癌の診断、宣告、告知後1年以内の自殺と事故死の危険大

公開日: : 最終更新日:2014/06/03 読売新聞、産経新聞の医療欄

平成26年5月27日の産経新聞の医療欄です。
恐らくこれは癌の告知後のことだと思います。

癌と診断されて1年以内の患者が自殺や事故で死亡する危険性は、
がん患者と比べて約20倍になるとの研究結果を国立がん研究センターなどのチームがまとめた。
診断が原因の心理的ストレスのほか、病気や治療による生活の変化、体力や注意力の低下などが影響してると考えられるという。

癌の診断後の死亡者数

研究に参加した国立精神・神経医療研究センターの山内貴史研究員は、「自殺や事故死は防げる死と考え、危険性の高井時期は患者の支援を充実させることが必要だ」と話している。
チームは、1990年代に全国9府県に住んでいた40~69歳の約10万3000人を平成22年まで追跡調査し解析した。
期間中に約1万1000人が癌と診断され、1年以内に13人が自殺、16人が事故で死亡した。

診断から1年以内の人は癌ではない人に比べ、自殺の危険性が23.9倍になった。
また、交通事故や高い所からの落下、溺れたなど、自殺かどうかはわからない事故での死亡が18.8倍になった。
一方、診断から1年以上経過した人の場合はがんでない人と差がなかった。
また、がんが見つかった時点で進行度別で分析してみても、自殺や事故死の危険性に違いはなかった。

雨上がり決死隊の宮迫博之が胃がんを宣告された時、目の前が真っ暗になったといいます。そうした精神状態に陥る状態のなかで、自殺、事故死の増加は納得できます。
病院の医者やその他の職員が、しっかりサポートしてあげる必要がありますね。
宮迫も余命は半年と言われながら、手術をすれば治った訳ですから。

関連記事

no image

脂肪肝の原因はミンクル?脂肪組織繊維化の鍵分子

脂肪にはいくつかの種類があり、腹部の筋肉

記事を読む

no image

角膜の再生医療は2,3年で再び濁る 口の粘膜細胞 血管

角膜は再生しない器官で、治療は移植しかな

記事を読む

no image

息子の不眠、幻聴、異常行動は統合失調症だった

精神疾患の早期診断は医師でさえ難しいが、

記事を読む

no image

労災、事故で増える軽度外傷性脳損傷という病名

軽度外傷性脳損傷は、交通事故、労災事故、

記事を読む

no image

生理痛冷え性腰痛むくみと体の中から温め方

生理痛や腰痛を悪化させたりむくみの原因に

記事を読む

no image

OD錠とは水なしで飲める唾液で溶ける薬

ジェネリックとは特許切れの後発薬のこと。

記事を読む

no image

汗によるかゆみあせもは治るが、接触性皮膚炎は悪化する場合がある

蒸し暑い梅雨の時期から夏にかけては毎年汗

記事を読む

no image

便秘の簡単解消なら植物繊維と水分と運動に妥協すること

高齢になると、食事量や運動量などが減るこ

記事を読む

no image

血液で癌を予測,AICS検診 胃 大腸 肺 乳 子宮 卵巣 前立腺

食品大手の味の素が開発した、「アミノイン

記事を読む

no image

播種性血管内凝固症候群という病気、症状、原因、検査

播種性血管内凝固症候群はんしゅせいけっか

記事を読む

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑