「 読売新聞、産経新聞の医療欄 」 一覧

テレビだけではなく新聞でも医療ネタは人気です。話題に困りません。最新の医学情報は、医者でも新聞から情報を得ているそうです。医者が新聞の切抜きをする理由は、最新の医学は新聞にも載っているということです。生活欄の医療のページは要チェックです。

30代の働き盛りに多い脱法ドラッグ中毒

脱法ドラッグ関連事件の摘発は急増している。 読売新聞平成26年10月12日の記事によると、 脱法ドラッグの乱用者は2011年ごろから増加したらしい。 総務省消防庁によると、2009年から今年20

続きを見る

脱法ドラッグは安い、逮捕されない、覚えていない。依存は強い

脱法ドラッグとは危険ドラッグと言い、幻覚、興奮作用をを引き起こす化学物質が含まれ、乾燥した植物に化学物質を吹き付けた「ハーブ」、液体に溶かした「リキッド」、粉末状の「パウダー」などがある。 「脱法ハ

続きを見る

がん検診の要精密検査はお金がかかる、受診率を上げるには?

個人的な意見から始めてみました。 便に血が混じっているだけで大腸検査、胃バリウムから胃カメラ、高血圧140以上で生活習慣病指導を飛び越え高血圧薬。 レントゲン異常の場合は、CTかMRI。 などな

続きを見る

アイドルは小頭症かというほど顔が小さい。PQBP1という遺伝子の異常

冒頭から話は変わりますが、最近のアイドルや女優、アナウンサーは小頭症か!って言うほど顔が小さい人が多いですね。 スタイルもよくて素晴らしい才能というか、親からいい遺伝子もらったんだなと思います。

続きを見る

糖尿病、高血圧、気楽にやればいいが50%以上

深刻度が低い高血圧患者という産経新聞の記事より。 高血圧の患者は糖尿病の患者に比べ、病気に関する深刻度が低い。 そんな患者像が塩野義製薬のインターネット調査で浮かび上がった。 調査対象は20

続きを見る

海外旅行ワクチンの接種回数、有効期間、感染病リスト

日本人の海外旅行者が増える中、旅先での感染症対策は重要だ。 特に発展途上国では様々な感染症にかかる可能性があり、医療体制が必ずしも整っているとは言えない。 ワクチン接種などで対策をとった上で旅行を

続きを見る

体臭、口臭、フケは満員電車やエレベーターの中で突然襲ってくる

同僚にどうにかしてほしいことトップ5 体臭 60.4% 口臭 57.8% フケ 40.2% 清潔感のない髪 32.7% 清潔感のない服装 31.5% マンダム「職場のみだしなみとにおいの意

続きを見る

子宮頸がんウイルスHPVが経膣エコーに付着するらしい

子宮頸がんの主な原因となる「ヒトパピローマウイルス」が婦人科の診察で使う 超音波検査機器に付着することがあるという調査結果を、自治医大などのグループが発表した。 婦人科の経膣エコーにHPVが付

続きを見る

癌の診断、宣告、告知後1年以内の自殺と事故死の危険大

平成26年5月27日の産経新聞の医療欄です。 恐らくこれは癌の告知後のことだと思います。 癌と診断されて1年以内の患者が自殺や事故で死亡する危険性は、 がん患者と比べて約20倍になるとの研究

続きを見る

労災、事故で増える軽度外傷性脳損傷という病名

軽度外傷性脳損傷は、交通事故、労災事故、スポーツ外傷、暴行などが原因で起こる。 頭部を強く打ったり、不意に大きく振られたりすることで微細な脳損傷が広範囲に起きる。事故直後短時間の記憶喪失などが起こる

続きを見る

小学校高学年から高校生の成長期 身長の伸びとスポーツ障害

成長期に起きやすいスポーツ障害。 小学校高学年から高校生にかけて起きる障害で、強いアクシデントによる外傷とは違い、日々のトレーニングで負荷や小さな損傷が積み重なり発症する慢性的なもの。 成長期

続きを見る

no image
子供の記憶力とやる気が上がる七田チャイルドアカデミー

子供の記憶力が上がるツボで、七田チャイルドアカデミーが紹介されていた。

尿路結石をバスケットカテーテルでつまみだす
尿路結石になりやすいSEや建築現場、営業マン、運転手

尿路結石について。 尿路とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道が含まれてい

no image
子宮頸がん0期の手術後再発する確率6%

37歳の女性です。 3年半前、子宮頚部上皮内がん(0期がん)で円錐切

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない
親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

家で親を介護するものにとって一番大変なのが排泄ケア。 おむつをつける

no image
絹ごし豆腐より木綿の方がマグネシウムが多い

豆腐の高血圧予防改善効果が武の健康番組でやっていました。 豆腐に

→もっと見る

PAGE TOP ↑