「 読売新聞、産経新聞の医療欄 」 一覧

テレビだけではなく新聞でも医療ネタは人気です。話題に困りません。最新の医学情報は、医者でも新聞から情報を得ているそうです。医者が新聞の切抜きをする理由は、最新の医学は新聞にも載っているということです。生活欄の医療のページは要チェックです。

糖尿病、高血圧、気楽にやればいいが50%以上

深刻度が低い高血圧患者という産経新聞の記事より。 高血圧の患者は糖尿病の患者に比べ、病気に関する深刻度が低い。 そんな患者像が塩野義製薬のインターネット調査で浮かび上がった。 調査対象は20

続きを見る

海外旅行ワクチンの接種回数、有効期間、感染病リスト

日本人の海外旅行者が増える中、旅先での感染症対策は重要だ。 特に発展途上国では様々な感染症にかかる可能性があり、医療体制が必ずしも整っているとは言えない。 ワクチン接種などで対策をとった上で旅行を

続きを見る

体臭、口臭、フケは満員電車やエレベーターの中で突然襲ってくる

同僚にどうにかしてほしいことトップ5 体臭 60.4% 口臭 57.8% フケ 40.2% 清潔感のない髪 32.7% 清潔感のない服装 31.5% マンダム「職場のみだしなみとにおいの意

続きを見る

子宮頸がんウイルスHPVが経膣エコーに付着するらしい

子宮頸がんの主な原因となる「ヒトパピローマウイルス」が婦人科の診察で使う 超音波検査機器に付着することがあるという調査結果を、自治医大などのグループが発表した。 婦人科の経膣エコーにHPVが付

続きを見る

癌の診断、宣告、告知後1年以内の自殺と事故死の危険大

平成26年5月27日の産経新聞の医療欄です。 恐らくこれは癌の告知後のことだと思います。 癌と診断されて1年以内の患者が自殺や事故で死亡する危険性は、 がん患者と比べて約20倍になるとの研究

続きを見る

労災、事故で増える軽度外傷性脳損傷という病名

軽度外傷性脳損傷は、交通事故、労災事故、スポーツ外傷、暴行などが原因で起こる。 頭部を強く打ったり、不意に大きく振られたりすることで微細な脳損傷が広範囲に起きる。事故直後短時間の記憶喪失などが起こる

続きを見る

小学校高学年から高校生の成長期 身長の伸びとスポーツ障害

成長期に起きやすいスポーツ障害。 小学校高学年から高校生にかけて起きる障害で、強いアクシデントによる外傷とは違い、日々のトレーニングで負荷や小さな損傷が積み重なり発症する慢性的なもの。 成長期

続きを見る

大腸がん肝転移、3度の肝切除を乗り越え完治

東京都内の会社役員だった60代男性は2005年7月末に毎年受けている健康診断の後、そのまま残るように言われた。 すると医師らに超音波検査で変な物が見つかった。 肝臓に5センチぐらいのしこりがある。

続きを見る

働きながらがん治療は32万5000人

働きながらがん治療を受けている人は全国で32万5000人に上るとの推計を厚生労働省がまとめた。 平成22年の国民生活基礎調査のデータを基に始めて算出し、今年2月中旬、がん患者の就労支援に関する検討会

続きを見る

腸の老化と便秘、腸から脳へ指令

あなたのお肌はきれいですか? 昔からよく「肌は内臓の鏡」といわれるように、腸の不調は、ニキビやシミなど肌トラブルとして表れる。 最近では神経や脳などにも影響することがわかってきた。 「臓器の時間

続きを見る

母乳にエイズウイルスHIVの感染力を失わせる働き

母乳に抗HIVタンパク。 母乳に含まれるTNCと呼ばれるタンパク質にエイズウイルスHIVの感染力を失わせる働きがあることを米デューク大の研究チームが突き止めた。 TNCは傷の修復などにかかわること

続きを見る

便秘の簡単解消なら植物繊維と水分と運動に妥協すること

高齢になると、食事量や運動量などが減ることで便秘になりやすい。 便秘になること腹部が張ってよく眠れなかったり、気分が落ち込んだりして、日常生活にも影響が出る。 便秘を簡単に解消するための食生活と運

続きを見る

血液で癌を予測,AICS検診 胃 大腸 肺 乳 子宮 卵巣 前立腺

食品大手の味の素が開発した、「アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS)」は、血液中の遊離アミノ酸20種の含有量を測定、解析することで、胃がんや大腸がんなど6種のがんの可能性を割り出すサー

続きを見る

病院でイソジンのみ処方は実費で薬局のほうが安い

うがい薬のみ処方H26.4月から保険適用外の厚生労働省方針だそうですね。 4月の診療報酬改定で、厚生労働省は、医療機関でうがい薬だけを処方する場合、薬代や処方せん料などの医療費を保険適用しない方針に

続きを見る

睡眠時無呼吸、SAS、CRAPの値段と費用

女性もかかる睡眠時無呼吸症候群。 睡眠中に何度も呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群(SAS)。 太った中年男性の病気と思われがちだが、専門の医師によると、女性も閉経後はSASにかかる危険が高まるという

続きを見る

アル中の酒を飲みたくなくなる薬が登場

アルコール依存症(アル中)に新薬が登場という産経新聞の生活欄からです。 酒の飲み方をコントロールできず、心身だけでなく人間関係をも壊してしまう恐れのあるアルコール依存症。 治療と再発防止には生涯に

続きを見る

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑