間違った靴の履き方で変形性膝関節症になる

公開日: : 最終更新日:2016/04/12 整形外科

足の筋力低下に繋がる原因は、それは間違った靴の履き方です。
間違った靴の履き方をすると一千万人も患者がいる重大な病気になる。

間違った対策で足の痛みトラブル例

ある40台の営業セールスレディー。
20年以上ハイヒールを履き続ける。
隠れ偏平足になっていたのです外反母趾。

そこで足の痛み対策をすることにした。
良かれと思ってやった足の痛み対策
間違ったこの対策と言うのは、営業以外のときは紐をゆるめにした大き目の靴やサンダルを履くことです
履くと効果はてき面で一気に痛みが軽減しました。
休日はサンダルで足をいたわります。

それから3年後 また痛みを感じるようになったのです。
前よりも増し、サンダル履きの時でさえ痛みがある。
歩くことに苦痛になってきた 間違った足へのいたわり。
足裏とは違うからだのある部分を破壊していった。
そして4年後、階段を上ると膝の内側が痛くなり動けなくなったのです。

間違った靴の履き方で変形性膝関節症になるメカニズム

膝の痛みの原因は炎症
50代女性のMRI画像に特有の、骨の隙間がない 軟骨が磨り減った状態です。
知らないうちに膝の関節をぼろぼろになって
変形性膝関節症になっていたのです!

加齢に伴う筋肉低下 肥満 軟骨が磨り減る。
60代の多く 国民病といわれる。
最大の原因が、間違った靴の履き方なのです。

ハイヒールを長時間はくと、偏平足になる。
O脚が引き金となり、足に負担をかけまいとひもをゆるめて靴を履いたり、サンダルを履いたりすること
そんなときダメージが現れるのは膝です。
足がよじれると、足が横揺れする。それが軟骨が減る原因です。
そうした間違った靴の履き方が
若くして偏平足で変形性膝になるのです。

膝の横への衝撃度が、軟骨を減らす原因になっています
正常にくらべて、偏平足で片膝の場合、片膝に横への衝撃度 体重の2倍 90キロの負担がかかっていたのです

では、こうならないためにどうしたらいいのでしょうか?
続く

関連記事

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する

力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にし

記事を読む

no image

関節リウマチの飲み薬、結核、がん、副作用

関節リウマチは炎症を起こすサイトカインと

記事を読む

no image

首のコルセットは意味がない腰痛の原因

むちうちになったとき、 首につけるコル

記事を読む

急増する尿路結石

腰痛と尿路結石の違い

腰から右・左脇腹にかけて絞られるような痛

記事を読む

脊柱側わん症の発症年齢は9歳?

脊柱側わん症の発症年齢は9歳?手術の時間は?

本来真っ直ぐな背骨が曲がる病気。 思春

記事を読む

膝にも脂肪がある。アディポカインが関節炎の原因に

膝の下の脂肪で関節液が溜まる理由になる

膝がぶよぶよ膨れるのは関節液が溜まっ

記事を読む

no image

骨粗しょう症と腰の骨折で背が縮む姿勢も曲がる

腰痛の原因の分布。 椎間板ヘルニア、2

記事を読む

指の変形性関節症と関節リウマチの違い

しびれ指の変形性関節症と関節リウマチの違い

手指の痛みとしびれ 手の骨は27個の骨

記事を読む

no image

膝痛の手術の種類と内容、人工膝手術の入院期間

女性に多い変形性膝関節症は、加齢や肥満な

記事を読む

no image

肩こりは揉む、叩くは間違い?マッサージ方法

なで肩といかり肩で対処方法が違う! 冬

記事を読む

no image
職業病、爪の上、第一関節の手前に腫れ、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

→もっと見る

PAGE TOP ↑