便失禁、便漏れには専門外来がある、排便機能外来

公開日: : 最終更新日:2014/08/28 消化器内科

便失禁の推定患者は500万人。どの診療かに行ったらいい?
専門外来が有るのです。
さいたま市の指扇病院(さしおうぎ)排便機能外来、味村先生。


便失禁、便漏れには専門外来がある、排便機能外来

便失禁と便漏れの理由

最も多いのが肛門の筋肉が緩む便失禁。
アルコール摂取で便が柔らかくなりすぎる便失禁。
直腸がんによる便失禁。

新事実、なかなか治らない便失禁を改善できる排便機能外来がある

便失禁と便漏れの症例

気づかないうちに股間に小さなシミ。
恥ずかしさと後ろめたさ。

症状1 少量の便漏れ

2ヵ月に一度のペースで便失禁。
大腸がんを疑い、胃腸科クリニックに言った。
レントゲン検査 特に異常なし。
体操をしても効果なし。
気づかないうちにいつのまにか便が漏れ、下着を汚している。
家族の誰にも悩みをうちあけれなかった。

症状2 量が多いやらわかめの便漏れ 下着から溢れる量れ

新たな異変。便を漏らしたという実感。
肛門科、婦人科、内科どの診療かに行っても原因はわからなかった。

症状3 月の半分は便を漏らす

指扇病院の排便機能外来、便失禁問診表。
硬いのか柔らかいのか、便意を感じず下着を付着していたのか、など42項目から治療法を探る。
味村先生の診察。

指扇病院の排便機能外来を受診した

漏れる時便意は感じますか?
行きたくなったらでる、それとは別にいつのまにか漏れている。
気づかないうちに漏れる、体の有る部分の異常。
触診で状態を調べた。
肛門の内側の筋肉。

普段の便がかなり柔らかいタイプであった。
便失禁の正体とは、

病態:内肛門 括約筋の機能低下による便失禁

便失禁のタイプ

  • 便意を感じることなく しらずしらずに 漏出性失禁
  • 便意を感じるもののトイレにいけず 切迫性失禁

主な原因は肛門の筋肉。
肛門の周囲、
意識しなくてもしめる内肛門括約筋とは投薬治療。
意識して閉める外肛門括約筋は筋肉を鍛えるバイオフィードバック療法。

他にも仙骨神経刺激療法も。
排便を司る、仙骨神経に電気治療を行う。

軟便と重なったので、便を硬くする薬で治療中。
便失禁の回数が減少した。

関連記事

no image

どれくらい飲むと急性膵炎を発症するのか?予防法も

急性すい炎の原因1位は 女性の第一

記事を読む

no image

にんにくDATSが胃がん予防

玉ねぎとあわせるとダブルの効果。 胃が

記事を読む

no image

胃がん手術後と胃全摘後に消化酵素薬がいい

胃がん手術後、倦怠感や貧血など様々な後遺

記事を読む

no image

下痢しないのに吐いたりが何回も続くのは注意

突然嘔吐する下痢がないような患者を疑うの

記事を読む

no image

日本人に胃がんが多い理由は強いピロリ菌

胃がんが感染症でうつる病気な理由、日本人

記事を読む

no image

胃クイズ、消化がいい食材、胃痛、口臭の原因

次のうち最も消化がいい食材はどれ? A

記事を読む

no image

便を移植する治療で潰瘍性大腸炎は下痢が止まる。臨床研究段階

最も簡単な移植!健康な便を大腸炎患者に移

記事を読む

膵臓は膵頭部、膵体部、膵尾部の3つの部位

膵臓癌の勉強、1期2期3期4期手術するボーダーラインは?

人間ドッグ 腹部エコーで膵臓癌3期 癌

記事を読む

no image

くるみが胃がん予防。油がDHAとEPAを作る

医学論文 ニューイングラントジャーナルオ

記事を読む

no image

胃の辺りの痛みが急性膵炎か見分ける方法

膵臓は2つの働き 消化酵素 アミラ

記事を読む

寝室の鳥タンパクは畑の肥料、鳥の糞!間質性肺炎の原因だった
寝室の鳥タンパクは畑の肥料、鳥の糞!間質性肺炎の原因だった

原因不明の間質性肺炎 乾いた咳が止まらない 間質性肺炎を引き起

ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300
ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300

ビートたけしの家庭の医学、冬に増える不調解消スペシャルよりです。

喉が渇く頻尿は血圧とカルシウムと腎機能が低い副甲状腺機能亢進症だった
喉が渇く頻尿は血圧とカルシウムと腎機能が低い副甲状腺機能亢進症だった

頭痛の原因、お腹CTを取ったら副腎の異常だったとか、 長引く腹痛で胸

ミントタオルの作り方
ミントタオルの作り方

吸うだけで繊毛の働きがアップするのでインフルエンザ予防になります。

マージナルゾーンB細胞は肺炎球菌を見つけることができ
肺炎球菌と脾臓の関係、ひどい肩のだるさ激しい咳

ひどい肩のだるさ激しい咳。 命が危険な状態、肺炎球菌性肺炎だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑