病院でイソジンのみ処方は実費で薬局のほうが安い

公開日: : 最終更新日:2015/09/20 読売新聞、産経新聞の医療欄

うがい薬のみ処方H26.4月から保険適用外の厚生労働省方針だそうですね。
4月の診療報酬改定で、厚生労働省は、医療機関でうがい薬だけを処方する場合、薬代や処方せん料などの医療費を保険適用しない方針にしたそうです。
風邪などでうがい薬しか処方されない軽症であれば、受診する必要性に乏しく、保険適用ではないと判断したそうで、不要な医療費を抑え、国の医療費支出が年間61億円削減できると見込んでいる。

医療機関を受診し、うがい薬を処方された場合、薬代のほかに診療費として初診料(2700円)や処方せん料(680円)、調剤基本料(400円)など計4000円かかる。
現在は保険が適応され、患者負担は1~3割で済むが、4月以降はうがい薬代や処方せん料、調剤基本料など
薬にかかわる全額を患者が自己負担する。初診料については保険が使える。

ですから、3割なら約800円+650円(イソジン+投薬料)=1450円ぐらいが患者負担で、薬局で安いイソジンの薬を買ったほうが安くなります。

イソジンうがい薬 500ml/イソジン/口中薬/うがい薬/送料無料【第3類医薬品】イソジンうがい薬 5…

ただし、うがい薬と一緒に他の風邪薬なども処方された場合は現在と同様すべて保険適応になる。

私の経験の中では高齢者のかかりつけ患者ではイソジンのみの処方はありえたと思います。
費用効果はやはり受診抑制ですね。(軽い風邪程度で病院の受診を控えることでの効果)
ただのうがい薬を保険適応にするだけで年間61億円削減できるって、医療がどれぐらい金食い虫かわかります。

一般企業は、売り上げを上げていき、シェアを増やしていくのが目標かもしれませんが、医療は財源が国も含めるので、病院が売り上げを上げていきシェアを増やすと国の財政の圧迫に繋がります。
医者になり、医師会を運営するような賢い人たちは、今の時代一番お金を取れるのは国と考えているからでしょう。
国民皆保険制度を利用した病院ですが、そのおかげで医療はだれでも受けれることに繋がっている。

関連記事

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯
足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯

体のむくみの原因は塩分。 塩分が多いと血液の塩分濃度を減らすため

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン
トライエージ+で医者が警察を呼び、結果帰宅になった話

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン 寝返りができない赤ちゃん

no image
手術後に再発した場合救済放射線治療の可能性は?

51才の男性です。 PSA4.4、前立腺生検12本中2本(左側のみ)

→もっと見る

PAGE TOP ↑