女性の薄毛と隠し方はカーラーで巻く

公開日: : 読売新聞、産経新聞の医療欄

女性の薄毛は頭頂部を中心に頭髪全体が薄くなるのが特徴。
男性型脱毛症の要因は男性ホルモンや遺伝子が関与していることなどがわかっていることに対し、女性の薄毛の要因はまだよくわかっていない。

女性の薄毛の特徴

女性の薄毛は頭頂部を中心に髪が薄くなる「びまん性脱毛」が主な症状。
血流の低下が一因とされ、睡眠不足やストレス、加齢などにより頭皮が硬くなり、頭頂部まで栄養が届かなくなる。
激しいダイエットも血流低下を招くことがあるという。

女性の毛量の維持には女性ホルモンのひとつエストラジオールも関与しており、産後や更年期にホルモンバランスが乱れると抜け毛が増えやすくなる。
また、女性ホルモンが低下すると、うねりや乾燥が強くなり、髪はほそく切れやすくなる。
髪の健康のためにはバランスの取れた食事と睡眠、ストレスをためない生活が大事です。

更年期などで女性ホルモンが低下すると、男性型脱毛症が目立ち始めることもある。
治療としては男性と同様、血管拡張効果のある発毛成分「ミノキシジル」を含む外用薬が効果的だ。
ただ、男性が服用する、男性ホルモン阻害薬「フィナステリド」は妊娠中の女性が使うと胎児への副作用があることが知られているので女性には使用しない。

頭頂部の薄毛の隠し方はカーラーで巻く

女性の薄毛と隠し方はカーラーで巻くつむじから手前5センチの髪の根元を立ち上げる。
頭頂部から立ち上げたい髪の後ろからスプレーで吹きかけてカーラーで巻く。

ふんわりとした髪型にするだけで薄毛が目立ちにくくなり若返ることができる。
ボリュームを出したいときは、生え際から頭頂部に向かい、毛の向きとは逆にブラッシングします。
つむじから手前5センチの髪の根元を立ち上げるテクニックを身につけると髪形が綺麗に決まる。
盛るという感じですね。

シャンプーの後の髪の乾かし方にも正しい方法がある。
まずは、ドライヤーで後頭部から頭皮を乾かし、髪の内部に風を送る。
髪が8割程度乾いたら冷風にしてクールダウンさせる。
こうすることでふんわり自然なボリュームが出るという。
手入れ次第で若々しい髪にすることができます。

関連記事

no image

アル中の酒を飲みたくなくなる薬が登場

アルコール依存症(アル中)に新薬が登場と

記事を読む

no image

腸の老化と便秘、腸から脳へ指令

あなたのお肌はきれいですか? 昔からよ

記事を読む

no image

便秘の簡単解消なら植物繊維と水分と運動に妥協すること

高齢になると、食事量や運動量などが減るこ

記事を読む

no image

病院でイソジンのみ処方は実費で薬局のほうが安い

うがい薬のみ処方H26.4月から保険適用

記事を読む

no image

ズーノーシスの例の病名、妊婦や子供も注意

産経新聞で天王寺動物園が紹介されていた。

記事を読む

no image

乳がん全摘リンパ節転移2個放射線治療は行いません悩み

がん電話相談 産経新聞生活欄より 乳が

記事を読む

no image

小学校高学年から高校生の成長期 身長の伸びとスポーツ障害

成長期に起きやすいスポーツ障害。 小学

記事を読む

no image

大腸がん肝転移、3度の肝切除を乗り越え完治

東京都内の会社役員だった60代男性は20

記事を読む

no image

遺伝性の病気先天的な骨の異常で出産直後に死亡する病名が変更

致死性骨異形成症の病名が変更と読売新聞に

記事を読む

睡眠時無呼吸、SAS、CRAPの値段と費用

睡眠時無呼吸、SAS、CRAPの値段と費用

女性もかかる睡眠時無呼吸症候群。 睡眠

記事を読む

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑