脂肪肝の原因はミンクル?脂肪組織繊維化の鍵分子

公開日: : 読売新聞、産経新聞の医療欄

脂肪にはいくつかの種類があり、腹部の筋肉の外側にあってつまむことができるのが皮下脂肪であり、大腸や小腸の周りについているのが内臓脂肪。
皮下脂肪や内臓脂肪の貯蔵量が限度を越えると、毒性の高い「異所性脂肪」が肝臓などに蓄積される。
心臓についた脂肪のことをエイリアン脂肪と言う。
肝臓に必要以上に脂肪が蓄積しているかどうかはCTや腹部エコーの検査で一定のレベルは調べられる。
肥満の人は検査をすると早期の段階でわかれば糖尿病などのさまざまな生活習慣病の予防ができる。

ミンクルを取り除いた脂肪組織を使ったマウスの実験

肥満の人は内臓脂肪の量が限度を越えるとミンクルを介して脂肪組織の繊維化が起こり、脂肪が肝臓に沈着して脂肪肝になる。
その結果、脂質代謝異常(高コレステロール血症)などをえて糖尿病になたり非アルコール性脂肪肝炎NASHに発展したりするメカニズムとなる。

脂肪吸引した人の脂肪はでこぼこになる理由として、脂肪は一度傷つくと組織はより頑丈になろうと繊維化するというのがある。
肝臓に脂肪が溜まると脂肪肝に炎症がおき、繊維化が加速します。
内臓脂肪にあるミンクルを取り除いたマウスの実験だと、肝臓への脂肪蓄積や糖代謝異常が軽減されたとニュースでありました。

生活習慣の予防

食事の工夫

脂肪は就寝中に溜まりやすい。
このため就寝前の食事や間食を避けることを心がける。
また、脂分の多い食事は減らし、油の種類も不飽和脂肪酸のオリーブオイルなどに切り替えることが奨励される。

運動

メタボの人は体が重く感じられる傾向にあり、エスカレーターや車での移動に頼りがちだが、日常生活の中で少しでも歩く距離を増やしていく努力が必要。
歩けば歩くほど体内の脂肪の燃焼が促進され脂肪組織の繊維化を防ぐことができる。

現実には膝に痛みを抱えるなどの理由で運動療法が難しい人もいる。
メタボや肥満症の人に対する効果的な治療薬がいまだ少ない中で、ミンクルを標的とした薬の開発が日本人の肥満を救うことになる。

関連記事

no image

小学校高学年から高校生の成長期 身長の伸びとスポーツ障害

成長期に起きやすいスポーツ障害。 小学

記事を読む

no image

アイドルは小頭症かというほど顔が小さい。PQBP1という遺伝子の異常

冒頭から話は変わりますが、最近のアイドル

記事を読む

no image

大腸がん肝転移、3度の肝切除を乗り越え完治

東京都内の会社役員だった60代男性は20

記事を読む

no image

ズーノーシスの例の病名、妊婦や子供も注意

産経新聞で天王寺動物園が紹介されていた。

記事を読む

no image

日本人の身長が低くなった原因は低体重児(新生児)

平成30年2月20日火曜日の産経新聞生活

記事を読む

no image

うつ病、双極性障害、薬の妊娠中の服用

お腹の赤ちゃんに影響がないだろうか…

記事を読む

no image

働きながらがん治療は32万5000人

働きながらがん治療を受けている人は全国で

記事を読む

no image

子宮頸がんウイルスHPVが経膣エコーに付着するらしい

子宮頸がんの主な原因となる「ヒトパピロー

記事を読む

no image

障害者年金3級が不服で2級になった例

障害者年金の不服申し立てで決定が覆るのは

記事を読む

no image

アル中の酒を飲みたくなくなる薬が登場

アルコール依存症(アル中)に新薬が登場と

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑