間違った靴の履き方で変形性膝関節症になる

公開日: : 最終更新日:2016/04/12 整形外科

足の筋力低下に繋がる原因は、それは間違った靴の履き方です。
間違った靴の履き方をすると一千万人も患者がいる重大な病気になる。

間違った対策で足の痛みトラブル例

ある40台の営業セールスレディー。
20年以上ハイヒールを履き続ける。
隠れ偏平足になっていたのです外反母趾。

そこで足の痛み対策をすることにした。
良かれと思ってやった足の痛み対策
間違ったこの対策と言うのは、営業以外のときは紐をゆるめにした大き目の靴やサンダルを履くことです
履くと効果はてき面で一気に痛みが軽減しました。
休日はサンダルで足をいたわります。

それから3年後 また痛みを感じるようになったのです。
前よりも増し、サンダル履きの時でさえ痛みがある。
歩くことに苦痛になってきた 間違った足へのいたわり。
足裏とは違うからだのある部分を破壊していった。
そして4年後、階段を上ると膝の内側が痛くなり動けなくなったのです。

間違った靴の履き方で変形性膝関節症になるメカニズム

膝の痛みの原因は炎症
50代女性のMRI画像に特有の、骨の隙間がない 軟骨が磨り減った状態です。
知らないうちに膝の関節をぼろぼろになって
変形性膝関節症になっていたのです!

加齢に伴う筋肉低下 肥満 軟骨が磨り減る。
60代の多く 国民病といわれる。
最大の原因が、間違った靴の履き方なのです。

ハイヒールを長時間はくと、偏平足になる。
O脚が引き金となり、足に負担をかけまいとひもをゆるめて靴を履いたり、サンダルを履いたりすること
そんなときダメージが現れるのは膝です。
足がよじれると、足が横揺れする。それが軟骨が減る原因です。
そうした間違った靴の履き方が
若くして偏平足で変形性膝になるのです。

膝の横への衝撃度が、軟骨を減らす原因になっています
正常にくらべて、偏平足で片膝の場合、片膝に横への衝撃度 体重の2倍 90キロの負担がかかっていたのです

では、こうならないためにどうしたらいいのでしょうか?
続く

関連記事

no image

肩こりおじぎタイプ肩甲骨が前に傾く

肩ではなく、腰の部分の影響が多い。 一

記事を読む

背中の筋肉が緊張するへび背の原因とは?

背中の筋肉が緊張するへび背の原因とは?

鈴木奈々や佐野ひなこの背骨がうねって

記事を読む

変形性膝関節症、軟骨と膝が痛くなる関係

軟骨の秘密とO脚の対策とつまづく防止

膝関節が痛い。 階段は後ろ向きで降りる

記事を読む

no image

隠れ偏平足・後脛骨筋の筋力を筋トレで止めれるのか?

後脛骨筋の筋力が低下しはじめると、靴の紐

記事を読む

dlpfc状態そらしで恐怖を取る

DLPFCのストレスや恐怖体験が腰痛を慢性化させる原因だった

慢性腰痛が2週間で改善の可能性がある。

記事を読む

no image

腕の外側が動かす痛む五十肩けん板断裂穴が開く

肩が痛い、穴が開くについて東邦大学整形外

記事を読む

no image

痛みの違い、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症

腰痛の症状チェック 腰や脚に麻痺が

記事を読む

no image

肩こり睡眠不足、深い筋肉を超短波治療でほぐす

睡眠時間が肩こりに関係します 睡眠

記事を読む

あとは腰を回すだけです

ゴムバンドで腰を回すだけ!腰痛改善法

自宅で簡単!腰痛改善法を柔道整復師田島先

記事を読む

指の変形性関節症と関節リウマチの違い

しびれ指の変形性関節症と関節リウマチの違い

手指の痛みとしびれ 手の骨は27個の骨

記事を読む

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

病院の先生の白衣が長袖ではなく半袖なのは感染症を防ぐため
病院の先生の白衣が長袖ではなく半袖なのは感染症を防ぐため

救急の医者の白衣、 半袖の先生が多いと思います。 病院の先生の

→もっと見る

PAGE TOP ↑