遺伝性の病気先天的な骨の異常で出産直後に死亡する病名が変更

公開日: : 最終更新日:2015/08/12 読売新聞、産経新聞の医療欄

致死性骨異形成症の病名が変更と読売新聞に書いてました。
先天的な骨の異常で出産直後に死亡するとされてきた「致死性骨異形成症」について
日本整形外科学会は、病名を「タナトフォリック骨異形成症」(thanatophoric dysplasia:英語略語TD)に変更すると決めたそうです。

最近の研究では、20年以上生存している例がわかり、致死性は妥当ではないと判断。
致死性を意味するギリシャ語を邦訳せずそのままにする。
7月に発行される同学会の学会誌で正式に公表されるという事です。

この病気の状態ですが、
この病気の子供は、胸の骨が正常に形成されず呼吸障害が起こる。
2~5万人に1人が発症するといわれている。

子供の生まれつきの難病、鳩胸、漏斗胸とは関係がなく、軟骨無形成症と関係があるみたいです。
軟骨無形成症は生まれつきの全身の骨の病気で、
四肢が胴体に比べて短いために、極端に身長が低くなります。

遺伝性の病気ですが、家系に同じ病気の人がいなくても遺伝子の突然変異で発病することがあり、むしろその場合のほうが大部分だそうです。

厚生労働省研究班、班長沢井英明兵庫医大准教授が2011年に発表した全国調査で、
1年以上の生存例が3割あったほか、20年以上の生存例も判明。
医師や病気の子を持つ母親が病名変更を求めていた。

この問題を検討する作業班長の芳賀信彦、東大リハビリテーション医学教授は「病名に不快感を感じる患者の親らに配慮した」と話している。
最近購読し始めた読売新聞の5/19日曜の健康くらし欄よりです。

関連記事

no image

アル中の酒を飲みたくなくなる薬が登場

アルコール依存症(アル中)に新薬が登場と

記事を読む

no image

小学校高学年から高校生の成長期 身長の伸びとスポーツ障害

成長期に起きやすいスポーツ障害。 小学

記事を読む

no image

息子の不眠、幻聴、異常行動は統合失調症だった

精神疾患の早期診断は医師でさえ難しいが、

記事を読む

no image

海外旅行ワクチンの接種回数、有効期間、感染病リスト

日本人の海外旅行者が増える中、旅先での感

記事を読む

no image

日本人の身長が低くなった原因は低体重児(新生児)

平成30年2月20日火曜日の産経新聞生活

記事を読む

甲状腺は内科整形外科精神科皮膚科産婦人科で誤診

甲状腺は内科整形外科精神科皮膚科産婦人科で誤診されやすい

甲状腺機能低下症の主な症状 便秘、

記事を読む

no image

バイアスピリンで大腸がん予防、大阪府立成人病医療センター

アスピリンはバイエル薬品が1899年に発

記事を読む

no image

アイドルは小頭症かというほど顔が小さい。PQBP1という遺伝子の異常

冒頭から話は変わりますが、最近のアイドル

記事を読む

no image

低血糖起こりにくいエクア錠インクレチン関連薬の効果・副作用

エクア錠やジャヌビア錠という最近よく病院

記事を読む

no image

子宮頸がんウイルスHPVが経膣エコーに付着するらしい

子宮頸がんの主な原因となる「ヒトパピロー

記事を読む

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑