母乳にエイズウイルスHIVの感染力を失わせる働き

公開日: : 読売新聞、産経新聞の医療欄

母乳に抗HIVタンパク。
母乳に含まれるTNCと呼ばれるタンパク質にエイズウイルスHIVの感染力を失わせる働きがあることを米デューク大の研究チームが突き止めた。
TNCは傷の修復などにかかわることが知られていた。
HIVの母子感染予防に役立つ可能性がある。

チームは感染していない母親の母乳をHIVと反応させる実験で、ウイルスを中和させる作用を持つ物質を絞り込んでいき、TNCを特定した。
母子感染は妊婦が抗HIV薬を服用することでかなり防げるようになったが、検査や薬に手が届かない妊婦も発展途上国には多い。
母乳由来で安全性が高いと見られる点でも有望だという。

平成26年3月18日の産経新聞生活欄より。
過信するべからずですね。
母乳にその作用があるTNCが含まれているということだけで、母乳を飲めばHIVが予防できるというのは現時点では違うと思います。
将来有効になればいいですね。

関連記事

no image

大腸がん肝転移、3度の肝切除を乗り越え完治

東京都内の会社役員だった60代男性は20

記事を読む

no image

がん検診の要精密検査はお金がかかる、受診率を上げるには?

個人的な意見から始めてみました。 便に

記事を読む

no image

ズーノーシスの例の病名、妊婦や子供も注意

産経新聞で天王寺動物園が紹介されていた。

記事を読む

no image

うつ病、双極性障害、薬の妊娠中の服用

お腹の赤ちゃんに影響がないだろうか…

記事を読む

no image

病院でイソジンのみ処方は実費で薬局のほうが安い

うがい薬のみ処方H26.4月から保険適用

記事を読む

no image

精神安定剤の副作用で甲状腺機能低下症

甲状腺が炎症を起す橋本病と昨年8月に診断

記事を読む

no image

乳がん全摘リンパ節転移2個放射線治療は行いません悩み

がん電話相談 産経新聞生活欄より 乳が

記事を読む

no image

30代の働き盛りに多い脱法ドラッグ中毒

脱法ドラッグ関連事件の摘発は急増している

記事を読む

no image

アル中の酒を飲みたくなくなる薬が登場

アルコール依存症(アル中)に新薬が登場と

記事を読む

no image

血液で癌を予測,AICS検診 胃 大腸 肺 乳 子宮 卵巣 前立腺

食品大手の味の素が開発した、「アミノイン

記事を読む

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑