腰痛の原因対処法3つのトリガーポイント

自分でできる、腰痛の原因を調べる方法。
有る特定の場所を押すと強い痛みがでたらそこが原因。
皮膚1~2センチぐらい押す。ズキンとする痛みで判別できます。

腰痛の原因対処法3つのトリガーポイント

腰痛の原因対処法3つのトリガーポイント

ウエストベルトをする位置のこぶし二つぶん上、左右こぶし一つ分

原因は筋肉の炎症、疲労など。ストレッチやマッサージ、お風呂で筋肉を和らげる。

ウエストベルトの少し下の骨の上

原因は椎間板周辺の炎症。腹筋・背筋を鍛えることで対処。

足の付け根のあたり骨が横にでっぱった部分、指三本か四本、お尻のえくぼの下

原因は神経の圧迫、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症。
神経が絡んでいるので病院で治療を受けてください。

以上で腰痛の原因の目安を知ることができるそうです。

腰痛は単なる炎症なら、シップによる鎮痛消炎、日にち薬、1か月ぐらいで収まりますが、それと確定しない場合、内臓の病気、手術が必要な整形外科の病気などの可能性もあり、原因を特定するにはやはり病院で検査してもらうしかありません。
腰痛の起因となる原因が、重い物をもったとき、踏ん張ったとき、転倒した時など明らかに原因がわかる場合は、たいてい炎症などによるもの、ぎっくり腰症状で、日にち薬で治るでしょう。