汗によるかゆみあせもは治るが、接触性皮膚炎は悪化する場合がある

公開日: : 読売新聞、産経新聞の医療欄

蒸し暑い梅雨の時期から夏にかけては毎年汗による激しいかゆみ、あかみなどの肌のトラブルに悩まされる人が多い。
しかしかきむしってしまうと、症状を悪化させ、痕にもなりやすい。専門家に対処法を聞いたという、産経新聞医療欄より。

あせもと接触性皮膚炎との違い

東京都中央区、よしき皮膚科クリニック銀座によると、
この季節、汗によるかゆみなどの肌トラブルを訴える患者が多く訪れる。
吉田伸子院長は、かゆみの原因はあせもである事が多い。
しかし、汗も以外に汗による接触性皮膚炎のケースも目立っていると。

【RCP】おむつかぶれ・あせも・湿疹に!ポリベビー 30g 【第3類医薬品】

価格:532円
(2013/7/3 11:05時点)
感想(38件)

あせもの発症は汗腺が詰まり皮膚の下に汗が溜まる

あせもはスポーツなどで急激に大量の汗をかくことで汗腺が詰まり、皮膚の下に汗が溜まって発症します。
大人に比べて体温が高く、発汗しやすい子供に多く見られ、できやすいのは首や肘の内側、膝の内側など。

接触性皮膚炎は汗の皮膚かぶれ

一方、汗による接触性皮膚炎は服などで密閉された体の一部に汗がたまって現れるかぶれのこと。
症状は皮膚の赤み、ざらつき、ポツポツとした湿疹など。
激しいかゆみの為、仕事などに集中できない人もいる。
女性の場合、蒸れやすいデリケートエリア(陰部)に接触性皮膚炎を起こしているケースもあるという。

特に40代以上になると皮膚が薄く弱くなり、汗に含まれる塩分などの成分が刺激になり、かゆみやかぶれが出やすくなる傾向がある。

ユースキン あせもクリーム 32g[ユースキン 皮膚の薬/あせも/クリーム ケンコーコム]【第3類医薬品】

価格:651円
(2013/7/3 11:05時点)
感想(21件)

かかない蒸れないようにする

あせもも汗による接触性皮膚炎も予防の基本は蒸れないようにすることです。
そして通気性に気を配りましょう。
また、皮膚が乾燥していると汗の刺激でかゆみが出やすいので、
適度な保湿が必要。入浴後サラッとしたタイプの市販の保湿液を乾燥しやすい首や
おなかなどの部分につけると良いという。

また入浴時の洗いすぎにも注意する。
汗による接触性皮膚炎かゆみや赤みの症状がある場合、

入浴時に体を洗うときの注意点
(あせも、汗による接触性皮膚炎に共通)

1首から下は、頭や顔に比べて皮脂が少ないので毎日石鹸で洗うと洗いすぎになる。
逆にかゆみなどの原因になる。
そのため必ずしも全身を毎日石鹸で洗う必要はない。
乾燥しやすい人や60代以上の人は石鹸の使用は週3~4回に減らしてもいい。
汗の汚れは水溶性なので、石鹸を使わずに流すだけで落ちる。

2足の指の間と陰部だけは蒸れる部分の為、毎日石鹸で洗っても構わない。
また背中と胸の真ん中は皮脂が出る部分なのでニキビができやすい人などは石鹸で毎日洗うといい。

3石鹸は固形石鹸を使い、液体ボディーソープは津かなわない。

4浴用タオルは綿素材の普通のタオルを使い、ナイロンや麻などの硬いタオルを使わない。

首周りの肌トラブル男女とも6割以上です。
あせもや汗による肌荒れになりやすい場所。
一番多いのが首周り、背中、おなか周り。
女性ではひじの内側、胸周り、お尻、膝の裏側、わきの下、腕の順。

送料無料 シアクル ゲルクリーム 100g 背中ニキビケア 背中美白 アクネ菌・背中にきび対策 【100日間返金保証】 大人ニキビ あせも ジェル 【医薬部外品】SIAQL Gel Cream セナカ デコルテ ネック お尻にも【cosme_muryou】

価格:2,980円
(2013/7/3 11:05時点)
感想(654件)

あせもは治るが、接触性皮膚炎は悪化する場合がある

あせもの場合は、強いかゆみを伴う事は少なく、汗をかきすぎないように注意していればほおっておいても数日で治る事が多い。
接触性皮膚炎の場合は、かゆみが強いので、かいてしまって皮膚を傷めて、
細菌が入り込んで炎症を引き起こして悪化する場合がある。

かゆみが治まらなければ市販薬を塗るのも一案です。
それでも治まらない場合は、皮膚科での医師の診察を受ける事をおすすめします。

関連記事

no image

母乳にエイズウイルスHIVの感染力を失わせる働き

母乳に抗HIVタンパク。 母乳に含まれ

記事を読む

no image

角膜の再生医療は2,3年で再び濁る 口の粘膜細胞 血管

角膜は再生しない器官で、治療は移植しかな

記事を読む

no image

遺伝性の病気先天的な骨の異常で出産直後に死亡する病名が変更

致死性骨異形成症の病名が変更と読売新聞に

記事を読む

no image

乳がん全摘リンパ節転移2個放射線治療は行いません悩み

がん電話相談 産経新聞生活欄より 乳が

記事を読む

no image

アイドルは小頭症かというほど顔が小さい。PQBP1という遺伝子の異常

冒頭から話は変わりますが、最近のアイドル

記事を読む

no image

メタボ遺伝子ARIAの薬が開発されれば血管脂肪燃焼促進蓄積しにくい

メタボ遺伝子を解明で肥満治療の応用が期待

記事を読む

no image

脱法ドラッグは安い、逮捕されない、覚えていない。依存は強い

脱法ドラッグとは危険ドラッグと言い、幻覚

記事を読む

no image

海外旅行ワクチンの接種回数、有効期間、感染病リスト

日本人の海外旅行者が増える中、旅先での感

記事を読む

no image

糖尿病、高血圧、気楽にやればいいが50%以上

深刻度が低い高血圧患者という産経新聞の記

記事を読む

no image

30代の働き盛りに多い脱法ドラッグ中毒

脱法ドラッグ関連事件の摘発は急増している

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑