子宮頸がんウイルスHPVが経膣エコーに付着するらしい

公開日: : 最終更新日:2014/06/09 読売新聞、産経新聞の医療欄

子宮頸がんの主な原因となる「ヒトパピローマウイルス」が婦人科の診察で使う
超音波検査機器に付着することがあるという調査結果を、自治医大などのグループが発表した。

婦人科の経膣エコーにHPVが付着してるという研究結果

膣に器具を入れて子宮や卵巣の状態を見る超音波検査は、婦人科の診察で広く行われている。
通常は一日の診療開始前に消毒し、ゴム製などのカバーをつけ、カバーは患者ごとに交換、廃棄している。

自治医大産婦人科准教授の桑田先生らは同大で行った20本の器具を1日の診察終了後に検査した結果、2本からウイルスが検出された。
そこで、カバーを交換する時に手袋をはめて1回ごとに手袋も捨てるとウイルスの検出は1本もなかった。
カバーを交換する医療スタッフの手を通じてウイルスが器具に付着した可能性もあるという。

このウイルスは体内に入っても大部分は自然に消失するが、感染が持続したごく一部が子宮頸がんを起こす。
今後さらに広く実態調査を行ったうえで徹底した防止策を講じて生きたいと話している。
読売新聞平成26年6月1日のくらし欄より。

HPVは予防できるが治療薬はないという理解

男性性器に付着し、主に性行為で感染するウイルスで、最近では予防接種が行われ、その副作用で苦しむ女性もテレビで放送されました。
立ったとき低血圧、足が痛いの子宮頸がんワクチンの副作用

予防接種で苦しんでいる方がいるのに、病院では結構菌の温床になっている感じです。
予防接種をするような若い女性はなかなか病院の婦人科には来る用事はないと思いますが。
20~30代女性の3割が感染しているそうで、感染しているからと言ってすぐ死ぬわけでもない。
だが、女性の癌、男性の癌、肛門の癌などと関連性があるウイルス。
予防はできるが、まだHPVに治療薬はないそうです。

関連記事

no image

がん甲状腺しこりのう胞針生検細胞診エコー病院

超音波検査がん発見も。 健康診断の一環

記事を読む

no image

メタボ遺伝子ARIAの薬が開発されれば血管脂肪燃焼促進蓄積しにくい

メタボ遺伝子を解明で肥満治療の応用が期待

記事を読む

甲状腺は内科整形外科精神科皮膚科産婦人科で誤診

甲状腺は内科整形外科精神科皮膚科産婦人科で誤診されやすい

甲状腺機能低下症の主な症状 便秘、

記事を読む

no image

精神安定剤の副作用で甲状腺機能低下症

甲状腺が炎症を起す橋本病と昨年8月に診断

記事を読む

no image

日本人の身長が低くなった原因は低体重児(新生児)

平成30年2月20日火曜日の産経新聞生活

記事を読む

女性の薄毛と隠し方はカーラーで巻く

女性の薄毛と隠し方はカーラーで巻く

女性の薄毛は頭頂部を中心に頭髪全体が薄く

記事を読む

no image

働きながらがん治療は32万5000人

働きながらがん治療を受けている人は全国で

記事を読む

no image

関節リウマチ強力に免疫が落ちる薬でB型肝炎

血液検査で肝炎悪化を予防し肝臓を守る。

記事を読む

no image

うつ病、双極性障害、薬の妊娠中の服用

お腹の赤ちゃんに影響がないだろうか…

記事を読む

no image

播種性血管内凝固症候群という病気、症状、原因、検査

播種性血管内凝固症候群はんしゅせいけっか

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑