海外旅行ワクチンの接種回数、有効期間、感染病リスト

公開日: : 最終更新日:2014/08/23 読売新聞、産経新聞の医療欄

日本人の海外旅行者が増える中、旅先での感染症対策は重要だ。
特に発展途上国では様々な感染症にかかる可能性があり、医療体制が必ずしも整っているとは言えない。
ワクチン接種などで対策をとった上で旅行を楽しみたい。

海外旅行前に打つワクチンの接種回数、有効期間

  • 黄熱ワクチン 接種回数1回 有効性1回で100% 有効期間10年
  • A型肝炎ワクチン 接種回数3回 有効性2回で100% 有効期間10年
  • B型肝炎ワクチン 接種回数3回 有効性3回で70~90% 有効期間10年
  • 破傷風トキソイド 接種回数3回 有効性3回でほぼ100% 有効期間10年
  • 狂犬病ワクチン 接種回数3回 有効性3回でほぼ100% 有効期間2年
  • 日本脳炎ワクチン 接種回数3回 有効性3回で80~90% 有効期間4年
  • 髄膜炎菌ワクチン 接種回数1回 有効性1回で90%以上 有効期間3~5年
  • 腸チフスワクチン 接種回数1回 有効性1回で60%以上 有効期間3年

※狂犬病ワクチンは日本製が品薄のため輸入製剤がほとんど。
※髄膜炎、腸チフスワクチンは日本では未認可のため個人輸入しているトラベルクリニックで接種可能。
※有効期間は基本接種を終了した場合の有効期間。

海外旅行に伴う感染病リスト

土・水

破傷風、レプトスピラ菌、住血吸虫症

飲食物

旅行者下痢症、腸・パラチフス、A型、E型肝炎、ブルセラ症

節足動物 蚊

デング熱、チクングニア熱、マラリア、黄熱、日本脳炎

節足動物 ダニ・シラミ

リケッチア症、ライム病、ダニ脳炎

動物

狂犬病、野兎病、高病原性鳥インフルエンザ

人間 病気の人との接触

インフルエンザ、麻疹(はしか)、髄膜炎菌、ポリオ

人間 性感染症

HIV感染症、B型肝炎、梅毒

対策

慢性疾患の有無、治療中の薬など自分の健康状態を把握する。
渡航先の医療機関情報を入手する。
予防接種を受ける。
海外旅行保険に入る。(クレジットカード付帯もあります。)
平成26年8月17日の読売新聞の暮らし欄より抜粋。

関連記事

no image

便秘の簡単解消なら植物繊維と水分と運動に妥協すること

高齢になると、食事量や運動量などが減るこ

記事を読む

no image

甲状腺は内科整形外科精神科皮膚科産婦人科で誤診されやすい

甲状腺機能低下症の主な症状 便秘、体重

記事を読む

no image

息子の不眠、幻聴、異常行動は統合失調症だった

精神疾患の早期診断は医師でさえ難しいが、

記事を読む

no image

30代の働き盛りに多い脱法ドラッグ中毒

脱法ドラッグ関連事件の摘発は急増している

記事を読む

no image

関節リウマチ強力に免疫が落ちる薬でB型肝炎

血液検査で肝炎悪化を予防し肝臓を守る。

記事を読む

no image

バイアスピリンで大腸がん予防、大阪府立成人病医療センター

アスピリンはバイエル薬品が1899年に発

記事を読む

no image

播種性血管内凝固症候群という病気、症状、原因、検査

播種性血管内凝固症候群はんしゅせいけっか

記事を読む

no image

アル中の酒を飲みたくなくなる薬が登場

アルコール依存症(アル中)に新薬が登場と

記事を読む

女性の薄毛と隠し方はカーラーで巻く

女性の薄毛と隠し方はカーラーで巻く

女性の薄毛は頭頂部を中心に頭髪全体が薄く

記事を読む

no image

糖尿病、高血圧、気楽にやればいいが50%以上

深刻度が低い高血圧患者という産経新聞の記

記事を読む

no image
子供の記憶力とやる気が上がる七田チャイルドアカデミー

子供の記憶力が上がるツボで、七田チャイルドアカデミーが紹介されていた。

尿路結石をバスケットカテーテルでつまみだす
尿路結石になりやすいSEや建築現場、営業マン、運転手

尿路結石について。 尿路とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道が含まれてい

no image
子宮頸がん0期の手術後再発する確率6%

37歳の女性です。 3年半前、子宮頚部上皮内がん(0期がん)で円錐切

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない
親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

家で親を介護するものにとって一番大変なのが排泄ケア。 おむつをつける

no image
絹ごし豆腐より木綿の方がマグネシウムが多い

豆腐の高血圧予防改善効果が武の健康番組でやっていました。 豆腐に

→もっと見る

PAGE TOP ↑