脂肪肝の原因はミンクル?脂肪組織繊維化の鍵分子

公開日: : 読売新聞、産経新聞の医療欄

脂肪にはいくつかの種類があり、腹部の筋肉の外側にあってつまむことができるのが皮下脂肪であり、大腸や小腸の周りについているのが内臓脂肪。
皮下脂肪や内臓脂肪の貯蔵量が限度を越えると、毒性の高い「異所性脂肪」が肝臓などに蓄積される。
心臓についた脂肪のことをエイリアン脂肪と言う。
肝臓に必要以上に脂肪が蓄積しているかどうかはCTや腹部エコーの検査で一定のレベルは調べられる。
肥満の人は検査をすると早期の段階でわかれば糖尿病などのさまざまな生活習慣病の予防ができる。

ミンクルを取り除いた脂肪組織を使ったマウスの実験

肥満の人は内臓脂肪の量が限度を越えるとミンクルを介して脂肪組織の繊維化が起こり、脂肪が肝臓に沈着して脂肪肝になる。
その結果、脂質代謝異常(高コレステロール血症)などをえて糖尿病になたり非アルコール性脂肪肝炎NASHに発展したりするメカニズムとなる。

脂肪吸引した人の脂肪はでこぼこになる理由として、脂肪は一度傷つくと組織はより頑丈になろうと繊維化するというのがある。
肝臓に脂肪が溜まると脂肪肝に炎症がおき、繊維化が加速します。
内臓脂肪にあるミンクルを取り除いたマウスの実験だと、肝臓への脂肪蓄積や糖代謝異常が軽減されたとニュースでありました。

生活習慣の予防

食事の工夫

脂肪は就寝中に溜まりやすい。
このため就寝前の食事や間食を避けることを心がける。
また、脂分の多い食事は減らし、油の種類も不飽和脂肪酸のオリーブオイルなどに切り替えることが奨励される。

運動

メタボの人は体が重く感じられる傾向にあり、エスカレーターや車での移動に頼りがちだが、日常生活の中で少しでも歩く距離を増やしていく努力が必要。
歩けば歩くほど体内の脂肪の燃焼が促進され脂肪組織の繊維化を防ぐことができる。

現実には膝に痛みを抱えるなどの理由で運動療法が難しい人もいる。
メタボや肥満症の人に対する効果的な治療薬がいまだ少ない中で、ミンクルを標的とした薬の開発が日本人の肥満を救うことになる。

関連記事

no image

ズーノーシスの例の病名、妊婦や子供も注意

産経新聞で天王寺動物園が紹介されていた。

記事を読む

no image

便秘の簡単解消なら植物繊維と水分と運動に妥協すること

高齢になると、食事量や運動量などが減るこ

記事を読む

no image

播種性血管内凝固症候群という病気、症状、原因、検査

播種性血管内凝固症候群はんしゅせいけっか

記事を読む

no image

納豆アレルギーはマリンスポーツ愛好者に多い?

発酵食品の納豆は、食べて半日たってから全

記事を読む

no image

遺伝性の病気先天的な骨の異常で出産直後に死亡する病名が変更

致死性骨異形成症の病名が変更と読売新聞に

記事を読む

no image

海外旅行ワクチンの接種回数、有効期間、感染病リスト

日本人の海外旅行者が増える中、旅先での感

記事を読む

no image

30代の働き盛りに多い脱法ドラッグ中毒

脱法ドラッグ関連事件の摘発は急増している

記事を読む

no image

バイアスピリンで大腸がん予防、大阪府立成人病医療センター

アスピリンはバイエル薬品が1899年に発

記事を読む

no image

働きながらがん治療は32万5000人

働きながらがん治療を受けている人は全国で

記事を読む

no image

母乳にエイズウイルスHIVの感染力を失わせる働き

母乳に抗HIVタンパク。 母乳に含まれ

記事を読む

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑