メタボ遺伝子ARIAの薬が開発されれば血管脂肪燃焼促進蓄積しにくい

公開日: : 読売新聞、産経新聞の医療欄

メタボ遺伝子を解明で肥満治療の応用が期待されている。
京都府立医科大学の池田宏二助教授、循環器内科のグループは、
特定の遺伝子に肥満を促進する働きがあることを明らかにしたと発表した。

この働きを抑える事で、肥満やメタボ症候群の治療に繋がる可能性があるという。
英科学雑誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に11日掲載される。

池田助教授らは、血管の細胞を死なせるなどの性質をもつ遺伝子「ARIA」が働かないようにしたマウス24匹を使って実験。
脂肪分を多く含むえさを与えて通常のマウス35匹と比較した所、ARIAが働かないマウスでは体重の増加が少なかった。
実験開始から14週間後では、通常のマウスに比べて脂肪組織の重さが3分の1程度だったという。

ARIAが働かないマウスは脂肪組織で新しい血管が作られやすく、
脂肪の燃焼が促進されるため蓄積しにくいと考えられる。

池田助教授は、人間も同様の仕組みを持っていると見ており、
大昔はARIAが無駄なエネルギー消費を抑えて脂肪を溜め込む機能を担っていたとみられるが、
現代の人間にとっては肥満を加速させる要素になっている。と説明。

未来、メタボ遺伝子ARIA活動の阻害薬が出るかも

ARIAの働きを妨げる薬剤が開発されれば
メタボリック症候群などの治療に役立つだろうとしている。

関連記事

no image

息子の不眠、幻聴、異常行動は統合失調症だった

精神疾患の早期診断は医師でさえ難しいが、

記事を読む

no image

右乳癌で温存手術ホルモン受容体はER,PgR,HER2ともに陽性硬癌で悪性度は3

悩み 43歳の女性、右乳癌で温存手

記事を読む

no image

癌の診断、宣告、告知後1年以内の自殺と事故死の危険大

平成26年5月27日の産経新聞の医療欄で

記事を読む

no image

汗によるかゆみあせもは治るが、接触性皮膚炎は悪化する場合がある

蒸し暑い梅雨の時期から夏にかけては毎年汗

記事を読む

no image

脂肪肝の原因はミンクル?脂肪組織繊維化の鍵分子

脂肪にはいくつかの種類があり、腹部の筋肉

記事を読む

no image

がん検診の要精密検査はお金がかかる、受診率を上げるには?

個人的な意見から始めてみました。 便に

記事を読む

no image

遺伝性の病気先天的な骨の異常で出産直後に死亡する病名が変更

致死性骨異形成症の病名が変更と読売新聞に

記事を読む

no image

便秘の簡単解消なら植物繊維と水分と運動に妥協すること

高齢になると、食事量や運動量などが減るこ

記事を読む

no image

血液で癌を予測,AICS検診 胃 大腸 肺 乳 子宮 卵巣 前立腺

食品大手の味の素が開発した、「アミノイン

記事を読む

no image

納豆アレルギーはマリンスポーツ愛好者に多い?

発酵食品の納豆は、食べて半日たってから全

記事を読む

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑