子宮頸がんウイルスHPVが経膣エコーに付着するらしい

公開日: : 最終更新日:2014/06/09 読売新聞、産経新聞の医療欄

子宮頸がんの主な原因となる「ヒトパピローマウイルス」が婦人科の診察で使う
超音波検査機器に付着することがあるという調査結果を、自治医大などのグループが発表した。

婦人科の経膣エコーにHPVが付着してるという研究結果

膣に器具を入れて子宮や卵巣の状態を見る超音波検査は、婦人科の診察で広く行われている。
通常は一日の診療開始前に消毒し、ゴム製などのカバーをつけ、カバーは患者ごとに交換、廃棄している。

自治医大産婦人科准教授の桑田先生らは同大で行った20本の器具を1日の診察終了後に検査した結果、2本からウイルスが検出された。
そこで、カバーを交換する時に手袋をはめて1回ごとに手袋も捨てるとウイルスの検出は1本もなかった。
カバーを交換する医療スタッフの手を通じてウイルスが器具に付着した可能性もあるという。

このウイルスは体内に入っても大部分は自然に消失するが、感染が持続したごく一部が子宮頸がんを起こす。
今後さらに広く実態調査を行ったうえで徹底した防止策を講じて生きたいと話している。
読売新聞平成26年6月1日のくらし欄より。

HPVは予防できるが治療薬はないという理解

男性性器に付着し、主に性行為で感染するウイルスで、最近では予防接種が行われ、その副作用で苦しむ女性もテレビで放送されました。
立ったとき低血圧、足が痛いの子宮頸がんワクチンの副作用

予防接種で苦しんでいる方がいるのに、病院では結構菌の温床になっている感じです。
予防接種をするような若い女性はなかなか病院の婦人科には来る用事はないと思いますが。
20~30代女性の3割が感染しているそうで、感染しているからと言ってすぐ死ぬわけでもない。
だが、女性の癌、男性の癌、肛門の癌などと関連性があるウイルス。
予防はできるが、まだHPVに治療薬はないそうです。

関連記事

no image

癌の診断、宣告、告知後1年以内の自殺と事故死の危険大

平成26年5月27日の産経新聞の医療欄で

記事を読む

no image

便秘の簡単解消なら植物繊維と水分と運動に妥協すること

高齢になると、食事量や運動量などが減るこ

記事を読む

no image

脱法ドラッグは安い、逮捕されない、覚えていない。依存は強い

脱法ドラッグとは危険ドラッグと言い、幻覚

記事を読む

no image

ズーノーシスの例の病名、妊婦や子供も注意

産経新聞で天王寺動物園が紹介されていた。

記事を読む

no image

精神安定剤の副作用で甲状腺機能低下症

甲状腺が炎症を起す橋本病と昨年8月に診断

記事を読む

no image

関節リウマチ強力に免疫が落ちる薬でB型肝炎

血液検査で肝炎悪化を予防し肝臓を守る。

記事を読む

no image

うつ病、双極性障害、薬の妊娠中の服用

お腹の赤ちゃんに影響がないだろうか…

記事を読む

no image

日本人の身長が低くなった原因は低体重児(新生児)

平成30年2月20日火曜日の産経新聞生活

記事を読む

女性の薄毛と隠し方はカーラーで巻く

女性の薄毛と隠し方はカーラーで巻く

女性の薄毛は頭頂部を中心に頭髪全体が薄く

記事を読む

no image

乳がん全摘リンパ節転移2個放射線治療は行いません悩み

がん電話相談 産経新聞生活欄より 乳が

記事を読む

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑