糖尿病、高血圧、気楽にやればいいが50%以上

公開日: : 最終更新日:2014/09/15 読売新聞、産経新聞の医療欄

深刻度が低い高血圧患者という産経新聞の記事より。
高血圧の患者は糖尿病の患者に比べ、病気に関する深刻度が低い。
そんな患者像が塩野義製薬のインターネット調査で浮かび上がった。

調査対象は20~60代の男女で、糖尿病と高血圧の患者それぞれ400人ずつ計800人。
「自分の病気をどう感じているか」という質問に対して、「深刻」と回答したのは糖尿病患者の35%に対し、高血圧患者は18%。
「命に関わる危険がある」との回答は糖尿病42%に対し、高血圧は29%だった。

糖尿病、高血圧、気楽にやればいいが50%以上

「治療についてどう思っているか?」という質問に
「気楽にやればいい」と答えた人は、
糖尿病57%に比べ、高血圧は65%だった。

どちらにしろ気楽にやればいいが半数以上を占めているのですね。

私の視点から見ると、軽度の高血圧は軽度の糖尿病と違い予防医療っていう認識でした。糖尿病は合併症など危険ですが、高血圧もそうです。
心臓の血管の病気による死亡者の50%、脳卒中の50%が高血圧患者だそうです。
ですが、最近の高血圧の基準は140以上であり患者数は限りなく多いです。

糖尿病患者数 950万人(厚生労働省の「2012年国民健康・栄養調査結果」の推計)
高血圧患者数 4300万人(2014年4月の高血圧学会、高血圧治療ガイドライン)

狭い日本、そんなに急いでどこにいくということわざにもありますが、どこかのほほんとしているんだと思います。高血圧や糖尿病になってすぐ死ぬというわけでもないし。
高血圧が糖尿病のように危険だというのはもっと啓蒙してほしい内容だなと思いましたね。

関連記事

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑