手根幹症候群は腱膜が腫れる→正中神経を圧迫でしびれ痛み

公開日: : 最終更新日:2014/07/25 整形外科

手と指の痛みとしびれは手根幹症候群。
ある女性は5年前から右手の人差し指、中指がしびれる。
痛みとしびれで夜中目が覚める。手を振るとましになる。
編み物で親指が動かなくなって病院。
気づかないうちに親指がやせ細っていた。

横浜労災病院 運動器センター長 三上先生

手根幹症候群の症状

親指から薬指にかけて、初期には人差し指、中指にしびれ。
初期で中指と薬指から始まる人もいる。
突然夜間に強い痛みしびれ。
そのままにすると親指の付け根の筋肉が衰えて細かい物がつかめなくなる。
特徴は小指には何も感じないこと。

症状が進行すると

かえって痛みやしびれが弱くなる。麻痺してしまい日常生活に障害。

手根幹症候群はなぜ起きるの?

尺骨神経 手根幹
     じん帯
  正中神経

じん帯と骨で囲まれた部分
正中神経 じん帯
手根幹 腱 膜

正中神経と尺骨神経の範囲

親指から薬指 正中神経
薬指 半分小指 尺骨神経
手根幹症候群は正中神経が圧迫される病気。

腱膜が腫れることによって神経を圧迫

腱が何本も通っていて腱の周りの膜が腫れることによって正中神経が圧迫される。

原因はよくわかっていないが、
妊娠・出産期:更年期の女性 女性ホルモンのみだれのむくみ
手首の骨折:仕事やスポーツ
手の使いすぎ:家事など
透析や関節リウマチが原因として挙げられる。
整形外科で手根幹症候群かどうか判断する。

家でできるファーレンテスト(手関節屈曲テスト)

座りながら両肘をテーブルに載せ、両手首を胸の前で折り曲げる1分。
ユーレイのような手のポーズ。
症状がある人は数十秒で痛みや痺れが発生する。

手首を曲げることによって手根幹の圧迫が上がり、正中神経がじん帯に押し付けられて圧迫することで症状が現れる。

発見できないケースも有るので目安に医療機関を受診しましょう。
手根幹症候群は手の平に現れる病気なので、
手の甲だと頚椎性症神経根症などの別の病気かもしれません。

手根幹症候群の治療

軽い場合は保存療法:手首を固定して安静に
くすり、消炎鎮痛薬、ビタミンB12
ステロイド注射

手首を固定するサポーター装具を寝ている間もつける。
ビタミンB12は神経を保護して再生させる。
注射はしびれ痛みが強いとき手根幹内にする。

症状が取れないときは手術

筋肉が痩せてきたり、感覚がないとじん帯を切って神経を圧迫から開放します。
手の付け根を3~4センチ切る。
じん帯を切る 時間は20~30分。
内視鏡手術もあり。
切ても大丈夫。握力が戻るのに半年ほどかかる。
安全な手術がだが、腱、動脈損傷の可能性も有る。
特別なリハビリはないが1ヶ月は手を無理に使わないように。
再発はないが、透析・関節リウマチの方は再発の可能性がある。

関連記事

人工股関節手術後の脱臼が大幅に減少した病院

人工股関節手術後の脱臼が大幅に減少した病院

股関節や膝の関節の痛みは加齢などが原因で

記事を読む

no image

ステロイド1日2.5㎎以上で骨折の確率が1.7倍以上になる

加齢や閉経などにより骨がもろくなる骨粗鬆

記事を読む

no image

骨粗しょう症と腰の骨折で背が縮む姿勢も曲がる

腰痛の原因の分布。 椎間板ヘルニア、2

記事を読む

滑膜を刺激して水が溜まったり

スポーツで半月版、内側側副靭帯、前十時靭帯の損傷と治療期間

帝京大学整形外科教授中川先生の膝のスポー

記事を読む

あとは腰を回すだけです

ゴムバンドで腰を回すだけ!腰痛改善法

自宅で簡単!腰痛改善法を柔道整復師田島先

記事を読む

膝の下の脂肪で関節液が溜まる理由になる

スベニールのジェネリックはアダントディスポ。関節腔内注射。人工関節

人工関節は加齢や病気で痛んだ関節の代わり

記事を読む

脊柱側わん症の発症年齢は9歳?

脊柱側わん症の発症年齢は9歳?手術の時間は?

本来真っ直ぐな背骨が曲がる病気。 思春

記事を読む

膝の痛みの原因は炎症

間違った靴の履き方で変形性膝関節症になる

足の筋力低下に繋がる原因は、それは間違っ

記事を読む

肩甲骨に繋がっている筋肉は30以上

肩甲骨が悪いと関係がある頭痛、耳鳴り、目の疲れ

肩甲骨が動くようになる体操をしましょう!

記事を読む

no image

肩こりおじぎタイプ肩甲骨が前に傾く

肩ではなく、腰の部分の影響が多い。 一

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑