息子の不眠、幻聴、異常行動は統合失調症だった

公開日: : 読売新聞、産経新聞の医療欄

精神疾患の早期診断は医師でさえ難しいが、早期で診断し治療をスタートさせればよくなる確立はもちろん、社会復帰も十分視野に入れることが可能となる。
そこでもっとも重要なのが家族のサポートです。

例の息子の異変に気付いたのは妻です。
就職後、半年ほどで不眠を訴えるようになり心配しだしましたが、誰もが経験する社会人としての壁にぶつかったのだろうと深刻に考えていませんでした。

そのうちに会社を早退してきたり、体調不良で休むようになったのです。
病院にいけといっても行かず、とうとう家に閉じこもるようになります。
自閉、陰性症状が出ます。

病院の診察の結果統合失調症とわかり、家族としてはショックでした。
専門医、吉祥寺病院の院長塚本一先生は統合失調症は治療できると夕刊フジのコーナーで記載しています。

特に家族の暖かいサポートが得られたことが治療を進める上で大きな力になっているはずです。
統合失調症の治療は薬の選択1つをとっても個人差が大きく時間がかかります。
私たちはこれをかぎ穴とかぎの関係と例えるのですが、使ってみて効果が無ければ次の薬と試していくことで、患者さんに最適な薬を探します。

医療スタッフはもちろんですが、家族が正しい知識を持って接することで患者の治療性かは大きく左右されるのです。

統合失調症は長い時間をかけて治療していく病気です。
症状が安定しても再発のリスクを捨てきれないことも事実。
そこで家族や職場の理解と強力は不可欠です。

あわてず、焦らず、あきらめず、温かい目で支えてあげてください。

うつ病と統合失調症は違う病気です。
うつ病は、気持ち、性格による病気ですが、
統合失調症は、「消えてなくなりたい」「逃げ出したい」という気持が多く、
1人で抱え込み、後悔が多く、マイナス志向であり、やる気がなくなることが常です。
脳を使わない影響なのか、それは大脳の萎縮にも繋がるということです。

だからどうすればいいのかは、わかりませんが、
専門医を受診し、効果のある薬で治療していくと言うのが治療法のようです。

関連記事

no image

アイドルは小頭症かというほど顔が小さい。PQBP1という遺伝子の異常

冒頭から話は変わりますが、最近のアイドル

記事を読む

no image

納豆アレルギーはマリンスポーツ愛好者に多い?

発酵食品の納豆は、食べて半日たってから全

記事を読む

no image

メタボ遺伝子ARIAの薬が開発されれば血管脂肪燃焼促進蓄積しにくい

メタボ遺伝子を解明で肥満治療の応用が期待

記事を読む

no image

乳がん全摘リンパ節転移2個放射線治療は行いません悩み

がん電話相談 産経新聞生活欄より 乳が

記事を読む

no image

海外旅行ワクチンの接種回数、有効期間、感染病リスト

日本人の海外旅行者が増える中、旅先での感

記事を読む

no image

母乳にエイズウイルスHIVの感染力を失わせる働き

母乳に抗HIVタンパク。 母乳に含まれ

記事を読む

no image

精神安定剤の副作用で甲状腺機能低下症

甲状腺が炎症を起す橋本病と昨年8月に診断

記事を読む

no image

30代の働き盛りに多い脱法ドラッグ中毒

脱法ドラッグ関連事件の摘発は急増している

記事を読む

no image

体臭、口臭、フケは満員電車やエレベーターの中で突然襲ってくる

同僚にどうにかしてほしいことトップ5

記事を読む

no image

右乳癌で温存手術ホルモン受容体はER,PgR,HER2ともに陽性硬癌で悪性度は3

悩み 43歳の女性、右乳癌で温存手

記事を読む

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑