膝痛が治る筋肉体操とは?靴下スリスリ

公開日: : 整形外科

膝痛が99%はこの方法で治るある簡単な運動法をご紹介。
順天堂東京江東高齢者医療センター、
順天堂大学整形外科医黒澤先生の膝痛外来。
2008年国際関節症学会で発表。

膝痛の原因は変形性膝関節症

休ます15分以上歩くのがきつい
階段降りるのも痛い、膝を曲げると痛いです。
レントゲンで軟骨の状態を見る。
厚さ5mmの骨と骨の間にある軟骨が関節液で摩擦を減らし滑らかに動いている。
正常な厚さは5mm以上。
(酷い場合は人工膝手術になります)

膝痛の仕組み

痛くなるのは軟骨が減り、磨耗した微粒子が関節の中で散らばると炎症
膝痛の仕組みは、痛くなるのは軟骨が減り、磨耗した微粒子が関節の中で散らばると炎症が起こる。
NF-KappaBという、外的の進入を倒す免疫作用のたんぱく質。
痛い99%以上は免疫の炎症。
運動刺激で炎症が抑制される。

運動によって細胞の免疫異常を正すことで痛みが治る

激しい運動は返って炎症が強くなる。
安静も返って炎症も続く。
中間の穏やかな運動が炎症を抑える。
同時に筋肉も鍛える。

筋肉体操

脚上げ体操

脚上げ体操
脚を10cm以上上げて5秒後に下ろす。
免疫異常の正常化、大腿四頭筋を強化。

横上げ体操

横上げ体操
脚を10cm以上上げて5秒後に下ろす。
免疫異常の正常化、中殿筋を強化。

ボール体操

ボール体操
ボールをぎゅっとふとももで押しつぶして5秒後に力を抜く。
免疫異常の正常化、内側広筋の強化。

ながら靴下スリスリ

ながら靴下スリスリ
靴下をはいて1日5分、2~3スリ。
痛くなくなっても続けるべき。

自宅で朝と夜に左右20回づつを半年~1年やれば関節や膝は強くなる。

関連記事

no image

大人の初期の偏平足。NHK今日の健康

気になる足の痛み偏平足は、椅子の背もたれ

記事を読む

no image

かかとの足底痛、足底腱膜炎、原因、ストレッチ方法について

気になる足の痛み、足底腱膜炎の説明です。

記事を読む

no image

手根幹症候群は腱膜が腫れる→正中神経を圧迫でしびれ痛み

手と指の痛みとしびれは手根幹症候群。

記事を読む

no image

関節リウマチだけの検査の値段は5000円ぐらい

免疫の異常で全身の関節に腫れや痛みが生じ

記事を読む

no image

頚椎椎間板ヘルニアの1週間入院の手術 内視鏡

59歳男性は2年前もともと抱えていた頚椎

記事を読む

手の荒れと腰痛で寝たきりの病気はSAPHO症候群

手の荒れと腰痛で寝たきりの病気はSAPHO症候群

日本人4人に1人が腰痛で、8割以上の腰痛

記事を読む

no image

隠れ偏平足・後脛骨筋の筋力を筋トレで止めれるのか?

後脛骨筋の筋力が低下しはじめると、靴の紐

記事を読む

no image

AKA博田法が受けられる病院リスト

平成26年4月12日現在の、日本AKA医

記事を読む

ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300

ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300

ビートたけしの家庭の医学、冬に増える不調

記事を読む

no image

肩こりおじぎタイプ肩甲骨が前に傾く

肩ではなく、腰の部分の影響が多い。 一

記事を読む

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑