腸の老化と便秘、腸から脳へ指令

公開日: : 最終更新日:2014/03/20 読売新聞、産経新聞の医療欄

あなたのお肌はきれいですか?
昔からよく「肌は内臓の鏡」といわれるように、腸の不調は、ニキビやシミなど肌トラブルとして表れる。
最近では神経や脳などにも影響することがわかってきた。
「臓器の時間」などの著書がある慶応義塾大学医学部の伊藤裕教授は、「アルツハイマー病やパーキンソン病も腸の老化に起因するのではないか、といわれています」と話す。

パーキンソン病、糖尿病、認知症と便秘の関係

例えば、パーキンソン病の初期症状で多いのは腸の老化の指標でもある便秘。
両者の関連性が研究され始めている。
また糖尿病性の認知症についても腸の老化との解明が進む。
もともと、糖尿病の人は認知症を患いやすいとの研究報告は上がっていた。
この点、従来は糖尿病によって動脈硬化などの血管障害が起こり、脳への血のめぐりが悪くなることが原因と考えられてきた。

しかし研究の結果、腸の機能が低下し、脳にうまく指令を出せなくなっていることが判明し注目されている。
そのほか、身近な所では、おなかの状態が悪いとやる気がでなくなったり、イライラが増したりするのも腸から脳に伝わる指令が原因。

実はわれわれは脳ではなく、腸に操られているのかもしれませんね。
その不調、腸が原因?腸は老化のバロメーター。

関連記事

no image

甲状腺は内科整形外科精神科皮膚科産婦人科で誤診されやすい

甲状腺機能低下症の主な症状 便秘、体重

記事を読む

no image

生理痛冷え性腰痛むくみと体の中から温め方

生理痛や腰痛を悪化させたりむくみの原因に

記事を読む

no image

労災、事故で増える軽度外傷性脳損傷という病名

軽度外傷性脳損傷は、交通事故、労災事故、

記事を読む

no image

ズーノーシスの例の病名、妊婦や子供も注意

産経新聞で天王寺動物園が紹介されていた。

記事を読む

no image

脱法ドラッグは安い、逮捕されない、覚えていない。依存は強い

脱法ドラッグとは危険ドラッグと言い、幻覚

記事を読む

no image

うつ病、双極性障害、薬の妊娠中の服用

お腹の赤ちゃんに影響がないだろうか…

記事を読む

no image

便秘の簡単解消なら植物繊維と水分と運動に妥協すること

高齢になると、食事量や運動量などが減るこ

記事を読む

no image

体臭、口臭、フケは満員電車やエレベーターの中で突然襲ってくる

同僚にどうにかしてほしいことトップ5

記事を読む

no image

OD錠とは水なしで飲める唾液で溶ける薬

ジェネリックとは特許切れの後発薬のこと。

記事を読む

no image

精神安定剤の副作用で甲状腺機能低下症

甲状腺が炎症を起す橋本病と昨年8月に診断

記事を読む

no image
子供の記憶力とやる気が上がる七田チャイルドアカデミー

子供の記憶力が上がるツボで、七田チャイルドアカデミーが紹介されていた。

尿路結石をバスケットカテーテルでつまみだす
尿路結石になりやすいSEや建築現場、営業マン、運転手

尿路結石について。 尿路とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道が含まれてい

no image
子宮頸がん0期の手術後再発する確率6%

37歳の女性です。 3年半前、子宮頚部上皮内がん(0期がん)で円錐切

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない
親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

家で親を介護するものにとって一番大変なのが排泄ケア。 おむつをつける

no image
絹ごし豆腐より木綿の方がマグネシウムが多い

豆腐の高血圧予防改善効果が武の健康番組でやっていました。 豆腐に

→もっと見る

PAGE TOP ↑