メタボ遺伝子ARIAの薬が開発されれば血管脂肪燃焼促進蓄積しにくい

公開日: : 読売新聞、産経新聞の医療欄

メタボ遺伝子を解明で肥満治療の応用が期待されている。
京都府立医科大学の池田宏二助教授、循環器内科のグループは、
特定の遺伝子に肥満を促進する働きがあることを明らかにしたと発表した。

この働きを抑える事で、肥満やメタボ症候群の治療に繋がる可能性があるという。
英科学雑誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に11日掲載される。

池田助教授らは、血管の細胞を死なせるなどの性質をもつ遺伝子「ARIA」が働かないようにしたマウス24匹を使って実験。
脂肪分を多く含むえさを与えて通常のマウス35匹と比較した所、ARIAが働かないマウスでは体重の増加が少なかった。
実験開始から14週間後では、通常のマウスに比べて脂肪組織の重さが3分の1程度だったという。

ARIAが働かないマウスは脂肪組織で新しい血管が作られやすく、
脂肪の燃焼が促進されるため蓄積しにくいと考えられる。

池田助教授は、人間も同様の仕組みを持っていると見ており、
大昔はARIAが無駄なエネルギー消費を抑えて脂肪を溜め込む機能を担っていたとみられるが、
現代の人間にとっては肥満を加速させる要素になっている。と説明。

未来、メタボ遺伝子ARIA活動の阻害薬が出るかも

ARIAの働きを妨げる薬剤が開発されれば
メタボリック症候群などの治療に役立つだろうとしている。

関連記事

no image

日本人の身長が低くなった原因は低体重児(新生児)

平成30年2月20日火曜日の産経新聞生活

記事を読む

no image

うつ病、双極性障害、薬の妊娠中の服用

お腹の赤ちゃんに影響がないだろうか…

記事を読む

no image

病院でイソジンのみ処方は実費で薬局のほうが安い

うがい薬のみ処方H26.4月から保険適用

記事を読む

no image

アイドルは小頭症かというほど顔が小さい。PQBP1という遺伝子の異常

冒頭から話は変わりますが、最近のアイドル

記事を読む

no image

30代の働き盛りに多い脱法ドラッグ中毒

脱法ドラッグ関連事件の摘発は急増している

記事を読む

no image

ズーノーシスの例の病名、妊婦や子供も注意

産経新聞で天王寺動物園が紹介されていた。

記事を読む

no image

子宮頸がんウイルスHPVが経膣エコーに付着するらしい

子宮頸がんの主な原因となる「ヒトパピロー

記事を読む

no image

アル中の酒を飲みたくなくなる薬が登場

アルコール依存症(アル中)に新薬が登場と

記事を読む

no image

脱法ドラッグは安い、逮捕されない、覚えていない。依存は強い

脱法ドラッグとは危険ドラッグと言い、幻覚

記事を読む

no image

角膜の再生医療は2,3年で再び濁る 口の粘膜細胞 血管

角膜は再生しない器官で、治療は移植しかな

記事を読む

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

→もっと見る

PAGE TOP ↑