「 読売新聞、産経新聞の医療欄 」 一覧

テレビだけではなく新聞でも医療ネタは人気です。話題に困りません。最新の医学情報は、医者でも新聞から情報を得ているそうです。医者が新聞の切抜きをする理由は、最新の医学は新聞にも載っているということです。生活欄の医療のページは要チェックです。

納豆アレルギーはマリンスポーツ愛好者に多い?

発酵食品の納豆は、食べて半日たってから全身に出る珍しいアレルギーを起こすことがある。 数は少ないが症状が重い傾向がある。 突然の原因不明のアレルギー症状がでたら納豆を疑ってほしい。 納豆アレ

続きを見る

障害者年金3級が不服で2級になった例

障害者年金の不服申し立てで決定が覆るのは23% 読売新聞の患者学に書いてありましたが、 地方段階での障害者年金の不服申し立てで決定が覆るのは6%(14年度)だそうです。 社会保険審査会段階で

続きを見る

バイアスピリンで大腸がん予防、大阪府立成人病医療センター

アスピリンはバイエル薬品が1899年に発売した、鎮痛剤、解熱剤、抗炎症剤。 バイアスピリンは医師の処方が必要な血液をサラサラにする薬。 血の塊が血管に詰まる脳梗塞や心筋梗塞の治療用の服用薬。

続きを見る

息子の不眠、幻聴、異常行動は統合失調症だった

精神疾患の早期診断は医師でさえ難しいが、早期で診断し治療をスタートさせればよくなる確立はもちろん、社会復帰も十分視野に入れることが可能となる。 そこでもっとも重要なのが家族のサポートです。 例

続きを見る

遺伝性の病気先天的な骨の異常で出産直後に死亡する病名が変更

致死性骨異形成症の病名が変更と読売新聞に書いてました。 先天的な骨の異常で出産直後に死亡するとされてきた「致死性骨異形成症」について 日本整形外科学会は、病名を「タナトフォリック骨異形成症」(th

続きを見る

播種性血管内凝固症候群という病気、症状、原因、検査

播種性血管内凝固症候群はんしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐんはどんな病気? 英語ではdisseminated intravascular coagulation syndrome、DICと言

続きを見る

OD錠とは水なしで飲める唾液で溶ける薬

ジェネリックとは特許切れの後発薬のこと。 新薬になかった工夫ができるのが特徴。 先発品にない付加価値をつけることができる。 高齢になると飲み力が弱くなり、大量に飲む人がいる。 高齢者に飲み

続きを見る

女性の薄毛と隠し方はカーラーで巻く

女性の薄毛は頭頂部を中心に頭髪全体が薄くなるのが特徴。 男性型脱毛症の要因は男性ホルモンや遺伝子が関与していることなどがわかっていることに対し、女性の薄毛の要因はまだよくわかっていない。 女性

続きを見る

うつ病、双極性障害、薬の妊娠中の服用

お腹の赤ちゃんに影響がないだろうか… 東京都の主婦39歳は昨年5月に妊娠が分かり不安になった。 35歳で結婚後、そう状態とうつ状態を繰り返す双極性障害と診断され、薬を飲んでいたからだ。 かかりつ

続きを見る

脂肪肝の原因はミンクル?脂肪組織繊維化の鍵分子

脂肪にはいくつかの種類があり、腹部の筋肉の外側にあってつまむことができるのが皮下脂肪であり、大腸や小腸の周りについているのが内臓脂肪。 皮下脂肪や内臓脂肪の貯蔵量が限度を越えると、毒性の高い「異所性

続きを見る

ズーノーシスの例の病名、妊婦や子供も注意

産経新聞で天王寺動物園が紹介されていた。 「ヒツジ大きくて怖い!」「こっちにおいで、エサがあるよ」 大阪市天王寺区の天王寺動物園。 羊やヤギにエサをやり体験ができるコーナーでは子供たちが歓声を上

続きを見る

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

→もっと見る

PAGE TOP ↑