首の骨のズレと椎間板と脊髄の圧迫を姿勢がよくなる枕で予防

公開日: : 整形外科

東北中央病院 病院長 田中靖久 先生
つまずきの病院は首に隠されていた
つまずきやすいひとは筋肉の衰えがなくても頚椎の骨がバランスが悪くズレている。
頚部脊柱管狭窄症という病気の事だと思います。(病院でプロレナールが処方される)

日本の大人の44%が首の骨がずれている。
しらずしらずにしている猫背で首を上げる姿勢が首のズレに関わる
首は骨と椎間板が交互になっていて脊柱管と呼ばれるパイプが通っていて、脊髄が入っている。

脊髄は20代後半から劣化します。
椎間板が硬くなると、形が変えることが出来なくなる。
そうすると、姿勢を変えたときに骨がずれる。
骨同士によって脊柱管が狭くなり、脊髄が挟まってしまう。
姿勢を元に戻すと元には戻るが、何回も同じことを繰り返すと脊髄がダメージを受けてしまう。
脊髄を圧迫し続けると、元に戻っても詰まった状態が変わらない状態になる。

つまづきをほうっておくと1ヶ月で様々な症状が出てくる。
頚部脊髄症になると、躓いたり、温度がわからなくなり火傷、熱傷したりする。

家庭でも簡単に作れる首の骨のズレを予防できる枕

16号整形外科 山田朱織先生
自分に合った高さの枕を見つけることで首への負担を減らせます。
どの過程にもあるたった2つのもので理想的な高さの枕が完成します。
それは玄関マットとタオルケットです。

玄関マットを3つ蛇腹折にする。
玄関マットは硬めなのでほどよい。

そのうえにタオルケットも3つの蛇腹折。
向きを変えてもういちど蛇腹折。
これをふたつ上に乗せます。

枕に頭を乗せて 手を胸の上に横を向いて顔から足まで並行になるようになる高さにする
最後に左右に寝返りをうつ。無理なく寝返りを打てれば完成。
シーツやカバーをとりつければ枕になります。

これに変えると、どれぐらいよくなるでしょうか。
首の負担が軽減され、睡眠の質も上がります。是非お試しください。

玄関マットはゴム入ってるから臭い。BY父

関連記事

膝の痛みの原因は炎症

間違った靴の履き方で変形性膝関節症になる

足の筋力低下に繋がる原因は、それは間違っ

記事を読む

no image

骨盤の傾き腰痛下腹猫背筋肉鍛えるトレーニングと座り方

年で下腹が出たり姿勢が悪くなった。 骨

記事を読む

no image

肩こりは揉む、叩くは間違い?マッサージ方法

なで肩といかり肩で対処方法が違う! 冬

記事を読む

no image

関節リウマチだけの検査の値段は5000円ぐらい

免疫の異常で全身の関節に腫れや痛みが生じ

記事を読む

脊柱側わん症の発症年齢は9歳?

脊柱側わん症の発症年齢は9歳?手術の時間は?

本来真っ直ぐな背骨が曲がる病気。 思春

記事を読む

no image

大人の初期の偏平足。NHK今日の健康

気になる足の痛み偏平足は、椅子の背もたれ

記事を読む

no image

かかとの足底痛、足底腱膜炎、原因、ストレッチ方法について

気になる足の痛み、足底腱膜炎の説明です。

記事を読む

no image

小指 薬指しびれ頚椎症 手首 肘が原因

手に出る大病のサインで病気がわかる。

記事を読む

no image

ステロイド1日2.5㎎以上で骨折の確率が1.7倍以上になる

加齢や閉経などにより骨がもろくなる骨粗鬆

記事を読む

足指でタオルをひきよせる足指芋虫体操

足裏アーチの乱れが引き起こす病気

けつまづくことが多くなったのはなぜ?

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑