細胞シートで軟骨を再生する手術もある

公開日: : 最終更新日:2014/10/09 整形外科

変形性膝関節症には未来に再生医療がある。
磨り減った軟骨が戻ることがない。
でも戻る方法がある。

軟骨を再生する手術、軟骨再生治療

細胞シートで軟骨を再生する手術もある
神奈川県伊勢原市、東海大学病院。
整形外科教授 佐藤正人教授。
内側の軟骨が欠損したのであるものを張った。
自身の軟骨細胞を培養して軟骨を再生させる「膝軟骨再生治療」。

磨り減っていない部分の軟骨を採取。
軟骨細胞を取り出し培養する。
培養した細胞を直径2.4センチ、厚さ0.2ミリの軟骨細胞シートにする。
そのシートを軟骨が欠けた部分に貼り付ける。
シートが特殊なたんぱく質を出しつづけ、骨を作る細胞が活性化。
軟骨が再生する。

手術から9ヶ月、歩くこともままならなかったのに階段を歩くまでに回復。
来年は四国のお遍路に行く予定だそう。

軟骨細胞シートを使った再生治療

  • 安全性を確認するための臨床研究
  • 一般治療は行われていない

膝の健康を維持する方法

  • 適度な運動
  • 筋肉・関節の柔軟性を保つ
  • 太らない

5~10年後の治療できるように研究が続けられている。
磨り減ってしまうと夢の治療はまだなので、膝の健康を普段から気にかけましょう。
カムバック軟骨!

関連記事

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑