「 読売新聞、産経新聞の医療欄 」 一覧

テレビだけではなく新聞でも医療ネタは人気です。話題に困りません。最新の医学情報は、医者でも新聞から情報を得ているそうです。医者が新聞の切抜きをする理由は、最新の医学は新聞にも載っているということです。生活欄の医療のページは要チェックです。

角膜の再生医療は2,3年で再び濁る 口の粘膜細胞 血管

角膜は再生しない器官で、治療は移植しかなかった。 移植は、ドナーが必要なので、ドナー待ち、ドナーが現れない場合もある。 (角膜は再生しないので、大抵亡くなる方などがドナー対象になる) ドナー要ら

続きを見る

関節リウマチ強力に免疫が落ちる薬でB型肝炎

血液検査で肝炎悪化を予防し肝臓を守る。 自分がB型肝炎になってたなんて思いもしませんでした。 青森県の女性63歳はこう話す。 関節リウマチにかかり、五所川原市の西北中央病院リウマチ科長の浦田先生

続きを見る

精神安定剤の副作用で甲状腺機能低下症

甲状腺が炎症を起す橋本病と昨年8月に診断された大阪府の主婦63歳は、 関西医大枚方病院に通院し、甲状腺ホルモン検査を受けながら様子を見ていた。 今年の4月に半年振りに受けた検査で甲状腺ホルモンの値

続きを見る

メタボ遺伝子ARIAの薬が開発されれば血管脂肪燃焼促進蓄積しにくい

メタボ遺伝子を解明で肥満治療の応用が期待されている。 京都府立医科大学の池田宏二助教授、循環器内科のグループは、 特定の遺伝子に肥満を促進する働きがあることを明らかにしたと発表した。 この働

続きを見る

がん甲状腺しこりのう胞針生検細胞診エコー病院

超音波検査がん発見も。 健康診断の一環として受けた超音波やPET検査などをきっかけに、 甲状腺の異常が見つかるケースが増えている。 東京都豊島区の女性61歳は昨年2月、人間ドッグの超音波検査

続きを見る

甲状腺は内科整形外科精神科皮膚科産婦人科で誤診されやすい

甲状腺機能低下症の主な症状 便秘、体重増加、皮膚の乾燥、気力低下、うつ状態、記憶力低下、寒がり 甲状腺中毒症の主な症状 動悸、体重減少、ふるえ、下痢、発汗、イライラ、不眠 甲状腺ホ

続きを見る

乳がん全摘リンパ節転移2個放射線治療は行いません悩み

がん電話相談 産経新聞生活欄より 乳がん全摘、補助療法後の追加治療は? 悩み 57歳の女性です。左乳がんで全摘出術を受けました。 腫瘍は2.5×1.8×1.6センチで脂肪組織内に伸展、浸潤

続きを見る

生理痛冷え性腰痛むくみと体の中から温め方

生理痛や腰痛を悪化させたりむくみの原因にもなったりする冷え。 熱い夏だけに冷房の効いた室内から動かない、冷たいものの食べすぎ。 夏は意外と体が冷える機会が多いです。 体温調節できないのが冷え

続きを見る

右乳癌で温存手術ホルモン受容体はER,PgR,HER2ともに陽性硬癌で悪性度は3

悩み 43歳の女性、右乳癌で温存手術。大きさは2cmでステージⅠ. ホルモン受容体はER,PgRともに陽性で、HER2も陽性です。 硬癌で悪性度は3です。 手術後、放射線治療と抗がん剤治療

続きを見る

低血糖起こりにくいエクア錠インクレチン関連薬の効果・副作用

エクア錠やジャヌビア錠という最近よく病院で処方する薬があります。 糖尿病になると、すい臓で作られるインスリンが不足したりうまくはたらかなくなったりし、 血中のブドウ糖が細胞に取り込まれなくなり血糖

続きを見る

汗によるかゆみあせもは治るが、接触性皮膚炎は悪化する場合がある

蒸し暑い梅雨の時期から夏にかけては毎年汗による激しいかゆみ、あかみなどの肌のトラブルに悩まされる人が多い。 しかしかきむしってしまうと、症状を悪化させ、痕にもなりやすい。専門家に対処法を聞いたという

続きを見る

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑