脱法ドラッグは安い、逮捕されない、覚えていない。依存は強い

公開日: : 読売新聞、産経新聞の医療欄

脱法ドラッグとは危険ドラッグと言い、幻覚、興奮作用をを引き起こす化学物質が含まれ、乾燥した植物に化学物質を吹き付けた「ハーブ」、液体に溶かした「リキッド」、粉末状の「パウダー」などがある。
「脱法ハーブ」「合法ドラッグ」などとも呼ばれていたが、H26.7に警察庁と厚生労働省は危険ドラッグと名付けた。

脱法ドラッグの恐ろしさは、どんな成分が入っているかわからない点

危険ドラッグの患者が目立ち始めたのは2012年3月ごろ。
興奮や手の震え、意識混濁など覚せい剤だけでなく、大麻、アルコール依存症にも似た症状。
当時は専門病院でも、どんな成分が入っているかわからないため手探り状態だったらしい。
さらに特徴的なのが使用時の記憶がないこと。

ネットカフェでハーブを吸った男性は、壁をめちゃくちゃに壊して警察に通報されたが何も覚えていなかった。
覚せい剤ならば自分の行動を覚えていることが多く、『二度と同じ過ちを繰り返さない』と振り返ることができるが、危険ドラッグは違う。

脱法ドラッグは安い、逮捕されない、覚えていない

の三拍子がそろっており、依存性は覚せい剤よりも強い。
脱法ドラッグの成分には覚せい剤よりも強い毒性を持つものがあり、死に至る可能性もある。

覚せい剤の場合、逮捕されると家族や社会との関係が断たれ、再び手を出すケースが多い一方、脱法ドラッグは使用して間もない人が多く、回復に必要な家族らの支えが期待できる。

アルコール依存症、飲み会などでの泥酔でも忘れてしまう事がある。
忘れてしまうことというのは依存性の高い薬物を断つに難しい理由の一つになっているようです。

大阪府立精神医療センターの回復支援が紹介されていました。
読売新聞26年10月12日のくらし欄より抜粋

関連記事

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑