癌の診断、宣告、告知後1年以内の自殺と事故死の危険大

公開日: : 最終更新日:2014/06/03 読売新聞、産経新聞の医療欄

平成26年5月27日の産経新聞の医療欄です。
恐らくこれは癌の告知後のことだと思います。

癌と診断されて1年以内の患者が自殺や事故で死亡する危険性は、
がん患者と比べて約20倍になるとの研究結果を国立がん研究センターなどのチームがまとめた。
診断が原因の心理的ストレスのほか、病気や治療による生活の変化、体力や注意力の低下などが影響してると考えられるという。

癌の診断後の死亡者数

研究に参加した国立精神・神経医療研究センターの山内貴史研究員は、「自殺や事故死は防げる死と考え、危険性の高井時期は患者の支援を充実させることが必要だ」と話している。
チームは、1990年代に全国9府県に住んでいた40~69歳の約10万3000人を平成22年まで追跡調査し解析した。
期間中に約1万1000人が癌と診断され、1年以内に13人が自殺、16人が事故で死亡した。

診断から1年以内の人は癌ではない人に比べ、自殺の危険性が23.9倍になった。
また、交通事故や高い所からの落下、溺れたなど、自殺かどうかはわからない事故での死亡が18.8倍になった。
一方、診断から1年以上経過した人の場合はがんでない人と差がなかった。
また、がんが見つかった時点で進行度別で分析してみても、自殺や事故死の危険性に違いはなかった。

雨上がり決死隊の宮迫博之が胃がんを宣告された時、目の前が真っ暗になったといいます。そうした精神状態に陥る状態のなかで、自殺、事故死の増加は納得できます。
病院の医者やその他の職員が、しっかりサポートしてあげる必要がありますね。
宮迫も余命は半年と言われながら、手術をすれば治った訳ですから。

1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?
1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?

原因不明のめまいとは、 微量の耳石が剥がれるなど画像に移らないと

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

→もっと見る

PAGE TOP ↑