バイアスピリンで大腸がん予防、大阪府立成人病医療センター

公開日: : 読売新聞、産経新聞の医療欄

アスピリンはバイエル薬品が1899年に発売した、鎮痛剤、解熱剤、抗炎症剤。
バイアスピリンは医師の処方が必要な血液をサラサラにする薬。
血の塊が血管に詰まる脳梗塞や心筋梗塞の治療用の服用薬。

4年間毎日一錠服用で薬が飲まない人との差をこれから臨床試験するそうです。

大腸がんを予防する詳しい理由はわからないが、バイアスピリンにはがんの原因となる臓器の炎症を抑える効果があり、
これが大腸がん予防につながっている可能性がある。
チームはポリープが多発する家族性大腸線種症などの希少難病への応用も目指したいと話す。

値段の安いバイアスピリンで予防できるとすれば医療費は削減

大腸がんは食生活の欧米化によって患者数が急増している。
バイアスピリンを使った試験で予防効果が確認できれば、大きな朗報となる。
大腸がんになってからだと高額な医療費がかかる。
値段の安いバイアスピリンで予防できるとすれば医療費は削減できるはずだ。

しかし、現状の国民保険や社会保険の制度からすれば、予防投薬は保険外になる。
今回の臨床試験を機に、予防医療の保険適用について、国や医療関係者で議論を進めてもらいたいとしている。

大腸がんは初期なら手術無しで治す、生存率が高い癌
椅子に座る時間が長いと大腸がんになる
アメリカ大腸内視鏡検診で死亡率激減、日本は便検査のみ

でも、すでにバイアスピリンを飲んでいる人で、大腸ポリープを患っている人の集計もした方が速くわかるのではないかとも思うが。
(バイアスピリンは心臓弁や脳梗塞、心房細動などなどの合併症予防で処方されている人が大量にいるではないか。)

研究をしているのは国立がん研究センターや、大阪府立成人病医療センターなど全国20施設。

癌というのは「慢性炎症」の一種かもしれない

内臓が炎症を起こす

細胞が死にまくり 再生しまくる

たくさん再生する中でがん細胞が発生
--------------------
内臓が炎症を起こす

アスピリンで炎症を早期に治す

死ぬ細胞が少ない・再生も少ない(がん細胞できにくい)

つまり、癌というのは「慢性炎症」の一種かもしれない。

関連記事

no image

角膜の再生医療は2,3年で再び濁る 口の粘膜細胞 血管

角膜は再生しない器官で、治療は移植しかな

記事を読む

no image

小学校高学年から高校生の成長期 身長の伸びとスポーツ障害

成長期に起きやすいスポーツ障害。 小学

記事を読む

no image

精神安定剤の副作用で甲状腺機能低下症

甲状腺が炎症を起す橋本病と昨年8月に診断

記事を読む

no image

アル中の酒を飲みたくなくなる薬が登場

アルコール依存症(アル中)に新薬が登場と

記事を読む

no image

腸の老化と便秘、腸から脳へ指令

あなたのお肌はきれいですか? 昔からよ

記事を読む

no image

母乳にエイズウイルスHIVの感染力を失わせる働き

母乳に抗HIVタンパク。 母乳に含まれ

記事を読む

no image

ズーノーシスの例の病名、妊婦や子供も注意

産経新聞で天王寺動物園が紹介されていた。

記事を読む

no image

納豆アレルギーはマリンスポーツ愛好者に多い?

発酵食品の納豆は、食べて半日たってから全

記事を読む

no image

働きながらがん治療は32万5000人

働きながらがん治療を受けている人は全国で

記事を読む

no image

体臭、口臭、フケは満員電車やエレベーターの中で突然襲ってくる

同僚にどうにかしてほしいことトップ5

記事を読む

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑