甲状腺は内科整形外科精神科皮膚科産婦人科で誤診されやすい

公開日: : 最終更新日:2018/03/06 読売新聞、産経新聞の医療欄

甲状腺は内科整形外科精神科皮膚科産婦人科で誤診

甲状腺機能低下症の主な症状

便秘、体重増加、皮膚の乾燥、気力低下、うつ状態、記憶力低下、寒がり

甲状腺中毒症の主な症状

動悸、体重減少、ふるえ、下痢、発汗、イライラ、不眠

甲状腺ホルモンが過剰な状態を甲状腺中毒症といい、甲状腺機能低下症をあわせると、成人の約1%にみられ、女性が多い。
症状は多岐にわたるため、患者は内科、整形外科、精神科、皮膚科、産婦人科など様々な診療かを受診するが診断がつかないことがある。

様々な科で誤診されやすい

甲状腺機能低下症は認知症やうつ病と、動悸が起こる甲状腺中毒症は心臓の病気などと症状が似ている為誤診されやすい。

甲状腺の病気は、甲状腺ホルモンや脳下垂体から血液中に分泌され甲状腺に働きかける甲状腺刺激ホルモンの値を見る血液検査、甲状腺の腫れがないか調べる触診で診断できる。

病気を疑わないと検査にたどり着かないので、医師患者ともに甲状腺の知識を持っておくが大切ですと話す。

関連記事

no image

アイドルは小頭症かというほど顔が小さい。PQBP1という遺伝子の異常

冒頭から話は変わりますが、最近のアイドル

記事を読む

no image

汗によるかゆみあせもは治るが、接触性皮膚炎は悪化する場合がある

蒸し暑い梅雨の時期から夏にかけては毎年汗

記事を読む

no image

労災、事故で増える軽度外傷性脳損傷という病名

軽度外傷性脳損傷は、交通事故、労災事故、

記事を読む

no image

体臭、口臭、フケは満員電車やエレベーターの中で突然襲ってくる

同僚にどうにかしてほしいことトップ5

記事を読む

no image

OD錠とは水なしで飲める唾液で溶ける薬

ジェネリックとは特許切れの後発薬のこと。

記事を読む

no image

糖尿病、高血圧、気楽にやればいいが50%以上

深刻度が低い高血圧患者という産経新聞の記

記事を読む

no image

播種性血管内凝固症候群という病気、症状、原因、検査

播種性血管内凝固症候群はんしゅせいけっか

記事を読む

no image

関節リウマチ強力に免疫が落ちる薬でB型肝炎

血液検査で肝炎悪化を予防し肝臓を守る。

記事を読む

no image

精神安定剤の副作用で甲状腺機能低下症

甲状腺が炎症を起す橋本病と昨年8月に診断

記事を読む

no image

腸の老化と便秘、腸から脳へ指令

あなたのお肌はきれいですか? 昔からよ

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑