症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

公開日: : 整形外科

適応疾患は足底筋膜炎

K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連につき)    5,000点
治療日数また回数にかかわらず一連にて算定。再発にて2回目以降算定する場合は、少なくとも3ヶ月以上あけること。
保存療法の開始日、治療内容、本治療を選択した理由を記載すること。

詳記の要点

いつから足底部痛が発生しているか(症状出現時期)
これまで保存的加療を行った治療について
(投薬、リハビリ、ストレッチ指導、装具・足底板の使用、ブロック注射 など)
体外衝撃波疼痛治療術 実施開始日

症状詳記の例文

平成00年0月0日頃に捻挫、10日に左踵骨骨折を受傷。その頃から足底部痛もあり。
〇〇医院から紹介で転医。
エコーでは周辺血管増生が残存。前医より足底腱膜炎と診断。
前医にて骨折の治療の他、いかなる治療も効果が認められず、機能障害が強かった。

一年前から右足底部痛、歩くだけ少しで痛む。
アーチサポート足底挿板作成、ステロイド5回などの治療を行うも効果がなく〇〇病院より転院。
いかなる治療法も効果が認められず、機能障害が強かった。難治性と判断したため、平成00年0月0日より体外衝撃波疼痛治療術を施行致しました。

高校時代から足底の痛みあり。
7~8月頃から誘因なく右踵部痛強くなってきた。
通院加療にて、安静、アイシング、投薬指導などの治療を行うも効果が限定的であったため、当院にて転医始診となりました。
いかなる治療法も効果が認められず、機能障害が強かった。難治性と判断したため、平成00年0月00日より体外衝撃波疼痛治療術を施行致しました。

2010年3月から右足底部痛。前医より右難治性足底腱膜炎と診断。
〇〇病院でインソール、ストレッチングを行うも改善傾向なしESWTのため紹介受診。
いかなる治療も効果が認められず、機能障害が強かった。
難治性と判断したため、平成00年0月00日より体外衝撃波疼痛治療術を施行致しました。

関連記事

no image

こつそそうしょうの病気が進行すると歩けなくなる

進行する歩けなくなる病気は骨粗鬆症。

記事を読む

no image

骨粗しょう症と腰の骨折で背が縮む姿勢も曲がる

腰痛の原因の分布。 椎間板ヘルニア、2

記事を読む

no image

関節リウマチの飲み薬、結核、がん、副作用

関節リウマチは炎症を起こすサイトカインと

記事を読む

no image

大人の初期の偏平足。NHK今日の健康

気になる足の痛み偏平足は、椅子の背もたれ

記事を読む

no image

かかとの足底痛、足底腱膜炎、原因、ストレッチ方法について

気になる足の痛み、足底腱膜炎の説明です。

記事を読む

no image

AKA博田法が受けられる病院リスト

平成26年4月12日現在の、日本AKA医

記事を読む

急増する尿路結石

腰痛と尿路結石の違い

腰から右・左脇腹にかけて絞られるような痛

記事を読む

肩甲骨に繋がっている筋肉は30以上

肩甲骨が悪いと関係がある頭痛、耳鳴り、目の疲れ

肩甲骨が動くようになる体操をしましょう!

記事を読む

no image

頚椎椎間板ヘルニアの1週間入院の手術 内視鏡

59歳男性は2年前もともと抱えていた頚椎

記事を読む

no image

首のコルセットは意味がない腰痛の原因

むちうちになったとき、 首につけるコル

記事を読む

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

ノロウイルスは、手指や食品などから経口で感染
治療は保険、ノロウイルスの検査だけ実費が正しい見解

ノロウイルスの保険適応 ア 3才未満の患者 イ 65歳以上の患

no image
障害者手帳を更新したいけど書いてくれる先生がいない

医療事務の仕事をしていて、障害者手帳を更新したい。 当院退院後3年間

no image
急性期一般入院料234567での在宅復帰率

急性期入院料1のみが施設基準で8割を満たすとある。 それ以外は提出義

→もっと見る

PAGE TOP ↑