便失禁、便漏れには専門外来がある、排便機能外来

公開日: : 最終更新日:2014/08/28 消化器内科

便失禁の推定患者は500万人。どの診療かに行ったらいい?
専門外来が有るのです。
さいたま市の指扇病院(さしおうぎ)排便機能外来、味村先生。


便失禁、便漏れには専門外来がある、排便機能外来

便失禁と便漏れの理由

最も多いのが肛門の筋肉が緩む便失禁。
アルコール摂取で便が柔らかくなりすぎる便失禁。
直腸がんによる便失禁。

新事実、なかなか治らない便失禁を改善できる排便機能外来がある

便失禁と便漏れの症例

気づかないうちに股間に小さなシミ。
恥ずかしさと後ろめたさ。

症状1 少量の便漏れ

2ヵ月に一度のペースで便失禁。
大腸がんを疑い、胃腸科クリニックに言った。
レントゲン検査 特に異常なし。
体操をしても効果なし。
気づかないうちにいつのまにか便が漏れ、下着を汚している。
家族の誰にも悩みをうちあけれなかった。

症状2 量が多いやらわかめの便漏れ 下着から溢れる量れ

新たな異変。便を漏らしたという実感。
肛門科、婦人科、内科どの診療かに行っても原因はわからなかった。

症状3 月の半分は便を漏らす

指扇病院の排便機能外来、便失禁問診表。
硬いのか柔らかいのか、便意を感じず下着を付着していたのか、など42項目から治療法を探る。
味村先生の診察。

指扇病院の排便機能外来を受診した

漏れる時便意は感じますか?
行きたくなったらでる、それとは別にいつのまにか漏れている。
気づかないうちに漏れる、体の有る部分の異常。
触診で状態を調べた。
肛門の内側の筋肉。

普段の便がかなり柔らかいタイプであった。
便失禁の正体とは、

病態:内肛門 括約筋の機能低下による便失禁

便失禁のタイプ

  • 便意を感じることなく しらずしらずに 漏出性失禁
  • 便意を感じるもののトイレにいけず 切迫性失禁

主な原因は肛門の筋肉。
肛門の周囲、
意識しなくてもしめる内肛門括約筋とは投薬治療。
意識して閉める外肛門括約筋は筋肉を鍛えるバイオフィードバック療法。

他にも仙骨神経刺激療法も。
排便を司る、仙骨神経に電気治療を行う。

軟便と重なったので、便を硬くする薬で治療中。
便失禁の回数が減少した。

関連記事

胸焼け=逆流性食道炎

しつこい咳の原因は胃酸、逆流性食道炎

胃酸逆流 食道や気道刺激 東京都内の女

記事を読む

no image

胃がん手術後と胃全摘後に消化酵素薬がいい

胃がん手術後、倦怠感や貧血など様々な後遺

記事を読む

no image

便秘の原因は洋式トイレ、ねじれ腸

便秘で悩む日本人の便が出ない便秘の原因は

記事を読む

玉ねぎが胃がんを予防する効果はケルセチン

玉ねぎが胃がんを予防する効果はケルセチン

玉ねぎは、血液さらさら疲労回復などいろい

記事を読む

no image

胃粘膜下腫瘍SMTとGISTの違いと新しい手術

胃粘膜下腫瘍(SMT)は主病変が粘膜より

記事を読む

no image

食道がん術後早期胃がん発見の質問と回答

質問 75歳男性、5年前食道がんので胃

記事を読む

便座が原因でイボ痔になる理由

便座の穴が原因でイボ痔になる理由

痔の検査 肛門検査 下着を下げる

記事を読む

腹腔鏡は非常に難しい手術で最近、何人も手術ミスで亡くなっています

大腸がんの手術がうまい熟練した医師

大腸がんは大腸の内側の粘膜で発生する癌。

記事を読む

ジャックハンマー食道 食道の出口が渦巻き状になる画像

胃がぐるぐる渦巻きで食べ物が飲み込めないジャックハンマー食道

ジャックハンマー食道 別名くるみ割

記事を読む

no image

TUFは胃を元気にする栄養素

江田クリニック、院長江田先生。 ピロリ

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑