病院でイソジンのみ処方は実費で薬局のほうが安い

公開日: : 最終更新日:2015/09/20 読売新聞、産経新聞の医療欄

うがい薬のみ処方H26.4月から保険適用外の厚生労働省方針だそうですね。
4月の診療報酬改定で、厚生労働省は、医療機関でうがい薬だけを処方する場合、薬代や処方せん料などの医療費を保険適用しない方針にしたそうです。
風邪などでうがい薬しか処方されない軽症であれば、受診する必要性に乏しく、保険適用ではないと判断したそうで、不要な医療費を抑え、国の医療費支出が年間61億円削減できると見込んでいる。

医療機関を受診し、うがい薬を処方された場合、薬代のほかに診療費として初診料(2700円)や処方せん料(680円)、調剤基本料(400円)など計4000円かかる。
現在は保険が適応され、患者負担は1~3割で済むが、4月以降はうがい薬代や処方せん料、調剤基本料など
薬にかかわる全額を患者が自己負担する。初診料については保険が使える。

ですから、3割なら約800円+650円(イソジン+投薬料)=1450円ぐらいが患者負担で、薬局で安いイソジンの薬を買ったほうが安くなります。

イソジンうがい薬 500ml/イソジン/口中薬/うがい薬/送料無料【第3類医薬品】イソジンうがい薬 5…

ただし、うがい薬と一緒に他の風邪薬なども処方された場合は現在と同様すべて保険適応になる。

私の経験の中では高齢者のかかりつけ患者ではイソジンのみの処方はありえたと思います。
費用効果はやはり受診抑制ですね。(軽い風邪程度で病院の受診を控えることでの効果)
ただのうがい薬を保険適応にするだけで年間61億円削減できるって、医療がどれぐらい金食い虫かわかります。

一般企業は、売り上げを上げていき、シェアを増やしていくのが目標かもしれませんが、医療は財源が国も含めるので、病院が売り上げを上げていきシェアを増やすと国の財政の圧迫に繋がります。
医者になり、医師会を運営するような賢い人たちは、今の時代一番お金を取れるのは国と考えているからでしょう。
国民皆保険制度を利用した病院ですが、そのおかげで医療はだれでも受けれることに繋がっている。

関連記事

no image

バイアスピリンで大腸がん予防、大阪府立成人病医療センター

アスピリンはバイエル薬品が1899年に発

記事を読む

no image

OD錠とは水なしで飲める唾液で溶ける薬

ジェネリックとは特許切れの後発薬のこと。

記事を読む

no image

大腸がん肝転移、3度の肝切除を乗り越え完治

東京都内の会社役員だった60代男性は20

記事を読む

no image

血液で癌を予測,AICS検診 胃 大腸 肺 乳 子宮 卵巣 前立腺

食品大手の味の素が開発した、「アミノイン

記事を読む

睡眠時無呼吸、SAS、CRAPの値段と費用

睡眠時無呼吸、SAS、CRAPの値段と費用

女性もかかる睡眠時無呼吸症候群。 睡眠

記事を読む

no image

30代の働き盛りに多い脱法ドラッグ中毒

脱法ドラッグ関連事件の摘発は急増している

記事を読む

no image

ズーノーシスの例の病名、妊婦や子供も注意

産経新聞で天王寺動物園が紹介されていた。

記事を読む

no image

癌の診断、宣告、告知後1年以内の自殺と事故死の危険大

平成26年5月27日の産経新聞の医療欄で

記事を読む

no image

角膜の再生医療は2,3年で再び濁る 口の粘膜細胞 血管

角膜は再生しない器官で、治療は移植しかな

記事を読む

no image

障害者年金3級が不服で2級になった例

障害者年金の不服申し立てで決定が覆るのは

記事を読む

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑