30代の働き盛りに多い脱法ドラッグ中毒

公開日: : 最終更新日:2014/10/21 読売新聞、産経新聞の医療欄

脱法ドラッグ関連事件の摘発は急増している。
読売新聞平成26年10月12日の記事によると、
脱法ドラッグの乱用者は2011年ごろから増加したらしい。
総務省消防庁によると、2009年から今年2014年6月までの5年半で、
脱法ドラッグとみられる薬物を使用し救急搬送された人は全国で4469人に上る。

30代の働き盛りに多い脱法ドラッグ中毒

救急車で搬送された病院は、トライエージ(薬物乱用検査キット)をして陽性なら警察を呼ぶのでしょうか。
これが脱法ドラッグで反応するのか?通報の義務はないのに警察に突き出すのは正しいのか?などは今の時点では私にはわかりませんが…

脱法ドラッグを摂取した運転手による事故も相次ぎ、警察庁のまとめでは、関連事件は、2014年1月~6月で145人摘発。
平均年齢は34歳。
働き盛りの年齢だ。
自分の今の苦しい生活にこの世を恨む人は多いのだろう。
(必死に働けど年収300万円の生活を送ると誰もがそう思うだろうが…)

今年4月に改正で指定薬物の所持や使用が禁じられたが、化学物質の構造の一部を変えた商品がすぐに出回り、規制が追い付かないいたちごっこが続いている。

脱法ドラッグの治療法

薬物依存症の治療は向精神薬などの投薬と、依存症に陥る思考や行動パターンを変化させる「認知行動療法」が2本柱。
まずは入院し、体に危険薬物を入れない状態を維持したうえで、幻視、幻聴を抑える向精神薬や睡眠薬が処方する。
投薬の効果はすぐに表れ、徐々に薬を減らして認知行動療法に移る。

この療法では、医師や看護師、臨床心理士らがチームを組む。
患者数人でグループを作り、専門家が作成したテキストで、薬物に手をだしたきっかけをや症状を話し合うことで、考え方や行動の癖を直して再使用しないように自らをコントロールする方法を学ぶ。

ところで面白いブログ発見しました。
救急科専門医の独り言:トライエージという検査があります。
医師のトライエージの意見をブログで見るのも面白いです。

関連記事

no image

海外旅行ワクチンの接種回数、有効期間、感染病リスト

日本人の海外旅行者が増える中、旅先での感

記事を読む

no image

がん検診の要精密検査はお金がかかる、受診率を上げるには?

個人的な意見から始めてみました。 便に

記事を読む

no image

角膜の再生医療は2,3年で再び濁る 口の粘膜細胞 血管

角膜は再生しない器官で、治療は移植しかな

記事を読む

no image

日本人の身長が低くなった原因は低体重児(新生児)

平成30年2月20日火曜日の産経新聞生活

記事を読む

no image

うつ病、双極性障害、薬の妊娠中の服用

お腹の赤ちゃんに影響がないだろうか…

記事を読む

no image

アル中の酒を飲みたくなくなる薬が登場

アルコール依存症(アル中)に新薬が登場と

記事を読む

no image

生理痛冷え性腰痛むくみと体の中から温め方

生理痛や腰痛を悪化させたりむくみの原因に

記事を読む

no image

ズーノーシスの例の病名、妊婦や子供も注意

産経新聞で天王寺動物園が紹介されていた。

記事を読む

no image

脱法ドラッグは安い、逮捕されない、覚えていない。依存は強い

脱法ドラッグとは危険ドラッグと言い、幻覚

記事を読む

no image

子宮頸がんウイルスHPVが経膣エコーに付着するらしい

子宮頸がんの主な原因となる「ヒトパピロー

記事を読む

no image
急性期一般入院料234567での在宅復帰率

急性期入院料1のみが施設基準で8割を満たすとある。 それ以外は提出義

熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相
熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相

仕事で忙しいから、一番高熱のピークで病院行かず、 風邪ひいた後の

no image
受付時間からピポットテーブルと統合機能で各日付の医師別患者数を出す

エクセルが手入力の早さに負けた日・・・ 病院の患者数。 過去3

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

尿が赤い、泡、10回、寝ている時に4~5回で腎不全の可能性
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

→もっと見る

PAGE TOP ↑