メタボ遺伝子ARIAの薬が開発されれば血管脂肪燃焼促進蓄積しにくい

公開日: : 読売新聞、産経新聞の医療欄

メタボ遺伝子を解明で肥満治療の応用が期待されている。
京都府立医科大学の池田宏二助教授、循環器内科のグループは、
特定の遺伝子に肥満を促進する働きがあることを明らかにしたと発表した。

この働きを抑える事で、肥満やメタボ症候群の治療に繋がる可能性があるという。
英科学雑誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に11日掲載される。

池田助教授らは、血管の細胞を死なせるなどの性質をもつ遺伝子「ARIA」が働かないようにしたマウス24匹を使って実験。
脂肪分を多く含むえさを与えて通常のマウス35匹と比較した所、ARIAが働かないマウスでは体重の増加が少なかった。
実験開始から14週間後では、通常のマウスに比べて脂肪組織の重さが3分の1程度だったという。

ARIAが働かないマウスは脂肪組織で新しい血管が作られやすく、
脂肪の燃焼が促進されるため蓄積しにくいと考えられる。

池田助教授は、人間も同様の仕組みを持っていると見ており、
大昔はARIAが無駄なエネルギー消費を抑えて脂肪を溜め込む機能を担っていたとみられるが、
現代の人間にとっては肥満を加速させる要素になっている。と説明。

未来、メタボ遺伝子ARIA活動の阻害薬が出るかも

ARIAの働きを妨げる薬剤が開発されれば
メタボリック症候群などの治療に役立つだろうとしている。

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑