アイドルは小頭症かというほど顔が小さい。PQBP1という遺伝子の異常

公開日: : 最終更新日:2014/09/16 読売新聞、産経新聞の医療欄

冒頭から話は変わりますが、最近のアイドルや女優、アナウンサーは小頭症か!って言うほど顔が小さい人が多いですね。
スタイルもよくて素晴らしい才能というか、親からいい遺伝子もらったんだなと思います。


顔が小さいアイドルのような女性はどんな洋服を着ても可愛いんですよ。
きゃりーぱみゅぱみゅも可愛いですしね。
人間、頭が大きく脳が大きいほうが賢いわけですが、日本人は不勉強の人も多く、頭が小さいアナウンサーの方が何倍も賢いっていう感じですね。

話は本題に戻り、小頭症は脳の発育が悪い病気で、本来、小頭症の患者は、知的障害を伴います。

マウスに遺伝子を入れて脳の大きさ回復という記事

頭が通常より小さく知的障害を伴うことがある「小頭症」のうち、PQBP1という遺伝子の異常が原因となる種類を再現したマウスの胎児に遺伝子を入れ、脳の大きさを回復させる実験に成功したと、東京医科歯科大学の岡沢均教授らのチームがアメリカの専門誌に発表した。

マウスの胎児の脳では神経幹細胞が自らを増やしながら神経細胞に変化して脳を作り上げるが、PQBP1が働かないと肝細胞の増殖回数が減り、出生までに必要な大きさの脳ができないことが分かった。

次にこうした子を妊娠したマウスの腹にPQBP1を組み込んだウイルスを注射。
小頭症のマウスの脳は正常な脳の65%ほどの大きさだが、遺伝子を補うと、85%まで回復した。
マウスに音と電気刺激を与え、そのあとに音だけですくむ行動をするかどうか調べる実験などで学習能力の改善も確かめたという。

PQBP1異常の小頭症は1万2千~2万4千人に1人の割合で起きるとされる。
岡沢教授は「人為的に脳のサイズを調節できることが分かった。治療の可能性が示せたのではないか」と話している。

関連記事

睡眠時無呼吸、SAS、CRAPの値段と費用

睡眠時無呼吸、SAS、CRAPの値段と費用

女性もかかる睡眠時無呼吸症候群。 睡眠

記事を読む

no image

遺伝性の病気先天的な骨の異常で出産直後に死亡する病名が変更

致死性骨異形成症の病名が変更と読売新聞に

記事を読む

no image

低血糖起こりにくいエクア錠インクレチン関連薬の効果・副作用

エクア錠やジャヌビア錠という最近よく病院

記事を読む

no image

がん甲状腺しこりのう胞針生検細胞診エコー病院

超音波検査がん発見も。 健康診断の一環

記事を読む

no image

大腸がん肝転移、3度の肝切除を乗り越え完治

東京都内の会社役員だった60代男性は20

記事を読む

no image

納豆アレルギーはマリンスポーツ愛好者に多い?

発酵食品の納豆は、食べて半日たってから全

記事を読む

no image

便秘の簡単解消なら植物繊維と水分と運動に妥協すること

高齢になると、食事量や運動量などが減るこ

記事を読む

no image

精神安定剤の副作用で甲状腺機能低下症

甲状腺が炎症を起す橋本病と昨年8月に診断

記事を読む

no image

糖尿病、高血圧、気楽にやればいいが50%以上

深刻度が低い高血圧患者という産経新聞の記

記事を読む

no image

脂肪肝の原因はミンクル?脂肪組織繊維化の鍵分子

脂肪にはいくつかの種類があり、腹部の筋肉

記事を読む

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

ノロウイルスは、手指や食品などから経口で感染
治療は保険、ノロウイルスの検査だけ実費が正しい見解

ノロウイルスの保険適応 ア 3才未満の患者 イ 65歳以上の患

→もっと見る

PAGE TOP ↑