バイアスピリンで大腸がん予防、大阪府立成人病医療センター

公開日: : 読売新聞、産経新聞の医療欄

アスピリンはバイエル薬品が1899年に発売した、鎮痛剤、解熱剤、抗炎症剤。
バイアスピリンは医師の処方が必要な血液をサラサラにする薬。
血の塊が血管に詰まる脳梗塞や心筋梗塞の治療用の服用薬。

4年間毎日一錠服用で薬が飲まない人との差をこれから臨床試験するそうです。

大腸がんを予防する詳しい理由はわからないが、バイアスピリンにはがんの原因となる臓器の炎症を抑える効果があり、
これが大腸がん予防につながっている可能性がある。
チームはポリープが多発する家族性大腸線種症などの希少難病への応用も目指したいと話す。

値段の安いバイアスピリンで予防できるとすれば医療費は削減

大腸がんは食生活の欧米化によって患者数が急増している。
バイアスピリンを使った試験で予防効果が確認できれば、大きな朗報となる。
大腸がんになってからだと高額な医療費がかかる。
値段の安いバイアスピリンで予防できるとすれば医療費は削減できるはずだ。

しかし、現状の国民保険や社会保険の制度からすれば、予防投薬は保険外になる。
今回の臨床試験を機に、予防医療の保険適用について、国や医療関係者で議論を進めてもらいたいとしている。

大腸がんは初期なら手術無しで治す、生存率が高い癌
椅子に座る時間が長いと大腸がんになる
アメリカ大腸内視鏡検診で死亡率激減、日本は便検査のみ

でも、すでにバイアスピリンを飲んでいる人で、大腸ポリープを患っている人の集計もした方が速くわかるのではないかとも思うが。
(バイアスピリンは心臓弁や脳梗塞、心房細動などなどの合併症予防で処方されている人が大量にいるではないか。)

研究をしているのは国立がん研究センターや、大阪府立成人病医療センターなど全国20施設。

癌というのは「慢性炎症」の一種かもしれない

内臓が炎症を起こす

細胞が死にまくり 再生しまくる

たくさん再生する中でがん細胞が発生
--------------------
内臓が炎症を起こす

アスピリンで炎症を早期に治す

死ぬ細胞が少ない・再生も少ない(がん細胞できにくい)

つまり、癌というのは「慢性炎症」の一種かもしれない。

関連記事

no image

糖尿病、高血圧、気楽にやればいいが50%以上

深刻度が低い高血圧患者という産経新聞の記

記事を読む

no image

汗によるかゆみあせもは治るが、接触性皮膚炎は悪化する場合がある

蒸し暑い梅雨の時期から夏にかけては毎年汗

記事を読む

no image

母乳にエイズウイルスHIVの感染力を失わせる働き

母乳に抗HIVタンパク。 母乳に含まれ

記事を読む

no image

働きながらがん治療は32万5000人

働きながらがん治療を受けている人は全国で

記事を読む

no image

甲状腺は内科整形外科精神科皮膚科産婦人科で誤診されやすい

甲状腺機能低下症の主な症状 便秘、体重

記事を読む

no image

遺伝性の病気先天的な骨の異常で出産直後に死亡する病名が変更

致死性骨異形成症の病名が変更と読売新聞に

記事を読む

no image

低血糖起こりにくいエクア錠インクレチン関連薬の効果・副作用

エクア錠やジャヌビア錠という最近よく病院

記事を読む

no image

生理痛冷え性腰痛むくみと体の中から温め方

生理痛や腰痛を悪化させたりむくみの原因に

記事を読む

no image

脂肪肝の原因はミンクル?脂肪組織繊維化の鍵分子

脂肪にはいくつかの種類があり、腹部の筋肉

記事を読む

no image

脱法ドラッグは安い、逮捕されない、覚えていない。依存は強い

脱法ドラッグとは危険ドラッグと言い、幻覚

記事を読む

no image
子供の記憶力とやる気が上がる七田チャイルドアカデミー

子供の記憶力が上がるツボで、七田チャイルドアカデミーが紹介されていた。

尿路結石をバスケットカテーテルでつまみだす
尿路結石になりやすいSEや建築現場、営業マン、運転手

尿路結石について。 尿路とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道が含まれてい

no image
子宮頸がん0期の手術後再発する確率6%

37歳の女性です。 3年半前、子宮頚部上皮内がん(0期がん)で円錐切

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない
親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

家で親を介護するものにとって一番大変なのが排泄ケア。 おむつをつける

no image
絹ごし豆腐より木綿の方がマグネシウムが多い

豆腐の高血圧予防改善効果が武の健康番組でやっていました。 豆腐に

→もっと見る

PAGE TOP ↑