症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

公開日: : 整形外科

適応疾患は足底筋膜炎

K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連につき)    5,000点
治療日数また回数にかかわらず一連にて算定。再発にて2回目以降算定する場合は、少なくとも3ヶ月以上あけること。
保存療法の開始日、治療内容、本治療を選択した理由を記載すること。

詳記の要点

いつから足底部痛が発生しているか(症状出現時期)
これまで保存的加療を行った治療について
(投薬、リハビリ、ストレッチ指導、装具・足底板の使用、ブロック注射 など)
体外衝撃波疼痛治療術 実施開始日

症状詳記の例文

平成00年0月0日頃に捻挫、10日に左踵骨骨折を受傷。その頃から足底部痛もあり。
〇〇医院から紹介で転医。
エコーでは周辺血管増生が残存。前医より足底腱膜炎と診断。
前医にて骨折の治療の他、いかなる治療も効果が認められず、機能障害が強かった。

一年前から右足底部痛、歩くだけ少しで痛む。
アーチサポート足底挿板作成、ステロイド5回などの治療を行うも効果がなく〇〇病院より転院。
いかなる治療法も効果が認められず、機能障害が強かった。難治性と判断したため、平成00年0月0日より体外衝撃波疼痛治療術を施行致しました。

高校時代から足底の痛みあり。
7~8月頃から誘因なく右踵部痛強くなってきた。
通院加療にて、安静、アイシング、投薬指導などの治療を行うも効果が限定的であったため、当院にて転医始診となりました。
いかなる治療法も効果が認められず、機能障害が強かった。難治性と判断したため、平成00年0月00日より体外衝撃波疼痛治療術を施行致しました。

2010年3月から右足底部痛。前医より右難治性足底腱膜炎と診断。
〇〇病院でインソール、ストレッチングを行うも改善傾向なしESWTのため紹介受診。
いかなる治療も効果が認められず、機能障害が強かった。
難治性と判断したため、平成00年0月00日より体外衝撃波疼痛治療術を施行致しました。

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

no image
KYゼリーはキシロカインに過敏や禁忌ある方向けだが保険外

キシロカインゼリーのキシロカインに過敏や禁忌ある方 使用されるKYゼ

→もっと見る

PAGE TOP ↑