「 読売新聞、産経新聞の医療欄 」 一覧

テレビだけではなく新聞でも医療ネタは人気です。話題に困りません。最新の医学情報は、医者でも新聞から情報を得ているそうです。医者が新聞の切抜きをする理由は、最新の医学は新聞にも載っているということです。生活欄の医療のページは要チェックです。

大腸がん肝転移、3度の肝切除を乗り越え完治

東京都内の会社役員だった60代男性は2005年7月末に毎年受けている健康診断の後、そのまま残るように言われた。 すると医師らに超音波検査で変な物が見つかった。 肝臓に5センチぐらいのしこりがある。

続きを見る

働きながらがん治療は32万5000人

働きながらがん治療を受けている人は全国で32万5000人に上るとの推計を厚生労働省がまとめた。 平成22年の国民生活基礎調査のデータを基に始めて算出し、今年2月中旬、がん患者の就労支援に関する検討会

続きを見る

腸の老化と便秘、腸から脳へ指令

あなたのお肌はきれいですか? 昔からよく「肌は内臓の鏡」といわれるように、腸の不調は、ニキビやシミなど肌トラブルとして表れる。 最近では神経や脳などにも影響することがわかってきた。 「臓器の時間

続きを見る

母乳にエイズウイルスHIVの感染力を失わせる働き

母乳に抗HIVタンパク。 母乳に含まれるTNCと呼ばれるタンパク質にエイズウイルスHIVの感染力を失わせる働きがあることを米デューク大の研究チームが突き止めた。 TNCは傷の修復などにかかわること

続きを見る

便秘の簡単解消なら植物繊維と水分と運動に妥協すること

高齢になると、食事量や運動量などが減ることで便秘になりやすい。 便秘になること腹部が張ってよく眠れなかったり、気分が落ち込んだりして、日常生活にも影響が出る。 便秘を簡単に解消するための食生活と運

続きを見る

血液で癌を予測,AICS検診 胃 大腸 肺 乳 子宮 卵巣 前立腺

食品大手の味の素が開発した、「アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS)」は、血液中の遊離アミノ酸20種の含有量を測定、解析することで、胃がんや大腸がんなど6種のがんの可能性を割り出すサー

続きを見る

病院でイソジンのみ処方は実費で薬局のほうが安い

うがい薬のみ処方H26.4月から保険適用外の厚生労働省方針だそうですね。 4月の診療報酬改定で、厚生労働省は、医療機関でうがい薬だけを処方する場合、薬代や処方せん料などの医療費を保険適用しない方針に

続きを見る

睡眠時無呼吸、SAS、CRAPの値段と費用

女性もかかる睡眠時無呼吸症候群。 睡眠中に何度も呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群(SAS)。 太った中年男性の病気と思われがちだが、専門の医師によると、女性も閉経後はSASにかかる危険が高まるという

続きを見る

アル中の酒を飲みたくなくなる薬が登場

アルコール依存症(アル中)に新薬が登場という産経新聞の生活欄からです。 酒の飲み方をコントロールできず、心身だけでなく人間関係をも壊してしまう恐れのあるアルコール依存症。 治療と再発防止には生涯に

続きを見る

角膜の再生医療は2,3年で再び濁る 口の粘膜細胞 血管

角膜は再生しない器官で、治療は移植しかなかった。 移植は、ドナーが必要なので、ドナー待ち、ドナーが現れない場合もある。 (角膜は再生しないので、大抵亡くなる方などがドナー対象になる) ドナー要ら

続きを見る

関節リウマチ強力に免疫が落ちる薬でB型肝炎

血液検査で肝炎悪化を予防し肝臓を守る。 自分がB型肝炎になってたなんて思いもしませんでした。 青森県の女性63歳はこう話す。 関節リウマチにかかり、五所川原市の西北中央病院リウマチ科長の浦田先生

続きを見る

3つの肝臓の影、何を意味するのか
肝膿瘍の原因は大腸がん。肝臓への道は肝動脈、胆管、門脈の3つ

熱っぽいと言っていたが田んぼを耕していたら倒れた 熱で意識がもうろう

頭部MRIで感染性心内膜炎で違和感がある
意識がない脳梗塞で抗生剤かステロイドパルスか?自発呼吸無し、対光反射消失

意識がない。ドクターGらしい主訴でした。 部屋がちらかっている

no image
無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」

no image
食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断されました。 腫瘍が食道をふさ

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

→もっと見る

PAGE TOP ↑