しびれ指の変形性関節症と関節リウマチの違い

公開日: : 最終更新日:2017/09/26 整形外科

手指の痛みとしびれ
手の骨は27個の骨がある。
筋肉と骨をつなぐ腱で動く。
骨から離れないように腱鞘。
神経が繋がっている。
病気によって特徴がある

手指のしびれ痛み

手のしびれは手根幹症候群の可能性がある
手根幹症候群の可能性がある。
進行すると痺れだけ
痺れには、手根幹症候群、脳卒中、糖尿病、首の病気(頚椎症、頚椎症性神経根症)などの可能性もある。
脳卒中の場合は、体の片側にしびれ、麻痺、呂律が回らない。
糖尿病の場合は、末梢神経障害、足にも痺れがでてくる。片方ではなく左右対称。
首の場合は、顔を上に向けて左右に倒すと悪化するのが特徴。
手根幹症候群は、手首の骨とじん帯に囲まれたトンネル
手根幹症候群は、手首の骨とじん帯に囲まれたトンネル。正中神経が通っている。
腱を覆う膜が炎症を起こして正中神経を圧迫して起こる病気。
小指以外の手に痺れが起きる。
原因は、わかっていないが、妊娠、出産、更年期の女性に多い。女性ホルモンも影響では?手の骨折、スポーツ、手の使いすぎも。

指を伸ばそうとするとカクンとはねる+痛みと腫れ

腱鞘炎のひとつ、バネ指の特徴的な症状
腱鞘炎のひとつ、バネ指の特徴的な症状。
指の使いすぎが発症に関係と言われている。
放置すると関節が硬くなり真っ直ぐ伸ばせなくなることも。
原因は、腱が腱鞘の中をスムーズに動くが、硬くなると腱の通りが悪くなり、腱の一部に炎症がおきはれる。腫れが腱鞘に引っかかり指が伸ばせなくなる。
さらに指を伸ばそうと強い力を入れた時に腫れが腱を通過するのでかくんとなる。
他にも手首の腱鞘に炎症、ドケルバン病。
つまんだり握る時に痛みが増強する。

指がまっすぐ伸ばせない+痛み

骨折などの外傷もあるが変形性関節症もある
骨折などの外傷もあるが変形性関節症もある。
健康な関節は、軟骨が覆っていてじん帯が骨と骨をつなぐ。
関節の軟骨が磨り減り、関節同士がぶつかる。
食い込んだ骨がつぶれて骨棘(こつきょく)という骨のとげがみえる
食い込んだ骨がつぶれて骨棘(こつきょく)という骨のとげがみえる。

指の変形性関節症と関節リウマチの違い

指の変形性関節症と関節リウマチの違い
第一関節、第二関節、第3関節、CM関節
第一関節、第二関節、第3関節、CM関節

変形性関節症とリウマチでは真っ直ぐ伸ばせない場所が違う。
第一関節は変形性関節症
第二関節は変形性関節症(硬い)と関節リウマチ(柔かい)
第三関節は親指は変形性関節症、それ以外は関節リウマチ

関節リウマチは血液検査でわかる。
整形外科、手外科、リウマチ内科、膠原病内科を受診しましょう。

しびれは脳卒中の可能性もあるので注意が必要です。

関連記事

no image

ステロイド1日2.5㎎以上で骨折の確率が1.7倍以上になる

加齢や閉経などにより骨がもろくなる骨粗鬆

記事を読む

no image

腕の外側が動かす痛む五十肩けん板断裂穴が開く

肩が痛い、穴が開くについて東邦大学整形外

記事を読む

dlpfc状態そらしで恐怖を取る

DLPFCのストレスや恐怖体験が腰痛を慢性化させる原因だった

慢性腰痛が2週間で改善の可能性がある。

記事を読む

no image

肩こり扉タイプ肩甲骨が外側に開く

肩こりチェック1 両手と両肘を合わせて

記事を読む

急増する尿路結石

腰痛と尿路結石の違い

腰から右・左脇腹にかけて絞られるような痛

記事を読む

no image

腰痛の原因を知る方法、整形外科と内科、どっち?

寒い時期に増える腰痛は患者数2800万人

記事を読む

no image

楽にする肩の痛み。原因が腱板断裂

肩が痛いとき、注意!腱板断裂。大阪大学 

記事を読む

脊柱側わん症の発症年齢は9歳?

脊柱側わん症の発症年齢は9歳?手術の時間は?

本来真っ直ぐな背骨が曲がる病気。 思春

記事を読む

no image

腰痛で腹部大動脈瘤、高血圧、無呼吸症候群

腰痛で意外な大病になった65歳男性は慢性

記事を読む

no image

膝痛の手術の種類と内容、人工膝手術の入院期間

女性に多い変形性膝関節症は、加齢や肥満な

記事を読む

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑