30代の働き盛りに多い脱法ドラッグ中毒

公開日: : 最終更新日:2014/10/21 読売新聞、産経新聞の医療欄

脱法ドラッグ関連事件の摘発は急増している。
読売新聞平成26年10月12日の記事によると、
脱法ドラッグの乱用者は2011年ごろから増加したらしい。
総務省消防庁によると、2009年から今年2014年6月までの5年半で、
脱法ドラッグとみられる薬物を使用し救急搬送された人は全国で4469人に上る。

30代の働き盛りに多い脱法ドラッグ中毒

救急車で搬送された病院は、トライエージ(薬物乱用検査キット)をして陽性なら警察を呼ぶのでしょうか。
これが脱法ドラッグで反応するのか?通報の義務はないのに警察に突き出すのは正しいのか?などは今の時点では私にはわかりませんが…

脱法ドラッグを摂取した運転手による事故も相次ぎ、警察庁のまとめでは、関連事件は、2014年1月~6月で145人摘発。
平均年齢は34歳。
働き盛りの年齢だ。
自分の今の苦しい生活にこの世を恨む人は多いのだろう。
(必死に働けど年収300万円の生活を送ると誰もがそう思うだろうが…)

今年4月に改正で指定薬物の所持や使用が禁じられたが、化学物質の構造の一部を変えた商品がすぐに出回り、規制が追い付かないいたちごっこが続いている。

脱法ドラッグの治療法

薬物依存症の治療は向精神薬などの投薬と、依存症に陥る思考や行動パターンを変化させる「認知行動療法」が2本柱。
まずは入院し、体に危険薬物を入れない状態を維持したうえで、幻視、幻聴を抑える向精神薬や睡眠薬が処方する。
投薬の効果はすぐに表れ、徐々に薬を減らして認知行動療法に移る。

この療法では、医師や看護師、臨床心理士らがチームを組む。
患者数人でグループを作り、専門家が作成したテキストで、薬物に手をだしたきっかけをや症状を話し合うことで、考え方や行動の癖を直して再使用しないように自らをコントロールする方法を学ぶ。

ところで面白いブログ発見しました。
救急科専門医の独り言:トライエージという検査があります。
医師のトライエージの意見をブログで見るのも面白いです。

関連記事

no image

メタボ遺伝子ARIAの薬が開発されれば血管脂肪燃焼促進蓄積しにくい

メタボ遺伝子を解明で肥満治療の応用が期待

記事を読む

no image

腸の老化と便秘、腸から脳へ指令

あなたのお肌はきれいですか? 昔からよ

記事を読む

女性の薄毛と隠し方はカーラーで巻く

女性の薄毛と隠し方はカーラーで巻く

女性の薄毛は頭頂部を中心に頭髪全体が薄く

記事を読む

no image

労災、事故で増える軽度外傷性脳損傷という病名

軽度外傷性脳損傷は、交通事故、労災事故、

記事を読む

no image

角膜の再生医療は2,3年で再び濁る 口の粘膜細胞 血管

角膜は再生しない器官で、治療は移植しかな

記事を読む

no image

低血糖起こりにくいエクア錠インクレチン関連薬の効果・副作用

エクア錠やジャヌビア錠という最近よく病院

記事を読む

no image

がん甲状腺しこりのう胞針生検細胞診エコー病院

超音波検査がん発見も。 健康診断の一環

記事を読む

no image

関節リウマチ強力に免疫が落ちる薬でB型肝炎

血液検査で肝炎悪化を予防し肝臓を守る。

記事を読む

no image

脱法ドラッグは安い、逮捕されない、覚えていない。依存は強い

脱法ドラッグとは危険ドラッグと言い、幻覚

記事を読む

no image

ズーノーシスの例の病名、妊婦や子供も注意

産経新聞で天王寺動物園が紹介されていた。

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑