大腸がん肝転移、3度の肝切除を乗り越え完治

公開日: : 最終更新日:2014/04/10 読売新聞、産経新聞の医療欄

東京都内の会社役員だった60代男性は2005年7月末に毎年受けている健康診断の後、そのまま残るように言われた。
すると医師らに超音波検査で変な物が見つかった。
肝臓に5センチぐらいのしこりがある。このままではだめだといわれ、近くの病院に直行するように指示された。

肝臓に転移しやすい大腸がん

病院で調べた所、肝臓のしこりは別の臓器から転移したがんだった。
放置すれば余命は半年程度という状態だった。
ところが1ヶ月検査入院しても元の癌が見つからず、すぐに手術ができなかった。
医師の勧めもあり、がん専門の「がん有明病院」に転院した。
10月半ばの内視鏡検査でようやく大腸がんが見つかった。
粘膜表面よりももっと深い所に広がっており、見つけにくかった。

がん有明病院の消化器外科・肝胆膵担当部長の齋浦先生によると、大腸がんは肝臓に最も転移しやすく、2割の患者に肝転移がある。
ほかの臓器に転移した場合、一般的にがんの治療は非常に難しくなる。

大腸がん肝転移5年生存率50%以上で肝臓は再生能力がある

しかし大腸がんの肝転移は近年、切除技術や抗がん剤の進歩などで治療実績が向上しており、半数以上の患者は手術可能で、5年生存率は50%を越します。

10月末に開腹手術を受け、大腸と肝臓のがんを順番に切除した。
転移した癌は大小数個を切除したが、再発する可能性はあるが、また切れば大丈夫と説明された。
肝臓には再生能力があり、30%残すことができれば、ほぼ元通りになるため再発しても手術を繰り返せる。
医師の予想通り、年明けに肝臓に再発し、2月に2度目の手術を受けた。
60代男性は2度目なので恐怖はなかった。がんは取れるんだから医師を信頼すればいいと思った。

ところがそれでも終わらなかった。
2度目の手術後に抗がん剤治療を受け、安心感も出始めた1年後、またも肝臓に再発。
なぜまた?とショックを受けながら、07年5月に3度目の手術を受けた。
今回は肝臓の血管の近い場所にがんがあり、血管修復も含めた手術は10時間かかった。

大腸がん肝転移、3度の肝切除を乗り越え完治

3度目の手術からもうすぐ7年。
再発はない。病をきっかけに56歳で仕事を引退し、自然豊な八ヶ岳の山麓でのんびり暮らす。
思ったことは癌は手術が出来れば治る可能性は高いということ。

昔は肝転移が多いと手術できなかった。
しかし、今は切除技術が進歩し、肝臓機能を損なわず、転移の数が多くても手術できるようになった。

今の時代癌は治る病気ですと テレビでも医師タレントが話しています。
今の時代、癌は治る病気という時代になりましたが日本人の死因1位は癌です。知れば知るほど病気の世界は興味がわいてきます。平成26年3月12日の読売新聞くらし健康の医療ルネサンスより。

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑