病院でイソジンのみ処方は実費で薬局のほうが安い

公開日: : 最終更新日:2015/09/20 読売新聞、産経新聞の医療欄

うがい薬のみ処方H26.4月から保険適用外の厚生労働省方針だそうですね。
4月の診療報酬改定で、厚生労働省は、医療機関でうがい薬だけを処方する場合、薬代や処方せん料などの医療費を保険適用しない方針にしたそうです。
風邪などでうがい薬しか処方されない軽症であれば、受診する必要性に乏しく、保険適用ではないと判断したそうで、不要な医療費を抑え、国の医療費支出が年間61億円削減できると見込んでいる。

医療機関を受診し、うがい薬を処方された場合、薬代のほかに診療費として初診料(2700円)や処方せん料(680円)、調剤基本料(400円)など計4000円かかる。
現在は保険が適応され、患者負担は1~3割で済むが、4月以降はうがい薬代や処方せん料、調剤基本料など
薬にかかわる全額を患者が自己負担する。初診料については保険が使える。

ですから、3割なら約800円+650円(イソジン+投薬料)=1450円ぐらいが患者負担で、薬局で安いイソジンの薬を買ったほうが安くなります。

イソジンうがい薬 500ml/イソジン/口中薬/うがい薬/送料無料【第3類医薬品】イソジンうがい薬 5…

ただし、うがい薬と一緒に他の風邪薬なども処方された場合は現在と同様すべて保険適応になる。

私の経験の中では高齢者のかかりつけ患者ではイソジンのみの処方はありえたと思います。
費用効果はやはり受診抑制ですね。(軽い風邪程度で病院の受診を控えることでの効果)
ただのうがい薬を保険適応にするだけで年間61億円削減できるって、医療がどれぐらい金食い虫かわかります。

一般企業は、売り上げを上げていき、シェアを増やしていくのが目標かもしれませんが、医療は財源が国も含めるので、病院が売り上げを上げていきシェアを増やすと国の財政の圧迫に繋がります。
医者になり、医師会を運営するような賢い人たちは、今の時代一番お金を取れるのは国と考えているからでしょう。
国民皆保険制度を利用した病院ですが、そのおかげで医療はだれでも受けれることに繋がっている。

関連記事

no image

精神安定剤の副作用で甲状腺機能低下症

甲状腺が炎症を起す橋本病と昨年8月に診断

記事を読む

no image

遺伝性の病気先天的な骨の異常で出産直後に死亡する病名が変更

致死性骨異形成症の病名が変更と読売新聞に

記事を読む

no image

子宮頸がんウイルスHPVが経膣エコーに付着するらしい

子宮頸がんの主な原因となる「ヒトパピロー

記事を読む

no image

角膜の再生医療は2,3年で再び濁る 口の粘膜細胞 血管

角膜は再生しない器官で、治療は移植しかな

記事を読む

no image

息子の不眠、幻聴、異常行動は統合失調症だった

精神疾患の早期診断は医師でさえ難しいが、

記事を読む

no image

納豆アレルギーはマリンスポーツ愛好者に多い?

発酵食品の納豆は、食べて半日たってから全

記事を読む

no image

乳がん全摘リンパ節転移2個放射線治療は行いません悩み

がん電話相談 産経新聞生活欄より 乳が

記事を読む

no image

OD錠とは水なしで飲める唾液で溶ける薬

ジェネリックとは特許切れの後発薬のこと。

記事を読む

no image

ズーノーシスの例の病名、妊婦や子供も注意

産経新聞で天王寺動物園が紹介されていた。

記事を読む

no image

生理痛冷え性腰痛むくみと体の中から温め方

生理痛や腰痛を悪化させたりむくみの原因に

記事を読む

no image
ジョガーズフットのICD10はない

ジョガーズフットのICD10はない 同義語 足神経炎 とかになるけ

no image
注射とHIF-PH阻害薬院外処方どっちが赤字?

人工腎臓でHIF-PH阻害薬を院外処方箋すると人工腎臓の金額が下がる。

no image
実際の現場対応。他の感染症と診断して新型コロナ疑いを消す

新型コロナウイルス疑いの実際の現場対応はこんな感じ。 保健所はま

動悸のナツメグ中毒 5g以上で危険
約8時間後に嘔吐、震え、幻覚症状、興奮、動悸のナツメグ中毒

ナツメグはニクズクの種子を乾燥させたもの。 一度に大量に摂取すると、

水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?
水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?

前回の記事に続き、めまいが簡単に治る方法です。 まっすぐ歩けない

→もっと見る

PAGE TOP ↑