低血糖起こりにくいエクア錠インクレチン関連薬の効果・副作用

公開日: : 読売新聞、産経新聞の医療欄

エクア錠やジャヌビア錠という最近よく病院で処方する薬があります。
糖尿病になると、すい臓で作られるインスリンが不足したりうまくはたらかなくなったりし、
血中のブドウ糖が細胞に取り込まれなくなり血糖値が高くなります。
空腹時の血糖値で126を超えるようになれば糖尿病と診断されます。

慢性化すると血管や神経がダメージを受け神経障害や網膜症、腎症といった様々な合併症が引き起こされます。
日本人の糖尿病で約95%が2型です。2型とは、体質に加えて肥満や運動不足が主な原因です。
まずは病院に行き、食事療法、運動療法に取り組みますが、それでも血糖値が下がらなければ基本的に飲み薬からスタートします。

従来葉膵臓のインスリン分泌を促すスルホニル尿素薬(SU薬)、例えばアマリール、グリメピリドがよく使われましたが、
清野裕、日本糖尿病境界理事長は服用量が不十分だと食後の血糖値が上昇する。
厳重にコントロールしようとすると空腹時に低血糖になる恐れもあったと指摘する。
薬が効きすぎると低血糖状態になり体の震えや発汗、意識消失などの発作を起す恐れがあった。

インクレチン関連薬の臨床 [ 鈴木吉彦 ]

価格:2,940円
(2013/8/3 23:34時点)
感想(1件)

低血糖を抑える薬、エクア錠インクレチン関連薬の効果・副作用

低血糖の発祥は個人差があるが、70以下になると発作のリスクがあるという。
50~30以下になれば意識障害の危険性もあり、低血糖が起こりにくい薬として2009年末から発売された飲み薬が、
エクア錠などのインクレチン関連薬です。

インクレチンは、膵臓のインスリン分泌を促すホルモンで血糖が上昇したときに腸管で生成されます。
関連薬は、血糖上昇時にインクレチンの作用を高め、血糖が下がればインクレチンの作用葉減るので、
血糖が上がったときにタイミングよくインスリン分泌を促す効果があると説明する。

糖尿病患者に急速に広がり、半数がこの薬を使用していると言う。

2013年7年28日の読売新聞のくらし健康欄でお勉強です。

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑