趾

バレー部の巻き爪は第一関節のIP外反母趾

大島麻衣は巻き爪。 バレー部のころ

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑