小学校高学年から高校生の成長期 身長の伸びとスポーツ障害

公開日: : 最終更新日:2014/05/15 読売新聞、産経新聞の医療欄

成長期に起きやすいスポーツ障害。
小学校高学年から高校生にかけて起きる障害で、強いアクシデントによる外傷とは違い、日々のトレーニングで負荷や小さな損傷が積み重なり発症する慢性的なもの。

成長期はまず骨の発育に伴う身長の伸びがピークを迎え、次に筋力増加のピークが来ます。
どの時期にどんな障害が起きるのかを理解していないと、過度な運動量や反復動作を課して体を傷つけてしまう。
トップ選手でも長引く怪我や疾患の火種がジュニア期にある例をみかける。

身長の伸びが著しい時期の障害

目立つのは骨の両端にある成長軟骨という部分が傷ついて起こる「骨端症」。
骨が伸びるのは、成長軟骨で盛んに細胞分裂が起きる為ですが、ここ部分は外からの圧力に弱く、ひねりや反りの動作を繰り返すと、その負担で亀裂が入って痛みが出ます。

骨と骨が接する関節部分でおきやすく、野球選手の野球肘、バレーボール選手に多い膝のオスグッド病などがあります。

痛みはじわじわと来るので、子供は我慢して運動を続け、悪化させてしまいがち。
初期なら痛む場所に負荷をかける動作をやめれば治る。
痛みというサインを見抜き、患部への負担の小さい練習メニューに切り替える工夫も大切です。

伸びが落ち着いてからの障害

代表的なものが疲労骨折です。
特に女子は月経がない状態が続くと、骨折しやすく、赴任になる恐れもあります。
鉄不足による貧血も要注意です。
多くの指導者が男性なので相談しにくい。
婦人科に行きづらいなどの事情もあると思いますが、月経のことは結婚や出産にも影響します。
指導者にもそういう面での配慮を求められます。

成長期のスポーツ障害の予防策

選手に身長と体重を知らせて、指導者や保護者が変化を把握し、成長に見合った練習をさせる。
成長には個人差があるが、小学生は基本動作、中学生は正しいフォームを維持する体幹と持久力、高校生は強い筋力や応用動作と、段階を踏んで身に着けていくのがいいでしょう。

少子化が進む中、伸び盛りの時期にけがの治療が遅れて才能をつぶしてしまうのは損失。
治療中のブランクは辛い経験ですが、中学高校で伸びる選手もいれば、社会人で飛躍する選手もいる。
見守る大人は焦らず長い目で育てて欲しい。
トップ選手の多くは自分の体を熟知しており、自己管理の大切さを選手に教えることも重要です。

多くの経験が積めるスポーツ

産経新聞医療ルネサンス、国立スポーツ科学センター、副主任研究員、整形外科医奥脇透先生。
私はスポーツをしたことがないんですが、スポーツは自分の体、人間の体、メンタル、管理、維持など、大人になってから学べない事を子供の頃から身を持って知れる、
大事な要素だと大人になって痛感しました。
よく、これを知らないから人生損しているという言葉もありますが、スポーツをしてなくて損しているなと思います。
だがスポーツをしているからこそ起きる障害もたくさんあります。
人間、何でも幅広く知ることが大事だと痛感します。

関連記事

no image

アイドルは小頭症かというほど顔が小さい。PQBP1という遺伝子の異常

冒頭から話は変わりますが、最近のアイドル

記事を読む

no image

腸の老化と便秘、腸から脳へ指令

あなたのお肌はきれいですか? 昔からよ

記事を読む

no image

乳がん全摘リンパ節転移2個放射線治療は行いません悩み

がん電話相談 産経新聞生活欄より 乳が

記事を読む

no image

病院でイソジンのみ処方は実費で薬局のほうが安い

うがい薬のみ処方H26.4月から保険適用

記事を読む

no image

便秘の簡単解消なら植物繊維と水分と運動に妥協すること

高齢になると、食事量や運動量などが減るこ

記事を読む

睡眠時無呼吸、SAS、CRAPの値段と費用

睡眠時無呼吸、SAS、CRAPの値段と費用

女性もかかる睡眠時無呼吸症候群。 睡眠

記事を読む

no image

30代の働き盛りに多い脱法ドラッグ中毒

脱法ドラッグ関連事件の摘発は急増している

記事を読む

no image

ズーノーシスの例の病名、妊婦や子供も注意

産経新聞で天王寺動物園が紹介されていた。

記事を読む

no image

播種性血管内凝固症候群という病気、症状、原因、検査

播種性血管内凝固症候群はんしゅせいけっか

記事を読む

no image

血液で癌を予測,AICS検診 胃 大腸 肺 乳 子宮 卵巣 前立腺

食品大手の味の素が開発した、「アミノイン

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑