働きながらがん治療は32万5000人

公開日: : 読売新聞、産経新聞の医療欄

働きながらがん治療を受けている人は全国で32万5000人に上るとの推計を厚生労働省がまとめた。
平成22年の国民生活基礎調査のデータを基に始めて算出し、今年2月中旬、がん患者の就労支援に関する検討会の初会合に提出した。

がんの生存率が向上する一方で、就労可能な年齢で癌になる人は毎年少なくとも20万人を超える。
相当数が仕事を辞めていると見られ、就労支援の重要性が改めて明らかになった。

若くして癌をわずらっている方の人数がわかる統計

働くがん患者の内訳は、男性約14万4000人に対し、女性約18万1000人。
男性は60代が最も多く、約6万1000人、それに50代(約3万4000人)、70歳以上(約3万2000人)が続く。
女性は50代が約7万人で最多、ついで40代(約5万人)、60代(約3万4000人)の順。

男性は肺がんなど高齢で発病する癌が多いのに対し、女性に多い乳癌は比較的低い年齢で発病するといった違いを反映しているとみられる。

厚労省によると、20年の新規患者約80万人(上皮癌を含む)のうち、20~64歳は約25万9000人で32%、
対象を69歳まで広げると、約36万5000人で46%に達する。
今後雇用延長などで働く人の高齢化が進むと、患者の就労支援はよりいっそう重要になる。

検討会のメンバーで就労を支援する会社やNPO法人を運営している乳癌経験者の桜井なおみさんは、がんによって患者本人の雇用が揺らぐだけでなく、患者を支える家族の仕事にも影響する。
社会的、経済的な損失は非常に大きく、国としての戦略が必要だと話す。
検討会は夏頃までに低減をまとめる予定。

人に知られずがんばって闘病しながら仕事をする人もいる

みんな知らないところでがんばっているのだなぁと思います。
身近にはいないけれど、日本のどこかで闘病と仕事を両立している生き方をする人がこれだけ大勢居るということがわかります。
今の時代、癌は治る時代だというけれど、死因の第一位も癌なんですよね。

病気と医者と付き合っていく、自分の病気の質というか形を知り、ライフスタイルを作り上げるというか、人生はそれぞれ大事なものですから、癌が人間の医療の力である程度コントロールができるようになった結果だと思いますね。

関連記事

no image

精神安定剤の副作用で甲状腺機能低下症

甲状腺が炎症を起す橋本病と昨年8月に診断

記事を読む

no image

30代の働き盛りに多い脱法ドラッグ中毒

脱法ドラッグ関連事件の摘発は急増している

記事を読む

女性の薄毛と隠し方はカーラーで巻く

女性の薄毛と隠し方はカーラーで巻く

女性の薄毛は頭頂部を中心に頭髪全体が薄く

記事を読む

no image

血液で癌を予測,AICS検診 胃 大腸 肺 乳 子宮 卵巣 前立腺

食品大手の味の素が開発した、「アミノイン

記事を読む

睡眠時無呼吸、SAS、CRAPの値段と費用

睡眠時無呼吸、SAS、CRAPの値段と費用

女性もかかる睡眠時無呼吸症候群。 睡眠

記事を読む

no image

日本人の身長が低くなった原因は低体重児(新生児)

平成30年2月20日火曜日の産経新聞生活

記事を読む

no image

うつ病、双極性障害、薬の妊娠中の服用

お腹の赤ちゃんに影響がないだろうか…

記事を読む

no image

がん甲状腺しこりのう胞針生検細胞診エコー病院

超音波検査がん発見も。 健康診断の一環

記事を読む

no image

遺伝性の病気先天的な骨の異常で出産直後に死亡する病名が変更

致死性骨異形成症の病名が変更と読売新聞に

記事を読む

no image

乳がん全摘リンパ節転移2個放射線治療は行いません悩み

がん電話相談 産経新聞生活欄より 乳が

記事を読む

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

→もっと見る

PAGE TOP ↑