間違った靴の履き方で変形性膝関節症になる

公開日: : 最終更新日:2016/04/12 整形外科

足の筋力低下に繋がる原因は、それは間違った靴の履き方です。
間違った靴の履き方をすると一千万人も患者がいる重大な病気になる。

間違った対策で足の痛みトラブル例

ある40台の営業セールスレディー。
20年以上ハイヒールを履き続ける。
隠れ偏平足になっていたのです外反母趾。

そこで足の痛み対策をすることにした。
良かれと思ってやった足の痛み対策
間違ったこの対策と言うのは、営業以外のときは紐をゆるめにした大き目の靴やサンダルを履くことです
履くと効果はてき面で一気に痛みが軽減しました。
休日はサンダルで足をいたわります。

それから3年後 また痛みを感じるようになったのです。
前よりも増し、サンダル履きの時でさえ痛みがある。
歩くことに苦痛になってきた 間違った足へのいたわり。
足裏とは違うからだのある部分を破壊していった。
そして4年後、階段を上ると膝の内側が痛くなり動けなくなったのです。

間違った靴の履き方で変形性膝関節症になるメカニズム

膝の痛みの原因は炎症
50代女性のMRI画像に特有の、骨の隙間がない 軟骨が磨り減った状態です。
知らないうちに膝の関節をぼろぼろになって
変形性膝関節症になっていたのです!

加齢に伴う筋肉低下 肥満 軟骨が磨り減る。
60代の多く 国民病といわれる。
最大の原因が、間違った靴の履き方なのです。

ハイヒールを長時間はくと、偏平足になる。
O脚が引き金となり、足に負担をかけまいとひもをゆるめて靴を履いたり、サンダルを履いたりすること
そんなときダメージが現れるのは膝です。
足がよじれると、足が横揺れする。それが軟骨が減る原因です。
そうした間違った靴の履き方が
若くして偏平足で変形性膝になるのです。

膝の横への衝撃度が、軟骨を減らす原因になっています
正常にくらべて、偏平足で片膝の場合、片膝に横への衝撃度 体重の2倍 90キロの負担がかかっていたのです

では、こうならないためにどうしたらいいのでしょうか?
続く

関連記事

no image

関節リウマチと変形性関節症の違いと見分け方

関節リウマチの8割が女性。 関節リウマ

記事を読む

no image

腰痛で腹部大動脈瘤、高血圧、無呼吸症候群

腰痛で意外な大病になった65歳男性は慢性

記事を読む

納豆カレー、納豆に滑らかさとコク

納豆の作りかた。関節痛との関係

関節痛にいい食材が納豆な理由 関節

記事を読む

dlpfc状態そらしで恐怖を取る

DLPFCのストレスや恐怖体験が腰痛を慢性化させる原因だった

慢性腰痛が2週間で改善の可能性がある。

記事を読む

no image

肩こり扉タイプ肩甲骨が外側に開く

肩こりチェック1 両手と両肘を合わせて

記事を読む

no image

腰痛の原因を知る方法、整形外科と内科、どっち?

寒い時期に増える腰痛は患者数2800万人

記事を読む

足指でタオルをひきよせる足指芋虫体操

足裏アーチの乱れが引き起こす病気

けつまづくことが多くなったのはなぜ?

記事を読む

no image

小指 薬指しびれ頚椎症 手首 肘が原因

手に出る大病のサインで病気がわかる。

記事を読む

no image

burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていまし

記事を読む

no image

大人の初期の偏平足。NHK今日の健康

気になる足の痛み偏平足は、椅子の背もたれ

記事を読む

no image
急性期一般入院料234567での在宅復帰率

急性期入院料1のみが施設基準で8割を満たすとある。 それ以外は提出義

熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相
熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相

仕事で忙しいから、一番高熱のピークで病院行かず、 風邪ひいた後の

no image
受付時間からピポットテーブルと統合機能で各日付の医師別患者数を出す

エクセルが手入力の早さに負けた日・・・ 病院の患者数。 過去3

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

尿が赤い、泡、10回、寝ている時に4~5回で腎不全の可能性
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

→もっと見る

PAGE TOP ↑