TUFは胃を元気にする栄養素

公開日: : 消化器内科

江田クリニック、院長江田先生。
ピロリ菌に感染した人の胃の粘膜特殊な遺伝子があることを発見した先生。
食事療法の胃がん予防。

普段の食事に取り入れ胃を元気にする栄養素。
三つある。正しく摂取することで健康な元気な胃にできる。

Tタウリン

アルコールが胃の中 胃の粘膜が炎症を起こす。
軽減するタウリン。胃の炎症を抑制する働き。
食材 イカ、タコ 魚介類に含まれている。
注意点がある。
タウリンは焼くと3割 煮ると5割失われるので生で食べましょう。
700mg タコの刺身 130グラム ゆでだこ260グラム

UビタミンU

キャベツはビタミンUを含んでいる
ビタミンUは過剰の胃酸を抑える。
キャベツの汁から発見された栄養素。
7日冷やしたキャベツ。冷やすとビタミンUの合成が進む。
冷やすほど量が増える。
40日で7.5倍、内側の葉ほど増えやすい。
食べ方の注意点は熱を加えると壊れるので生を千切りで。
1日70グラム。

Fフコイダン

モズク、わかめ、昆布、海藻類に含まれているフコイダン。
ぬるぬる、ネバネバの成分。
胃の粘膜の代わりをしてくれる。ネバネバの成分が広がって胃の粘膜を守る。
胃の粘膜はアルコールに弱い。
アルコールで粘膜が剥がれ、胃の壁は胃酸にさらされ炎症を起こす。
飲みすぎ、食べ過ぎの年末によいです。

居酒屋に行けば全部あるメニュー

どれぐらい食べればいい?
イカ164グラム、カキ59グラム、キャベツ70グラム。
毎日少しづつ取るのが大事。
胃を健康に保つには、タウリン、ビタミンU、フコイダン合わせてTUFを効果的に取るのが大事。

柿を食べると悪酔いしない 渋みの成分、アルコールを抑える
アルコールを飲む前に 渋いお茶、柿を食べるのがいい。

関連記事

病名:食道アカラシア

治らない胸焼けの原因、逆流性食道炎と間違う病気は?

治らない胸焼けは逆流性食道炎ではなかった

記事を読む

no image

胃粘膜下腫瘍SMTとGISTの違いと新しい手術

胃粘膜下腫瘍(SMT)は主病変が粘膜より

記事を読む

no image

大腸がんの手術がうまい熟練した医師

大腸がんは大腸の内側の粘膜で発生する癌。

記事を読む

no image

便を移植する治療で潰瘍性大腸炎は下痢が止まる。臨床研究段階

最も簡単な移植!健康な便を大腸炎患者に移

記事を読む

no image

川井戸水ピロリ菌が検査で簡単にわかる胃カメラして除菌

胃不調の原因であるピロリ菌の除菌が保険適

記事を読む

胸焼け=逆流性食道炎

成長期の脂で逆流性食道炎、胸焼け予防法

成長期の脂っこいもので逆流性食道炎

記事を読む

膵臓は膵頭部、膵体部、膵尾部の3つの部位

膵臓癌の勉強、1期2期3期4期手術するボーダーラインは?

人間ドッグ 腹部エコーで膵臓癌3期 癌

記事を読む

no image

胸焼けの胃をリセットする方法、胃酸過多

胃もたれと同じように起こる胸焼け。 効

記事を読む

no image

食後に冷えるのは腸に血液が集中する為

長寿の秘訣は何か? 慶応義塾大学医学部

記事を読む

玉ねぎが胃がんを予防する効果はケルセチン

玉ねぎが胃がんを予防する効果はケルセチン

玉ねぎは、血液さらさら疲労回復などいろい

記事を読む

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑