メタボ遺伝子ARIAの薬が開発されれば血管脂肪燃焼促進蓄積しにくい

公開日: : 読売新聞、産経新聞の医療欄

メタボ遺伝子を解明で肥満治療の応用が期待されている。
京都府立医科大学の池田宏二助教授、循環器内科のグループは、
特定の遺伝子に肥満を促進する働きがあることを明らかにしたと発表した。

この働きを抑える事で、肥満やメタボ症候群の治療に繋がる可能性があるという。
英科学雑誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に11日掲載される。

池田助教授らは、血管の細胞を死なせるなどの性質をもつ遺伝子「ARIA」が働かないようにしたマウス24匹を使って実験。
脂肪分を多く含むえさを与えて通常のマウス35匹と比較した所、ARIAが働かないマウスでは体重の増加が少なかった。
実験開始から14週間後では、通常のマウスに比べて脂肪組織の重さが3分の1程度だったという。

ARIAが働かないマウスは脂肪組織で新しい血管が作られやすく、
脂肪の燃焼が促進されるため蓄積しにくいと考えられる。

池田助教授は、人間も同様の仕組みを持っていると見ており、
大昔はARIAが無駄なエネルギー消費を抑えて脂肪を溜め込む機能を担っていたとみられるが、
現代の人間にとっては肥満を加速させる要素になっている。と説明。

未来、メタボ遺伝子ARIA活動の阻害薬が出るかも

ARIAの働きを妨げる薬剤が開発されれば
メタボリック症候群などの治療に役立つだろうとしている。

1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?
1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?

原因不明のめまいとは、 微量の耳石が剥がれるなど画像に移らないと

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

→もっと見る

PAGE TOP ↑