しびれ指の変形性関節症と関節リウマチの違い

手指の痛みとしびれ
手の骨は27個の骨がある。
筋肉と骨をつなぐ腱で動く。
骨から離れないように腱鞘。
神経が繋がっている。
病気によって特徴がある

手指のしびれ痛み

手のしびれは手根幹症候群の可能性がある
手根幹症候群の可能性がある。
進行すると痺れだけ
痺れには、手根幹症候群、脳卒中、糖尿病、首の病気(頚椎症、頚椎症性神経根症)などの可能性もある。
脳卒中の場合は、体の片側にしびれ、麻痺、呂律が回らない。
糖尿病の場合は、末梢神経障害、足にも痺れがでてくる。片方ではなく左右対称。
首の場合は、顔を上に向けて左右に倒すと悪化するのが特徴。
手根幹症候群は、手首の骨とじん帯に囲まれたトンネル
手根幹症候群は、手首の骨とじん帯に囲まれたトンネル。正中神経が通っている。
腱を覆う膜が炎症を起こして正中神経を圧迫して起こる病気。
小指以外の手に痺れが起きる。
原因は、わかっていないが、妊娠、出産、更年期の女性に多い。女性ホルモンも影響では?手の骨折、スポーツ、手の使いすぎも。

指を伸ばそうとするとカクンとはねる+痛みと腫れ

腱鞘炎のひとつ、バネ指の特徴的な症状
腱鞘炎のひとつ、バネ指の特徴的な症状。
指の使いすぎが発症に関係と言われている。
放置すると関節が硬くなり真っ直ぐ伸ばせなくなることも。
原因は、腱が腱鞘の中をスムーズに動くが、硬くなると腱の通りが悪くなり、腱の一部に炎症がおきはれる。腫れが腱鞘に引っかかり指が伸ばせなくなる。
さらに指を伸ばそうと強い力を入れた時に腫れが腱を通過するのでかくんとなる。
他にも手首の腱鞘に炎症、ドケルバン病。
つまんだり握る時に痛みが増強する。

指がまっすぐ伸ばせない+痛み

骨折などの外傷もあるが変形性関節症もある
骨折などの外傷もあるが変形性関節症もある。
健康な関節は、軟骨が覆っていてじん帯が骨と骨をつなぐ。
関節の軟骨が磨り減り、関節同士がぶつかる。
食い込んだ骨がつぶれて骨棘(こつきょく)という骨のとげがみえる
食い込んだ骨がつぶれて骨棘(こつきょく)という骨のとげがみえる。

指の変形性関節症と関節リウマチの違い

指の変形性関節症と関節リウマチの違い
第一関節、第二関節、第3関節、CM関節
第一関節、第二関節、第3関節、CM関節

変形性関節症とリウマチでは真っ直ぐ伸ばせない場所が違う。
第一関節は変形性関節症
第二関節は変形性関節症(硬い)と関節リウマチ(柔かい)
第三関節は親指は変形性関節症、それ以外は関節リウマチ

関節リウマチは血液検査でわかる。
整形外科、手外科、リウマチ内科、膠原病内科を受診しましょう。

しびれは脳卒中の可能性もあるので注意が必要です。