TUFは胃を元気にする栄養素

公開日: : 消化器内科

江田クリニック、院長江田先生。
ピロリ菌に感染した人の胃の粘膜特殊な遺伝子があることを発見した先生。
食事療法の胃がん予防。

普段の食事に取り入れ胃を元気にする栄養素。
三つある。正しく摂取することで健康な元気な胃にできる。

Tタウリン

アルコールが胃の中 胃の粘膜が炎症を起こす。
軽減するタウリン。胃の炎症を抑制する働き。
食材 イカ、タコ 魚介類に含まれている。
注意点がある。
タウリンは焼くと3割 煮ると5割失われるので生で食べましょう。
700mg タコの刺身 130グラム ゆでだこ260グラム

UビタミンU

キャベツはビタミンUを含んでいる
ビタミンUは過剰の胃酸を抑える。
キャベツの汁から発見された栄養素。
7日冷やしたキャベツ。冷やすとビタミンUの合成が進む。
冷やすほど量が増える。
40日で7.5倍、内側の葉ほど増えやすい。
食べ方の注意点は熱を加えると壊れるので生を千切りで。
1日70グラム。

Fフコイダン

モズク、わかめ、昆布、海藻類に含まれているフコイダン。
ぬるぬる、ネバネバの成分。
胃の粘膜の代わりをしてくれる。ネバネバの成分が広がって胃の粘膜を守る。
胃の粘膜はアルコールに弱い。
アルコールで粘膜が剥がれ、胃の壁は胃酸にさらされ炎症を起こす。
飲みすぎ、食べ過ぎの年末によいです。

居酒屋に行けば全部あるメニュー

どれぐらい食べればいい?
イカ164グラム、カキ59グラム、キャベツ70グラム。
毎日少しづつ取るのが大事。
胃を健康に保つには、タウリン、ビタミンU、フコイダン合わせてTUFを効果的に取るのが大事。

柿を食べると悪酔いしない 渋みの成分、アルコールを抑える
アルコールを飲む前に 渋いお茶、柿を食べるのがいい。

関連記事

no image

下痢しないのに吐いたりが何回も続くのは注意

突然嘔吐する下痢がないような患者を疑うの

記事を読む

玉ねぎが胃がんを予防する効果はケルセチン

玉ねぎが胃がんを予防する効果はケルセチン

玉ねぎは、血液さらさら疲労回復などいろい

記事を読む

no image

膵臓がんになるリスク要因 膵液 膵のう胞 膵管の拡張

膵臓はもの言わぬ臓器。 全国平均で膵臓

記事を読む

胸焼け=逆流性食道炎

成長期の脂で逆流性食道炎、胸焼け予防法

成長期の脂っこいもので逆流性食道炎

記事を読む

便座が原因でイボ痔になる理由

便座の穴が原因でイボ痔になる理由

痔の検査 肛門検査 下着を下げる

記事を読む

no image

みぞおちと胃の痛み、下痢は急性膵炎だった

死に至る胃の痛み、みぞおちの痛み? 単

記事を読む

no image

便を移植する治療で潰瘍性大腸炎は下痢が止まる。臨床研究段階

最も簡単な移植!健康な便を大腸炎患者に移

記事を読む

no image

胃粘膜下腫瘍SMTとGISTの違いと新しい手術

胃粘膜下腫瘍(SMT)は主病変が粘膜より

記事を読む

no image

十二指腸からの逆流が胃もたれや胃が重いの原因

林修の5人のスーパードクターのテレビから

記事を読む

no image

胃の辺りの痛みが急性膵炎か見分ける方法

膵臓は2つの働き 消化酵素 アミラ

記事を読む

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

→もっと見る

PAGE TOP ↑