大腸がん肝転移、3度の肝切除を乗り越え完治

公開日: : 最終更新日:2014/04/10 読売新聞、産経新聞の医療欄

東京都内の会社役員だった60代男性は2005年7月末に毎年受けている健康診断の後、そのまま残るように言われた。
すると医師らに超音波検査で変な物が見つかった。
肝臓に5センチぐらいのしこりがある。このままではだめだといわれ、近くの病院に直行するように指示された。

肝臓に転移しやすい大腸がん

病院で調べた所、肝臓のしこりは別の臓器から転移したがんだった。
放置すれば余命は半年程度という状態だった。
ところが1ヶ月検査入院しても元の癌が見つからず、すぐに手術ができなかった。
医師の勧めもあり、がん専門の「がん有明病院」に転院した。
10月半ばの内視鏡検査でようやく大腸がんが見つかった。
粘膜表面よりももっと深い所に広がっており、見つけにくかった。

がん有明病院の消化器外科・肝胆膵担当部長の齋浦先生によると、大腸がんは肝臓に最も転移しやすく、2割の患者に肝転移がある。
ほかの臓器に転移した場合、一般的にがんの治療は非常に難しくなる。

大腸がん肝転移5年生存率50%以上で肝臓は再生能力がある

しかし大腸がんの肝転移は近年、切除技術や抗がん剤の進歩などで治療実績が向上しており、半数以上の患者は手術可能で、5年生存率は50%を越します。

10月末に開腹手術を受け、大腸と肝臓のがんを順番に切除した。
転移した癌は大小数個を切除したが、再発する可能性はあるが、また切れば大丈夫と説明された。
肝臓には再生能力があり、30%残すことができれば、ほぼ元通りになるため再発しても手術を繰り返せる。
医師の予想通り、年明けに肝臓に再発し、2月に2度目の手術を受けた。
60代男性は2度目なので恐怖はなかった。がんは取れるんだから医師を信頼すればいいと思った。

ところがそれでも終わらなかった。
2度目の手術後に抗がん剤治療を受け、安心感も出始めた1年後、またも肝臓に再発。
なぜまた?とショックを受けながら、07年5月に3度目の手術を受けた。
今回は肝臓の血管の近い場所にがんがあり、血管修復も含めた手術は10時間かかった。

大腸がん肝転移、3度の肝切除を乗り越え完治

3度目の手術からもうすぐ7年。
再発はない。病をきっかけに56歳で仕事を引退し、自然豊な八ヶ岳の山麓でのんびり暮らす。
思ったことは癌は手術が出来れば治る可能性は高いということ。

昔は肝転移が多いと手術できなかった。
しかし、今は切除技術が進歩し、肝臓機能を損なわず、転移の数が多くても手術できるようになった。

今の時代癌は治る病気ですと テレビでも医師タレントが話しています。
今の時代、癌は治る病気という時代になりましたが日本人の死因1位は癌です。知れば知るほど病気の世界は興味がわいてきます。平成26年3月12日の読売新聞くらし健康の医療ルネサンスより。

関連記事

no image
亜鉛が足りない?手のしびれと鬱、脱毛、肌荒れ、食欲減退

亜鉛は腸管から30%しか吸収されない。 70%は体外、汗などで流出。

no image
子供の記憶力とやる気が上がる七田チャイルドアカデミー

子供の記憶力が上がるツボで、七田チャイルドアカデミーが紹介されていた。

尿路結石をバスケットカテーテルでつまみだす
尿路結石になりやすいSEや建築現場、営業マン、運転手

尿路結石について。 尿路とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道が含まれてい

no image
子宮頸がん0期の手術後再発する確率6%

37歳の女性です。 3年半前、子宮頚部上皮内がん(0期がん)で円錐切

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない
親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

家で親を介護するものにとって一番大変なのが排泄ケア。 おむつをつける

→もっと見る

PAGE TOP ↑