がん検診の要精密検査はお金がかかる、受診率を上げるには?

公開日: : 最終更新日:2014/09/27 読売新聞、産経新聞の医療欄

個人的な意見から始めてみました。
便に血が混じっているだけで大腸検査、胃バリウムから胃カメラ、高血圧140以上で生活習慣病指導を飛び越え高血圧薬。
レントゲン異常の場合は、CTかMRI。
などなど、お金のかかることばかりで、1回検診結果陽性でこれを経験した人は、2回目、3回目とはじかれる検診で同じ苦痛を味わうわけで、嫌なのもわかるという印象。
費用軽減と体の負担軽減があればもっと受診率は上がるでしょう。

がん検診の要精密検査で受診は63%~84%

市町村が行うがん検診で、「精密検査が必要」と判断された人のうち、
精密検査を受けたことが確認できた人の割合(受診率)は、
大腸がんで63%、子宮頸がんで68%にとどまることが厚生労働省の調査で分かった。
厚労省は「がん検診の受診率は伸びているが、検診を受けても結果が放置されていては意味がない」
として、精密検査の重要性を呼びかける方針だ。

厚労省によると、2011年度に全国の市町村が行うがん検診(乳、子宮頚部、大腸、胃、肺)を受診したのは、延べ約2600万人だった。
このうち「要精密検査」と判定されたのは、延べ約140万人だった。
判定後の精密検査の受診率は、乳84%、胃81%、肺78%、子宮頚部68%、大腸63%だった。

検診年齢が低いほど受診率が低い

この受診率は都道府県間の差も大きかった。
たとえば、子宮頸がんは宮崎県が95%だったのに対して、最下位の北海道、岡山県は39%だった。

厚労省では「大腸がんでは便に混じった血を痔のせいだと自己判断する例があるほか、
子宮頸がんでは、検診対象が20歳以上とほかの癌(40歳以上)より若く認識区が薄い可能性がある。
都道府県間の格差についても用意を分析し対策を検討したい」としている。

H26/9/7読売新聞より

関連記事

no image

脂肪肝の原因はミンクル?脂肪組織繊維化の鍵分子

脂肪にはいくつかの種類があり、腹部の筋肉

記事を読む

no image

息子の不眠、幻聴、異常行動は統合失調症だった

精神疾患の早期診断は医師でさえ難しいが、

記事を読む

no image

低血糖起こりにくいエクア錠インクレチン関連薬の効果・副作用

エクア錠やジャヌビア錠という最近よく病院

記事を読む

no image

ズーノーシスの例の病名、妊婦や子供も注意

産経新聞で天王寺動物園が紹介されていた。

記事を読む

no image

播種性血管内凝固症候群という病気、症状、原因、検査

播種性血管内凝固症候群はんしゅせいけっか

記事を読む

no image

働きながらがん治療は32万5000人

働きながらがん治療を受けている人は全国で

記事を読む

no image

30代の働き盛りに多い脱法ドラッグ中毒

脱法ドラッグ関連事件の摘発は急増している

記事を読む

no image

生理痛冷え性腰痛むくみと体の中から温め方

生理痛や腰痛を悪化させたりむくみの原因に

記事を読む

no image

メタボ遺伝子ARIAの薬が開発されれば血管脂肪燃焼促進蓄積しにくい

メタボ遺伝子を解明で肥満治療の応用が期待

記事を読む

no image

体臭、口臭、フケは満員電車やエレベーターの中で突然襲ってくる

同僚にどうにかしてほしいことトップ5

記事を読む

no image
子供の記憶力とやる気が上がる七田チャイルドアカデミー

子供の記憶力が上がるツボで、七田チャイルドアカデミーが紹介されていた。

尿路結石をバスケットカテーテルでつまみだす
尿路結石になりやすいSEや建築現場、営業マン、運転手

尿路結石について。 尿路とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道が含まれてい

no image
子宮頸がん0期の手術後再発する確率6%

37歳の女性です。 3年半前、子宮頚部上皮内がん(0期がん)で円錐切

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない
親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

家で親を介護するものにとって一番大変なのが排泄ケア。 おむつをつける

no image
絹ごし豆腐より木綿の方がマグネシウムが多い

豆腐の高血圧予防改善効果が武の健康番組でやっていました。 豆腐に

→もっと見る

PAGE TOP ↑