体臭、口臭、フケは満員電車やエレベーターの中で突然襲ってくる

公開日: : 読売新聞、産経新聞の医療欄

同僚にどうにかしてほしいことトップ5

  • 体臭 60.4%
  • 口臭 57.8%
  • フケ 40.2%
  • 清潔感のない髪 32.7%
  • 清潔感のない服装 31.5%

マンダム「職場のみだしなみとにおいの意識調査」より。
(25歳~49歳の働く男女1117人、複数回答)

満員電車やエレベーターの中で突然。襲ってくる鼻をつくような臭い。
体臭やきつい香水などの臭いに嫌悪感を抱く人も多い。
先輩が臭いから営業から事務に転職しました

原因は日本人特有の感覚にもありそうだ。
東北大学大学院の坂井信之准教授によると、「江戸時代、既に世界に誇る下水施設を完備させた日本人は、嫌な臭いを香りで隠すより、元から絶つという文化性が強いのでは」という。

日本で消臭剤が売れるのも「無」や「白」に清潔感を感じる日本人の感覚が関係しているのかもしれない。
ただ、最近は香料入り柔軟材などが登場し、臭いに対する日本人の感覚も変わりつつある。

気になる中年男性の体臭

中年臭の原因は酸化された皮脂の汗です。
そんな中、社会問題になりつつあるのが臭い害。
臭い体臭などで周囲に迷惑をかける行為を表す。
「スメルハラスメント」という言葉まで登場。

臭いは仕事や人間関係にまで悪影響を及ぼすことがわかってきた。
節電で職場の冷房温度が高めに設定され、自分の汗の臭いが気になるという人も増えているという。
汗と体臭、香水などが混じり、臭いが発生しやすい夏の季節、いつにもましてケアと周囲への気配りが必要になってくる。

関連記事

no image

右乳癌で温存手術ホルモン受容体はER,PgR,HER2ともに陽性硬癌で悪性度は3

悩み 43歳の女性、右乳癌で温存手

記事を読む

no image

メタボ遺伝子ARIAの薬が開発されれば血管脂肪燃焼促進蓄積しにくい

メタボ遺伝子を解明で肥満治療の応用が期待

記事を読む

no image

働きながらがん治療は32万5000人

働きながらがん治療を受けている人は全国で

記事を読む

no image

病院でイソジンのみ処方は実費で薬局のほうが安い

うがい薬のみ処方H26.4月から保険適用

記事を読む

no image

低血糖起こりにくいエクア錠インクレチン関連薬の効果・副作用

エクア錠やジャヌビア錠という最近よく病院

記事を読む

no image

糖尿病、高血圧、気楽にやればいいが50%以上

深刻度が低い高血圧患者という産経新聞の記

記事を読む

no image

脱法ドラッグは安い、逮捕されない、覚えていない。依存は強い

脱法ドラッグとは危険ドラッグと言い、幻覚

記事を読む

no image

バイアスピリンで大腸がん予防、大阪府立成人病医療センター

アスピリンはバイエル薬品が1899年に発

記事を読む

no image

角膜の再生医療は2,3年で再び濁る 口の粘膜細胞 血管

角膜は再生しない器官で、治療は移植しかな

記事を読む

no image

汗によるかゆみあせもは治るが、接触性皮膚炎は悪化する場合がある

蒸し暑い梅雨の時期から夏にかけては毎年汗

記事を読む

no image
突然死、AEDで胸毛あるとき抜いて電極を張るの?

不整脈とは脈拍が不規則になること 心臓は1分間60~100回一定

no image
熱中症 めまい たちくらみ 気分が悪い 筋肉がつる 頭痛 吐き気

熱中症は暑さで起こる体調不良のこと。 熱中症初期 めまい たちく

小葉+乳管=乳腺
乳癌入門、若い女性の乳がんを見つけるには?

乳癌になりやすい人 40代後半~50代がピーク 初潮が11歳以

no image
T3尿管癌で腎尿管全摘、補助化学療法をします

70歳の男性です。 9ヶ月前人間ドッグの尿検査で異常があり泌尿器科を

no image
腸漏れの原因は?腸から血液に細菌が流れる?

明日のたけしの健康番組、腸漏れという言葉がでてましたね。 テレビCM

→もっと見る

PAGE TOP ↑