子宮頸がんウイルスHPVが経膣エコーに付着するらしい

公開日: : 最終更新日:2014/06/09 読売新聞、産経新聞の医療欄

子宮頸がんの主な原因となる「ヒトパピローマウイルス」が婦人科の診察で使う
超音波検査機器に付着することがあるという調査結果を、自治医大などのグループが発表した。

婦人科の経膣エコーにHPVが付着してるという研究結果

膣に器具を入れて子宮や卵巣の状態を見る超音波検査は、婦人科の診察で広く行われている。
通常は一日の診療開始前に消毒し、ゴム製などのカバーをつけ、カバーは患者ごとに交換、廃棄している。

自治医大産婦人科准教授の桑田先生らは同大で行った20本の器具を1日の診察終了後に検査した結果、2本からウイルスが検出された。
そこで、カバーを交換する時に手袋をはめて1回ごとに手袋も捨てるとウイルスの検出は1本もなかった。
カバーを交換する医療スタッフの手を通じてウイルスが器具に付着した可能性もあるという。

このウイルスは体内に入っても大部分は自然に消失するが、感染が持続したごく一部が子宮頸がんを起こす。
今後さらに広く実態調査を行ったうえで徹底した防止策を講じて生きたいと話している。
読売新聞平成26年6月1日のくらし欄より。

HPVは予防できるが治療薬はないという理解

男性性器に付着し、主に性行為で感染するウイルスで、最近では予防接種が行われ、その副作用で苦しむ女性もテレビで放送されました。
立ったとき低血圧、足が痛いの子宮頸がんワクチンの副作用

予防接種で苦しんでいる方がいるのに、病院では結構菌の温床になっている感じです。
予防接種をするような若い女性はなかなか病院の婦人科には来る用事はないと思いますが。
20~30代女性の3割が感染しているそうで、感染しているからと言ってすぐ死ぬわけでもない。
だが、女性の癌、男性の癌、肛門の癌などと関連性があるウイルス。
予防はできるが、まだHPVに治療薬はないそうです。

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

→もっと見る

PAGE TOP ↑